プレスリリース

報道関係各位
PRESS RELEASE
2015年6月12日
島村楽器株式会社

ヘヴィ・ミュージック & 重低音域専用機 島村楽器 × Ibanezコラボレーションモデルギター 2015年6月13日(土)発売

島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、星野楽器販売株式会社(本社:愛知県瀬戸市、代表取締役社長:久保伸一)のブランドIbanezとのコラボレーションモデルとなるエレクトリック・ギター『Ibanez SRGEX1』『Ibanez SRGEX2』の2アイテムを2015年6月13日(土)に発売いたします。

今回の製品の特徴は「ヘヴィ・サウンド」。ダウンチューニングを意識した、通常のギターよりもスケール(弦長)が長い26.5インチ(673.5mm)のエクストラロングスケールで、チューニングを下げた設定のいわば「変則的」なギターです。出荷時のチューニングはドロップC(1~5弦が1音下げ、6弦のみ2音下げ)に設定されています。Djent(ジェント)と呼ばれるUSAメタルシーンに代表されるドロップチューニングは、近年若いギタリストの間にも普及しつつありますが、それを可能とするギターの選択肢が少ない状況です。そこで、今回のコラボレーションによりお求め安い価格でご用意することが可能になりました。

『SRGEX1』は、ボディ材にアタック感に富んだ、バランスの良い音域特性を持つアッシュ材を採用。トップのみをマットブラック系の塗料で、サイド&バックは艶消しナチュラルで塗り分けました。いずれも木材の特性を活かしたオープン・ポア・フィニッシュで仕上げていることから、キレのあるサウンドが魅力です。

『SRGEX2』は、ボディ材にナトー材を採用。マホガニー同様に豊かな中低域特性で知られるこの材を、木の質感そのままにオイル仕上げとしました。色を付ける塗料よりも厚さの薄い仕上げのため、伸びやかなサウンドが特徴です。

その他、両モデルともに共通の特徴として、ピックアップには『Duncan/Ibanez』を採用。高い透明度を持ちながら、トーンを絞るとウォームな音色に大きく変化。伸びやかなサスティンも特徴です。ボディに直接マウントすることでよりダイレクトに音が出ます。

ブリッジは『Gibraltar StandardⅡ』を搭載。極限までに低くしたベース・プレートが従来品以上のロープロファイル化と、ピッキング&ストロークにおけるストレスの無い演奏感を実現しました。四方をボディに固定しており、優れたレゾナンスを発揮します。

ネックはIbanezオリジナルシェイプの『Wizard Ⅲ』。薄くややフラットなグリップ形状により究極のプレイアビリティが追求されています。また、ノントレモロ仕様により変則チューニングへの柔軟な対応も可能、演奏する楽曲の幅も拡がります。

個性的なルックスのリバースヘッド仕様は、弦の張力が通常とは異なります。特に重低音リフを演奏する際、低音弦側で得られる独自のテンション感が大きな魅力です。

価格はそれぞれ、『SRGEX1』¥69,000(税抜)、『SRGEX2』¥59,000(税抜)。是非、お近くの島村楽器でお試しください。

■ Ibanez SRGEX1 販売価格:  ¥69,000 (税抜) ¥74,520 (税込)

(WK)

■ Ibanez SRGEX2 販売価格:  ¥59,000 (税抜) ¥63,720 (税込)

(MOL)

SRGEX1 SRGEX2
Body Ash Nato
Fingerboard Wenge Rosewood
Neck Type 1pc Wizard Ⅲ Hard Maple neck
Scale 673.5mm/26.5inch
Bridge Gibraltar StandardⅡ
Neck Pickup Duncan/Ibanez(H) Neck Pickup
Bridge Pickup Duncan/Ibanez(H) Bridge Pickup
Hardware Color Black
String .010-.046 Round Wound (D’Addario EXL 110)
Factory Tuning 1D、2A、3F、4C、5G、6C
Includes Gig Bag

● エクストラロングスケール

● Duncan/Ibanezピックアップ

● Gibraltar StandardⅡブリッジ

● オリジナルネック・シェイプ Wizard Ⅲ

● セル・バイディング