プレスリリース

報道関係各位
PRESS RELEASE

島村楽器株式会社

希少なハカランダを使用したコラボモデルが新登場!12月15日 (金) 50本限定発売

島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、国内外の多くのアーティストに愛用されている老舗ギターメーカーモーリス楽器製造株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役支配人:山田博文)とのコラボレーションにより、希少材ブラジリアンローズウッド(別名:ハカランダ)を使用したモデル『Morris MS-101 HD』を2017年12月15日(金)より50本の数量限定で発売いたします。

 

日本のフォークブームの一翼を担い、現代においても弾き語りやライブ活動を行う層から趣味層まで幅広いユーザー層に高く評価されているモーリス。今回のモデルは定番モデルの1つであるドレッドノート型をベースに、ボディ材と天神(ヘッド表甲)にハカランダ材を使用し、全工程をモーリス松本工場の職人による手作業で製造された、純日本製モデルです。ボディ周りに施されたヘリンボーン装飾、上位モデルの証である「TFロゴ」、サウンドとルックスとのバランスからチョイスされたGOTOH製ペグなど、トラディショナルでシンプルな雰囲気の外観ながらも、さりげない高級感を演出しています。

 

販売価格は\185,000(税抜)。 ぜひ島村楽器の店頭でお試しください。

 


●製品仕様
【 MS-101HD Specifications 】
・Body Top: Solid Sitka Spruce
・Body Side & Back: Jacaranda
・Top Bracing: Scalloped X
・Back Bracing: Scalloped X
・Neck: African Mahogany
・Fingerboard: Makassar Ebony
・Neck Width at Nut: 43mm
・Scale Length: 652mm
・Nut & Saddle: Bone
・Bridge: Ebony
・Machine Heads: GOTOH/SE700-06M
・Finish: Glossy Natural
・Case: Hard-shell Case
・Release Date: 15th December 2017

●ボディサイド・バックには希少材ハカランダを使用

●ボディ周りに施されたヘリンボーン装飾

●ヘッドロゴは「TFロゴ」とし、天神にも

 ハカランダを採用

●ペグにはこだわりのGOTOH/SE700-06Mを採用

●サウンドホールを切り抜く際にできる端材にロゴを焼印したコースターをご購入者にもれなくプレゼント!

※ご購入の本体から切り抜いた端材とは限りません。予めご了承ください。

このページのトップへ