【Paul Reed Smith】PRSギター徹底解剖シリーズ!まとめ記事

静岡パルコ店

静岡パルコ店店舗記事一覧

2021年06月14日

*PRSギターを徹底解剖!その魅力に迫ります! 店長の平林です。皆さま、いつも島村楽器 静岡パルコ店をご利用頂き、誠に有難うございます。 徹底した品質管理と新たなアイデア、芸術的なフィニッシュで現代のギターシーンを牽引するPaul Reed Smithギターを徹底解剖し、その魅力に迫る不定期連載をス […]

PRSギターを徹底解剖!その魅力に迫ります!

店長の平林です。皆さま、いつも島村楽器 静岡パルコ店をご利用頂き、誠に有難うございます。

徹底した品質管理と新たなアイデア、芸術的なフィニッシュで現代のギターシーンを牽引するPaul Reed Smithギターを徹底解剖し、その魅力に迫る不定期連載をスタート致します。Signature DealerとしてPRS製品を多数取り扱ってきたことと、自身でも長年PRSギターを使用してきた経験を通じ、皆さまと情報を共有していきたいと思います。

The Rules Of Tone

2006年にPaul Reed Smithは“The Rules of Tone”と呼ばれる資料を書き出しました。 “The Rules Of Tone”とは、Paul Reed Smithがこれまでの経験から基づいたギター作りにおいての言わば秘伝書のようなものでポールのギター製作に対する哲学の塊です。ここには木材、木材の乾燥について、フレット、ナット、ピックアップ等ギターを構成するありとあらゆる部分への拘りやポール自身の考えが書かれております。これらはポールリードスミスギターを知っていただく上で非常に重要な事であると同時に、ギター作りの全容を明かすこととなります。

Rules of Toneに基づいてこれから少しずつポールリードスミスギターズを紐解いていきたいと思います。

連載まとめ

Vol.1 ~弦の巻き付け方とブラス材~

Vol.2 ~歴代ピックアップ仕様一覧とアッセンブリー遍歴~

Vol.3 ~Modern or Vintage~

Vol.4 Silver Sky~USA or SE~

↓島村楽器静岡パルコ店のPRS総合ページでございます。

※記事中に販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その情報は記事更新時点のものとなります。店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。