プレスリリース

報道関係各位
PRESS RELEASE
2015年8月3日
島村楽器株式会社

本格サウンドのまま省スペース化 島村楽器 Rolandコラボレーション電子ドラム『TD-25SC-S』 2015年8月22日(土)発売

島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、ローランド株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:三木純一)のとのコラボレーションモデルとなる電子ドラム『TD-25SC-S』を2015年8月22日(土)に発売いたします。

この電子ドラムは「自宅でも本格的な音でおもいきり楽しめるドラム」をコンセプトに開発されました。また、これだけ本格的なセットを自宅に設置するには、場所を確保するのが難しいというお客様のご要望もあり、お部屋に最適なコンパクト設計を目指しました。主な特徴は以下の4つです。

1、ドラマーにとってうれしい「2クラッシュ+1ライド構成」。クラッシュシンバルが2枚あることにより、シンバルの音色に変化をつけることができ、演奏の幅がぐっと広がります。またシンバル以外にも、パーカッションや効果音などに音色を変えられるので、演奏で良く使うハイハット、ライドシンバル、クラッシュシンバルはそのままに、1枚増えたシンバルで様々な音色が楽しめます。

2、「コンパクトサイズのスタンド」。従来モデルと比較して幅・奥行き共に10cmコンパクトになりました。お部屋でも省スペースながら、練習スタジオにあるようなセット(アコースティックドラムのセット)構成をそのまま組めます。

3、演奏が楽しくなる「オリジナルコンテンツUSB」が付属。このUSBには各世代の人気ドラマーの音を再現した音色データ(12キット)、そして練習が楽しくなるデモソング(各ジャンルから15曲)/ループパターン(各ジャンルから15種) が収録されています。 そのほか、音楽データの再生や演奏の録音も可能。反復練習に役立ちます。

4、「外部音源用オーディオケーブル」が付属。手持ちの携帯音楽プレーヤーとケーブル1本で接続OK。好きな曲で演奏することができます。

なお、音源はV-Drumsのフラグシップモデル「TD-30」直系のサウンド・エンジンを搭載した「TD-25」を採用。あらゆるドラム奏法をリアルに表現できます。操作はシンプルかつ明快で、誰にでもすぐ演奏がはじめられます。

憧れのドラムの音で、演奏がもっと楽しくなる『TD-25SC-S』。販売価格は\210,000(税抜)。お近くの島村楽器でお試しください。

■ 自宅でも、いい音で叩きたいドラマーへ。

Roland TD-25SC-S 販売価格: \210,000 (税抜)  \226,800 (税込)

 

●ドラム・キット数:18●音色数:233●インスト・パラメーター:チューニング、マフリング、レベル●エフェクト・タイプ:リバーブ(8タイプ)、マルチ・エフェクト(21タイプ)、イコライザー(トーン・コントロール)●オーディオ・レック:本体/USBメモリー、ファイルフォーマット オーディオ・ファイル=WAV/MP3●再生可能フォーマット:オーディオ・ファイル=WAV/MP3●ディスプレイ:64×128ドット(バックライト付LCD)●接続端子:RIGGER INPUT端子(25ピンD-subタイプ)(キック、スネア、タム1、タム2、タム3、ハイハット、クラッシュ1、ライド、ライド・ベル、ハイハット・コントロール)、拡張用トリガー・インプット端子=2(CRASH2、AUX[ステレオ標準タイプ])、MASTER OUTPUT端子(L/MONO、R[標準タイプ])、PHONES端子(ステレオ標準タイプ)、AUDIO INPUT端子(ステレオ・ミニ・タイプ)、MIDI OUT端子、USB COMPUTER端子(USBタイプB)、USB MEMORY端子(USBタイプA)●インターフェース:USB-MIDI、USB-AUDIO、USBメモリー●出力インピーダンス:1.0kΩ●電源:ACアダプター(DC9V)●消費電流:500mA

※キックペダル、およびハイハットスタンドはキットに含まれません。

※イメージ写真につき、コード類は接続していません。

 

●最高のサウンド・クオリティ!フラグシップモデル直系の新スタンダード音源

叩いた瞬間にわかる、桁違いのサウンド・クオリティ。V-Drumsのフラグシップモデル「TD-30」直系のサウンド・エンジンを搭載した音源「TD-25」はロール、フラム、ゴースト・ノートなどのドラム奏法をリアルに表現でき、好みのキットへのカスタマイズも自在。操作はシンプルかつ明快で、誰にでもすぐに演奏がはじめられます。

 

●自然な叩き心地と演奏感を実現! V-Drumsだけのメッシュヘッド

メッシュヘッドはチューニング・キーで張り具合の調整が可能。そのため、叩く位置の違いで打感が変化し、とてもリアルな感覚で演奏を楽しめます。だから正しい奏法を身に付けるには、メッシュヘッドのV-Drumsが最適です。