1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. DTM・DJ
  5. DTMに必要不可欠!オーディオインターフェイスの重要性

DTMに必要不可欠!オーディオインターフェイスの重要性

こんにちは!
島村楽器松本パルコ店の本平です。
今回はDTM・DAWで必要不可欠な機器であるオーディオインターフェイスについてご紹介します!

オーディオインターフェイスとは?

オーディオインターフェイスとはPCで音を入出力するために必要な装置で、「アナログ信号(マイクやギターなどの楽器類)をデジタル信号に変換」=入力(録音)、「デジタル信号(ここでは録音した音源)をアナログ信号に変換」=出力(再生)させるための機器です。
現在は殆どのPCに簡易的な入出力機能(内蔵サンドカード)が搭載されていますが、なぜ専用のオーディオインターフェイスが必要なのでしょう?
それについてはいくつか理由があります。

音質

一般的なPCに内蔵されたサウンドカードは、テレビ電話での会話や簡易的な再生が出来ればOKといった性能で、レコーディングやミックス・マスタリングには不向きです。
たとえば録音・入力する場合、PC内蔵のサウンドカードでは適切な信号レベルの調節や電気的特性が合わず、マイク性能および楽器本来の音は得られません。
DTM・DAWソフトに限らず、PC内にある音源データを再生するにしても、PC内蔵のサウンドカードよりDTM・DAW用のオーディオインターフェイスの方がアナログ⇔デジタル信号の変換クオリティが圧倒的に優れているので、結果的に良い音を得られるのです。

レイテンシー

先にも触れましたが、マイクやギターの音をPCに取り込み再生するには、アナログ信号⇔デジタル信号に変換しなければなりません。
PC内蔵のサウンドカードではこの処理が遅く、演奏した音が非常に遅れて再生されます。(他にも音が割れたりフリーズしたり…)これでは演奏できません!
DTM・DAW用のオーディオインターフェイスであればPCへの負荷が軽減され、演奏に支障のないレイテンシーで済みます。

入出力数と入出力端子

PC内蔵のサウンドカードは入出力が1系統ずつで、入出力端子がピンジャックの物が殆どです。

ボーカルの収録では「コンデンサマイク」と呼ばれるマイクがよく使われるのですが、上の写真の端子からはコンデンサマイクに必要な「ファンタム電源」を供給できません。

コンデンサマイクに電源を供給するには上の写真のようなXLR端子で、ファンタム電源(+48Vというのがソレ)を供給できるオーディオインターフェイスが必要です。

もしドラムの録音のように数本のマイクを使用して音を収録する場合には、当然マイク入力数が1,2個では足りません。また、ライブで同期音源を再生させてバンド演奏する場合には、オーディエンス側には「オケ」だけを、ドラマーには「オケ」と「クリック音」を再生させるので、こういった用途には複数チャンネルの入出力に対応したオーディオインターフェイスが必要です。

オーディオインターフェイスの選び方

オーディオインターフェイスは目的や用途により様々な機種が発売されています。価格も品質や性能によって数千円~数十万円と差があり、特に初めての方はどれを選んだらよ良いのか迷ってしまうと思います。

そこで!

どれを選んだら良いのか、ケース別におススメ商品をご案内します!

これからDTMを始める方におススメ!

Steinberg/UR22mkⅡ

メーカー 型名 販売価格(税込)
Steinberg UR22mkⅡ ¥15,660

Mac/Win/iOSで動作し、24bit/192kHz対応のオーディオインターフェイスです。
入力端子はバランス入力対応のコンボジャックを採用しているので、前述のXLR端子およびギターやキーボード等に使われるフォン端子と接続がで可能で、ギター&ベースとの電気的特性をそろえる「Hi-Z」機能(右側のチャンネルのみ)も付いており、幅広い入力ソースに対応しています。もちろんファンタム電源も供給できます!
あまり知られていない気がするのですが、現行のURシリーズはインターネット生放送で便利なループバック機能を搭載しています。マイクや楽器と一緒に使用することで歌ってみた、弾いてみたなどのカラオケとしてや、BGMを配信することもできますよ。

音質にこだわるあなたにオススメ!

Steinberg/UR-RTシリーズ

メーカー 型名 販売価格(税込)
Steinberg UR-RT2 ¥41,796
Steinberg UR-RT4 ¥69,984

プロ・オーディオ業界で知らない技術者はいない伝説の人「ルパート・ニーヴ」氏。UR-RTシリーズには彼が手掛けたトランスフォーマー回路を搭載しており、これにより自然なサチュレーションが得られ、信号により深みと奥行きのあるサウンドが得られます。
当店では実機が店頭にございますので、ぜひ体感しにご来店ください!

ギタリスト&ベーシストにオススメ!

TASCAM/SERIES 102i

メーカー 型名 販売価格(税込)
TASCAM SERIES 102i ¥33,825

Mac/Win/iOS対応、最大24bit/192kHzオーディオフォーマット、バランス入力対応コンボジャックXLR/TRS端子を2系統装備などUR-22mkⅡに似た機能ですが、こちらはDSPミキサーを装備し、PCに負荷を掛けることなくフェーダーによるレベルコントロール、エフェクト操作、オーディオルーティングが行えます。
特に付属されるソフト「IK Multimedia/AmpliTube」は、非常に再現性の高いアンプ&エフェクトモデリングソフトなので、ギターの音作りに即戦力となるでしょう!

マルチマイク収録にオススメ!

TASCAM/US-16×08

メーカー 型名 販売価格(税込)
TASCAM SERIES 102i ¥37,584

アナログ同時16チャンネル入力を実現する、1台でバンドレコーディング可能な16入力8出力のUSBオーディオインターフェースです。
各チャンネルに4バンドEQ/コンプを装備した本格的なDSPミキサーを搭載してこのお値段。
「ドラムを録音してみたい」、「バンド演奏をマルチマイクで一発録りしたい」方にオススメの1台です!

低価格でも使えるものが欲しい人にオススメ!

Steinberg/UR12

メーカー 型名 販売価格(税込)
Steinberg UR12 ¥10,800

同社URシリーズのエントリーモデルながら、上位機種にも搭載される高品位マイクプリアンプを装備。バランス型XLR入力端子とギター/ベース入力用フォーン端子(Hi-Z専用)を各1基搭載しています。

Native Instruments/KOMPLETE AOUDIO1

メーカー 型名 販売価格(税込)
Native Instruments KOMPLETE AOUDIO1 ¥10,800

スタイリッシュなデザインが目を引くオーディオインターフェース。サイズもコンパクトなのですが、ボリューム・コントロールは大きめで使い易さを意識したデザイン。モバイルにオススメですね。

プロ・クオリティを求める方にオススメ!

UNIVERSAK AOUDIO/Apollo X6

メーカー 型名 販売価格(税込)
UNIVERSAK AOUDIO Apollo X6 ¥265,440

プロも御用達のオーディオインターフェース。Neve、API、Manley、Helios、Fenderなどのプリアンプを活用した録音で、豊潤かつ立体的なアナログサウンドによって、作品は大いなる飛躍を遂げることでしょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
上記でご紹介した商品は店頭にもございますし、DTMは始めてで何を揃えたら良いかわからない方にも丁寧にご案内いたしますので、ぜひ島村楽器松本パルコ店までご来店ください!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 松本パルコ店
デジタル機器・PA担当 本平(モトダイラ)
電話番号 0263-38-2260
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「DTM・DJ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 松本パルコ店
  4. DTM・DJ
  5. DTMに必要不可欠!オーディオインターフェイスの重要性