1. クラシックな私が弾いてみましたシリーズ④~ウェディング「I Need To Be In Love(青春の輝き)」~

クラシックな私が弾いてみましたシリーズ④~ウェディング「I Need To Be In Love(青春の輝き)」~

ピアノ インストラクター 弾いてみた

皆様、こんにちは。ピアノインストラクターの吉武です。
今までクラシック畑な環境で育ってきた吉武ですが、最近は様々なジャンルの曲にも耳を傾けるようになり、他のジャンルにも魅力を感じ始めたので、その魅力をクラシックの視点を混ぜながらお届けしていきたいと思います。

さて、第1回目はジャズ、第2回目はボカロ、第3回目はバラードをテーマにお届けしましたが、ご覧いただけましたでしょうか。まだご覧になっていない方はこちらも合わせて是非ご覧ください。

クラシックな私が弾いてみましたシリーズ①~ジャズ「Take Five」~

クラシックな私が弾いてみましたシリーズ②~ボカロ曲「千本桜」~

クラシックな私が弾いてみましたシリーズ③~バラード「ハナミズキ」「栄光の架橋」「未来へ」~


さて、第4回目の今回はもうすぐ6月=June Bride!ということで、ウェディングに関わる曲をお届けしたいと思います。

June Brideとは

まずは、本題に入る前にJune Brideについて少し触れておきたいと思います。

June Brideとは、直訳すると6月の花嫁、6月の結婚という意味ですよね。 欧米では古くから6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えがあります。また、欧米の6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候も適しているのもひとつの理由ではないかと考えられています。また、復活祭が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えもあるようです。 しかしながら日本では梅雨の時期で蒸し暑く雨も多いため、実は婚姻数は少なくて結婚式シーズンではないようです…。

実は私、数年前まで結婚式でピアノを演奏するお仕事をしておりましたが、6月はJune Brideなのに件数はあまり多くありませんでした。梅雨の時期だと雨の日が多く、フラワーシャワーをチャペルの外でできない可能性もありますしね。でも、6月に式を挙げるってなんだか素敵ですね♪憧れます。

さて、そろそろ本題へ。

今回は、私が以前結婚式でよく演奏していたお気に入りの曲(カーペンターズの「I Need To Be In Love(青春の輝き)」)を1曲取り上げ、動画と共にクラシックの目線からこの曲の魅力をお伝えしたいと思います。

この曲の魅力3つ

私が感じるこの魅力を3つご紹介します!

①きれいなメロディー

全体を通してきれいなメロディーが続きますが、特に私が魅力的に感じるのが、歌が始まる部分です。
なんと歌の出だし部分で低い「ファ」から高い「ソ」まで1オクターブ以上メロディーの音程が跳躍します!

画像

これってなかなか歌いにくく、あまり使われないのですが、この曲はあえて曲の始めにいきなり出てきます。この衝撃的な跳躍に、何か強い思いが隠されている感じがします。

下に載せている私の演奏動画で言うと0:16あたりですね。皆さんはどう感じますか?ぜひ注目して聴いてみて下さい。

②流れるような伴奏

メロディーの後ろでゆったりと流れている八分音符の伴奏も魅力の一つだと感じます。私の個人的な解釈ですが、時の流れを一定のリズムに乗せて表現されているのではないでしょうか。いろんなことがあっても時間は常にゆっくりと経過する、そのような感じがします。

③切なさを感じる歌詞

内容としては切ない歌詞ですが、今まで過ごしてきた時間を思い返させてくれるような歌詞なのではないかと思い、魅力に感じました。もし興味のある方は調べてみてください。

The hardest thing I've ever done
Is keep believing
There's someone in this crazy world
For me
The way that people come and go
Through temporary lives
My chance could come and
I might never know

I used to say “No promises Let's keep it simple”
But freedom only helps you say
Goodbye

It took a while for me to learn
That nothin' comes for free
The price I've paid is high enough for me

I know I need to be in love
I know I've wasted too much time
I know I ask perfection of
A quite imperfect world

And fool enough to think that's what I'll find

So here I am with pockets full
of good intentions
But none of them will comfort me
Tonight
I'm wide awake at four a.m
Without a friend in sight
Hanging on a hope but I'm alright

I know I need to be in love
I know I've wasted too much time
I know I ask perfection of
A quite imperfect world

And fool enough to think that's what I'll find


ピアノインストラクターによる演奏動画

「I Need To Be In Love(青春の輝き)」


今回の検証結果

今回私のお気に入りの一曲を取り上げましたが、ウェディング関連の曲は他にもたくさんあります。皆さんも様々な曲に挑戦してみてください。結婚式でのピアノの演奏に憧れている方、もしそのチャンスが訪れた時のために今から挑戦してみませんか?私と一緒に音楽を楽しみましょう♪

体験レッスンの受付はこちら↓

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

インストラクター自己紹介

詳しくはこちらをご覧ください。
ピアノインストラクター吉武栄里子


「教室からの音便りブログ」更新中!

島村楽器 梅田ロフト店のシマブロ(スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ)の中で、「教室からの音便りブログ」を当店インストラクターの2人と音楽教室スタッフ2人で毎週更新しています。
教室のイベントのご紹介や、店舗のイベントの詳細など、楽しく更新していますので、是非こちらもご覧ください。
教室からの音便りブログ配信中!!


「クラシックな私が弾いてみましたシリーズ」、第4回も随時更新予定です。お楽しみに!!

お問い合わせ

店舗 島村楽器 梅田ロフト店(梅田ロフト8F)
電話番号 06-6292-7905
担当 吉武(ヨシタケ)
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「インストラクター紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. クラシックな私が弾いてみましたシリーズ④~ウェディング「I Need To Be In Love(青春の輝き)」~