1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール姫路リバーシティー店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【作成依頼受付中】エフェクターボード製作記録!ベース編Part.3

【作成依頼受付中】エフェクターボード製作記録!ベース編Part.3

第3回目は前回に引き続きベーシスト“Dさん”のベースのメイン、サブボードを紹介させていただきます。

徹底的に歪みにこだわり抜いた2つのボード、どんなシステムになっているのでしょうか!

エフェクターボードを作成したスタッフ

製作者 蒲池(かまち)
プロフィール ベースとウクレレ大好き、インストゥルメンタルバンドをこよなく愛するかまちです!

この記事を書いたスタッフ

寄稿者 平井
プロフィール youtube担当!
ライブ、セルフレコーディング、
動画(ミュージックビデオ)
作り等実践のなかで
得た知識で皆様を精一杯心を込めて
サポートいたします!

エフェクターボードの“中身”

メインボード

No. メーカー 品名 効果
1 Darkglass
Electronics
MICROTUBES B7K プリ
アンプ
2 TECH 21 BASS DRIVER
DI V2
プリ
アンプ
3 ELECTRO-HARMONICS Steel Leather エキスパンダー
4 Free The Tone BLACK VEHICLE オーバードライブ
5 MXR Bass
Chorus Deluxe
コーラス
6 Darkglass
Electronics
Hyper Luminal コンプレッサー
7 KORG DT-10 チューナー
8 Free The Tone ARC-53M スイッチャー
9 CAJ AC/DC Station Ⅳ パワー
サプライ

サブボード

No. メーカー 品名 効果
1 Taurus Tux MK-2 コンプレッサー
2 Xotic Bass BB preamp プリアンプ
3 ELECTRO-HARMONICS Steel Leather エキスパンダー
4 ZOOM B3 マルチエフェクター
5 CAJ POWER BLOCKS パワー
サプライ

接続順

メインボード

まず⑥Hyper Luminal(コンプ)に入ってスイッチャーに信号が送られます。

その他のエフェクターはスイッチャーに全て並列で繋がっています。
チューナーはスイッチャーのチューナーアウトから接続されています。

ループに接続されている順番は

Loop No. エフェクター
Loop1 MIKROTUBES B7K
Loop2 BASS DRIVER
DI V2
Loop3 Steel Leather
Loop4 BLACK VEHICLE
Loop5 Bass
Chorus Deluxe

こんな感じで接続されています!

サブボード

コチラのボードはメインと打って変わって全て直列で接続されています。

まず①“Tux MK-2”(コンプ)に入って、
②“Bass BB preamp”
③“Steel Leather”
④“B3”という順番で繋がっています。

とってもシンプルで取り回しがしやすそうですね!

エフェクターボードの使い方

メインボード

とにかく歪みにこだわってエフェクターをチョイスされたボード。メインのベースはMAYONES“Patriot”

基本の音作りはコンプレッサーとプリアンプ(MIKROTUBES B7KとSANS AMP)を3台同時がけで作ります。

SANS AMPでLowを、MIKROTUBES B7KでMid、Highを持ち上げる事によって芯のある太く歪んだサウンドが得られます。

さらにDさんのボードに欠かせないのが“Steel Leather”!
このエフェクターはエキスパンダーと言って、小さい音はより小さく、大きい音はより大きくし、弾いた際のタッチがより鮮明になります。この特性を活かしてバキバキのロックサウンドを作り出します。

スイッチャーは基本的にコントロールモードで使われており、
直感的に曲の場面に合わせてブーストしたい時には“BLACK VEHICLE”(オーバードライブ)、
アンビエンスな雰囲気を出したい時は“Bass Chorus Deluxe”(コーラス)を踏まれます。

サブボード

コチラのボードはメインボードの音を省スペースで、取り回しがきくサイズ感で再現したものです。

基本の音はメインボードと一緒でコンプとプリアンプ3台同時がけ(BB preampとB3内のBass DIモデリング)で作られています。

コチラのボードにも“Steel Leather”がバッチリ入っていますね!

またB3から曲に合わせて空間系や飛び道具的なエフェクトもかけれます。

ボードの“こだわり”

ここからはこのボードに詰まったこだわりポイントを紹介していきたいと思います!

Steel Leather大好き!

前述していた通りどちらのボードにも欠かせないのが“Steel Leather”
ボードによってかけ方を変えていて、メインはあっさり、サブはガッツリかけられています。

まさかのプリアンプ2台がけ!?

Dさんのボードは基本的にプリアンプが2台同時にかかっています。
Lowの帯域とHigh、Midの帯域でかけるプリアンプを変える事によって分厚くラウドな歪みが得られます!皆さんも試してみて下さい。

入り口はコンプから!

どちらのボードも入り口にはコンプレッサーがあって、ハリのあるサウンドが常に出力されています。
キレが必要なロックサウンドには欠かせません!

まとめ

第3回エフェクターボード紹介いかがだったでしょうか?第2回、第3回とご協力いただいたDさん本当にありがとうございます!

姫路店では配線の美しさやMIDIの設定のみならず、お客さまの細かい要望にも出来るだけお応えいたします。エフェクターボードの作成のご相談どんどんお待ちしております

最後に

記事を最後まで読んで頂きありがとうございました!

これからもお客様やスタッフのペダルボードをどんどん紹介していきたいと思いますのでよろしくお願いします!

他のエフェクタボードレビューはコチラ!

【作成依頼受付中】エフェクターボード製作記録!まとめ

もちろん他のメーカーも多数展示しております!

エフェクター、たくさんご用意しております。是非遊びにきてください!

島村楽器姫路店のツイッターではいろいろな商品やイベントの情報を配信中です!

フォローお待ちしております!

お問い合わせ
店舗名 島村楽器 姫路店
電話番号 079-231-2310
当社HPからの問い合わせ先 お問い合わせ先
担当 平井
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール姫路リバーシティー店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【作成依頼受付中】エフェクターボード製作記録!ベース編Part.3