プレスリリース

報道関係各位
PRESS RELEASE
2018年10月18日
島村楽器株式会社

エレキギター・ベースブランド『RYOGA(リョウガ)』各限定1本生産の「2018楽器フェアショーモデル」など10月19日(金)~21(日)の楽器フェアで展示

 島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、2018年10月19日(金)~21(土)に開催される国内最大級の総合楽器展示会「2018楽器フェア」への出展にあたり、同社が手掛けるエレキギター・ベースブランド『RYOGA(リョウガ)』から、特殊な材料を使って各1本のみ製作したギターとベースを「ショー限定モデル」として展示いたします。エレキギター『SKATER-MH3/CTM(KIK)』は¥240,000(税抜)、ベース『SKATER-B432/CTM(KIK)』は¥250,000(税抜)です。
また楽器フェア期間中に発売開始となる2種のベース『SKATER-B432(CHA)』(¥216,000税抜)、『DIVER-B442(CHA)』(¥238,000税抜)など、RYOGAブランドから複数の機種を展示予定です。ぜひ2018楽器フェアに足をお運びいただき、最前線のRYOGAブランドをご体感ください。

欅材による強烈な個性~2018楽器フェアショーモデル~
ショー限定モデルとなる『SKATER-MH3/CTM(KIK)』と『SKATER-B432/CTM(KIK)』は、既にRYOGAブランドとして展開しているエレキギター「SKATER-MH3」、ベース「SKATER-B432」を特別にカスタマイズ。エレキギターの「SKATER-MH3」は弦を裏通しにしたノントレモロブリッジと、38mm厚のスリムなアルダーボディ(標準的なSTタイプは45mm)で音にスピード感があり、レスポンスのよいハイミッド・トーンがウリ。フロントピックアップを活かしたキレのあるコードカッティング、リアのハムバッカーを活かした歪みサウンドまで、1本で幅広く活躍します。一方、ベースの「SKATER-B432」は33インチスケールで、一般的なロングスケールの34インチよりも2.5cm短いですが、14度の角度を付けて設計された独自のヘッドデザインと裏通しブリッジにより、ロングスケールの弦がそのまま使えるように設計。弦のテンション感も申し分なく、優れた演奏性とサウンドを高次元で融合させています。現在の音楽シーンをターゲットにしたP-Jのピックアップ構成で、プレシジョンタイプピックアップから放たれる豊かな重低音が魅力です。

今回展示するショー限定モデルは上記の特色に加え、少量しか用意できない国産の欅(けやき)材をボディに使用した特別なモデルです。欅材は和太鼓の胴にも使われる木材で音を多く跳ね返す性質をもっており、キレの良さを持ち味とするRYOGAサウンドとの相乗効果で、ひときわレスポンスに優れたエレキギター・ベースに仕上がりました。ナットにはエゾジカの角を使用。キメが細かく硬度があり、そのサウンドは立ち上がりの良いクリアなトーンでありながら金属的ではなく天然素材ならではの温かみを併せ持っています。
外観も極めて印象的になりました。欅材の天然の木目を活かした特殊な塗装方法を採用し、パール仕上げによりみる角度でピンクからパープル、そしてライトブラウンと表情を変えます。また指板にはカリン材を採用、明るい褐色がボディカラーともマッチしています。

左から、エレキギターの『SKATER-MH3/CTM(KIK)』、ベースの『SKATER-B432/CTM(KIK)』。今回特別に使用した欅材とオリジナルのカラーリングで、強烈な個性を放ちます。

 

アッシュ材の木目が活きたチャコール。エレキベース新色
楽器フェア期間中に発売となる『SKATER-B432(CHA)』、『DIVER-B442(CHA)』(※レギュラーラインナップで、各12本生産)は、アッシュボディをバーナーで焦がした後にシースルーブラックで着色したカラーの「チャコール」です。アッシュの木目が際立ち1本1本に個性あふれる表情をもちます。天然素材ならでは、同じものは二つとありません。またウレタンで薄く仕上げられた塗装による落ち着いた半艶が、その質感を高めています。
『SKATER-B432(CHA)』は33インチスケール&オリジナルシェイプ。ややネック寄りに位置するフロントピックアップで、パッシブならではの温かみと、予想以上の太い音が魅力。『DIVER-B442(CHA)』は34インチスケールならではの張りのあるサウンドで、SKATERシリーズのベースよりも出力を上げた新開発ピックアップを搭載しています。

左から、『SKATER-B432(CHA)』、『DIVER-B442(CHA)』。木目が際立ち、天然杢の質感がリアルに伝わります。

 

<RYOGAブランドについて>
◆プレイヤー視点による独自設計のボディとネック
エレキギターやベースを演奏する際、重い楽器を肩から背負い、立ったまま長時間弾くことは体力面での負担が大きく、ライブ演奏でのステージアクションが激しいロック系のバンドではことさらです。より快適に弾くことができ、演奏に集中できる楽器があれば…。そのような、プレイヤー達の視点に立って開発したのが『RYOGA』です。
ボディにはその厚みや使用する木材など多角的に検討し、軽量化や取り回しの良さを実現しました。普遍的なギターやベースがもつデザイン美を尊重しながら、ウエストのくびれの位置、ヘッド重量バランスなど機能性との両立を図っています。ネックは大胆なヒールカットによりハイポジションでの演奏性を高めました。また積層ネックを採用し剛性の高いネックにしています。
◆スピード感溢れるロックサウンド
全てのモデルに共通するのは「キレとスピード感」そして「力強さと繊細さ」です。プロのプレイヤーの意見を取り入れ開発したオリジナル・ピックアップは、エフェクターに頼らずアンプにプラグインするだけでもモダンなロックサウンドを出力します。またシンプルながら扱いやすいコントロールは、一流の電装系パーツを採用。手元コントロールだけで、幅広い表現を可能にします。
◆小ロット生産
個性を大切にするプレイヤーの要望に応えるため、一部モデルを除き生産数は同一カラー6本までとしています。さらに、レスポンスの良さを活かした鮮度の高い新製品開発を行うとともに、アーティストリレーションを通じプレイアビリティやサウンドなどの進化を常に続けていきます。

RYOGAホームページ

 

◆製品仕様

モデル名 SKATER DIVER
 機種 SKATER-MH3/CTM SKATER-B432/CTM SKATER-B432 DIVER-B442
価格(税抜) ¥240,000 ¥250,000 ¥216,000 ¥238,000
 スケール 628mm/24F 838mm/21F 838mm/21F 864mm/21F
 ボディ材 <トップ>ケヤキ2P (4mm)<バック>アルダー 2P (34mm) <トップ>ケヤキ2P (4mm)<バック>アルダー 2P (39mm) ライトアッシュ2P (43mm) ライトアッシュ2P (42mm)
 ネック材 ハードメイプル/カリン5P ハードメイプル/カリン5P ハードメイプル/ブビンガ5P ハードメイプル/ブビンガ5P
 ナット エゾジカ角 (W:43mm) エゾジカ角 (W:40mm) 牛骨 (W:40mm) 牛骨 (W:38mm)
 質量 3.3Kg 4.0Kg  4.0Kg  4.2Kg
 カラー KIK(ケヤキ) CHA(チャコール)