1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 沖縄・浦添 パルコ シティ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 後悔しないトランペット選び、3つのポイント★

後悔しないトランペット選び、3つのポイント★

金管楽器の中で中高音域を担当するトランペット。映画「天空の城ラピュタ」冒頭シーン、パズーのトランペットソロは、聞き覚えのある人も多いのではないでしょうか?主旋律を担当することも多く、曲中、高音のファンファーレでひときわ目立つ存在の金管楽器です。
金管楽器の中で、最高音域を受け持ち、迫力のある輝かしい響きが特徴です。ピストン式がほとんどですが、ロータリー式もあります。オーケストラや吹奏楽の中で、単独で用いられる時は信号やファンファーレ的な役割を果たし、勇壮さや歓喜を表すのに活躍します。
今回はそんな花形トランペットの選び方をご紹介します♪


私がご案内します!

管楽器アドバイザー
宮城(みやぎ)

こんにちは!管楽器アドバイザーのサックス吹き宮城です!
小学校から吹奏楽部で、高校ではマーチングで全国大会も経験しております!
現在も一般の吹奏楽団に所属しながら、ジャズライブに参加させてもらったり、県内小中学校の吹奏楽部の指導にも携わらせてもらったりと、色々アクティブに動き回っております。
島村楽器浦添店ではオープン当初から、管楽器担当として数多くのお客様の楽器という相棒探しをご案内してきました!
沖縄で管楽器を購入される際は、島村楽器浦添パルコシティ店へ!大切な1本を選ぶお手伝いを是非私にさせてください♪

トランペットを選びで押さえておきたい3つのポイント★

トランペットの構造・違いを知ろう!

一口にトランペットといっても、ピッコロトランペットやフリューゲルホルンなど様々な種類がありますが、今回はB♭トランペットにフォーカスをあててお話していきます★
まずは、『なるほど、ここが違うと音色も変わるし値段が違うのね!』とわかる為にも、トランペットの仕組みをみていきましょう!

【1】材質

トランペットをはじめとする金管楽器にもっともよく使われる材料は真ちゅう(ブラス)です。真ちゅうは銅と亜鉛の合金で、加工がしやすくてさびにくく、見た目にも美しいので、古くから金管楽器の材料に使われてきました。
ただし、真鍮と一口に言っても、銅と亜鉛を混ぜる比率によって音色が変わります。

名称 構成比率 音色
イエローブラス 銅:70%
亜鉛:30%
明るく、はっきりしている音色
ゴールドブラス 銅:85%
亜鉛:15%
深く豊かな音色
レッドブラス 銅:90%
亜鉛:10%
深くダークな音色
【2】ベルの成型方法

ベルの成型方法は、音色と吹奏感に大きく影響を及ぼし、しっかりと長く使う楽器か、軽く吹きやすい楽器かに分かれる他、大きくお値段にも差が出てきます。

下の図のように、一枚の板をハンマーで叩いて成形する一枚取りと、先端のラッパ部分と円錐部分、二枚の板を機械でプレスして形成する二枚取りの二種類の製造方法があります。
一枚取りの方が高額になりますが金属に硬さと粘りが生まれ、息を入れるほどに音として応えてくれます。
二枚取りは入門向けの価格帯に多く、適度な抵抗感があり、吹き心地が軽いのが特徴です。
お値段としては、おおよそ20万円より高額になると一枚取りのものが多くなります。

【3】支柱の本数

トランペットでは、チューニングスライド管に、支柱を立てています。管の響きや吹奏感にある程度の抵抗感をつけ、音色に影響を与えます。

支柱なし

画像

明るく、抜けがよく、軽い音色です。初級者向け楽器に多いです。
ジャズや、ポップスなどのジャンルにおすすめですが、少ない息でも鳴らせるので初心者の方にもおすすめです。

1本

画像

豊かですが、ある程度の抵抗感です。初級~中上級者まで様々な楽器が揃っています。
ジャズやビッグバンドの方におすすめです。

2本

画像

かなりの抵抗感があり、重い音色です。中上級楽器に多く、程よい抵抗感があるので、クラシックや吹奏楽部の方ににおすすめです。

【4】表面の塗装

金管楽器の金属管は、成型後、ヤスリやサンドペーパーで表面をなめらかにします。
その後、研磨剤を塗ったバフ(布)を高速回転させて磨き、美しい金属光沢を出します。
最後に、ラッカーやメッキで塗装を施し、仕上げます。
塗装は、サビや汚れから守るのが主な目的ですが、音色にも違いを生み出します。

ラッカー

画像

ラッカーは管体で使用される金属に比べ柔らかいため、その振動を伝えやすく、パワフルで音抜けがよく艶やかな音色といわれます。
金色に見える金管楽器のほとんどはこの仕上げです。
メッキ仕上げに比べ変色や緑青、サビなどの変化が起きにくいので、耐久性が高く手入れがしやすいですよ!
音の立ち上がりが良くパワフルな音色なので、特にポピュラー系やJAZZを吹かれる方にオススメです!

銀メッキ

画像

ラッカーよりも厚さが薄いためにクリアで柔らかな音色になると言われています。
楽器自身の特性が直接現れ、より細かなニュアンスが出せます。
やや抵抗感があるのでパワーが必要な場合がありますクラシックや吹奏楽部の方にオススメです!
銀メッキは変色しやすいので、演奏後はクロスで綺麗に磨いてからケースにしまいましょう。

メーカー別おすすめラインナップ

◇ブリエル

◇ヤマハ

◇バック

ブリエル

Glitter S

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
BRILLER Glitter S ¥45,360 銀メッキ 軽い吹奏感なので初心者の方にも吹きやすいモデルです。ベルには手彫り彫刻を施し、ピストン指貝の形状変更により、操作性もアップしました。

Shine S

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
BRILLER Shine S ¥105,840 銀メッキ 一枚取り工法ベルを使用しており、軽快な吹奏感を保ちつつ、明るく煌びやかな音が魅力です。ベル全体に手彫り彫刻を施し、見た目にも華やかな一本です。

ヤマハ

YTR-3335S

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
YAMAHA YTR-3335S ¥95,040 銀メッキ 銀メッキ仕上げによりYTR-3335とは一味違った柔らかい音色が得られます。

YTR-4335GSⅡ

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
YAMAHA YTR-4335GSⅡ ¥125,280 銀メッキ 豊かで心地よい音色です。トランペット奏者としての感受性を育む正統派モデル。

YTR-8335RS

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
YAMAHA YTR-8335RS ¥298,404 銀メッキ 強弱の幅が自由自在。より明るく温かみのある音色です。

Bach

VINCENT MODEL

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
Bach VINCENT MODEL ¥211,140 銀メッキ 吹きやすく豊かなサウンドで絶大な人気です。

180ML37/25/SP

メーカー 型番 販売価格(税込) おすすめポイント
Bach 180ML37/25/SP ¥307,584 銀メッキ プロから学生に至るまで幅広い層に人気です。明るく響きのある音色です。

今後の楽器とのお付き合い=メンテナンスを大切に!

念願のマイ楽器をゲット!「さあ!これから楽しい音楽生活の始まりです♪」
せっかく購入した楽器。長くトラブルなく演奏していきたいですよね♪そのためには、大切なことが...

日ごろのお手入れ+定期的なメンテナンスです!!

演奏後の日ごろのお掃除・お手入れは必須です。管体の水滴を十分に取り除くことが大切です。お手入れ用品にも、クリーニングスワブ、クリーニングペーパー等ございます。日頃のお手入れ用品の種類、使い方はお気軽にスタッフまでお尋ねくださいね♪
また、半年に一回もしくは一年に一回は定期メンテナンスに出す事をオススメします!
このメンテナンスで、楽器に悪いところがないか専門のリペアマンに見てもらうと、「この音が出しにくかったのはこのせいか...」などと原因が分かります。また、定期的にメンテナンスに出している楽器は長持ちします!何年も出していなかった楽器は、重症化し、数万円も修理にかかってしまうという結果になります。私たちが健康診断を年に一度受けるのと同じように、ぜひ楽器も定期的なメンテナンスを!!


全国展開している島村楽器は、楽器使用者ご本人が「仮に県外に飛び出すことになっても」末永く、良好なアフターサービスをご提供できます!ご購入店でなくても、近くの店舗へお持ちください♪



管楽器用のマスクもあります!

部活やサークルの練習でも気兼ねなく吹きたい・・・けどちょっと気になる・・・という方へ、管楽器用マスクがおススメです☆
詳しくはコチラ→→【ネットで話題】管楽器用マスクあります!


お問い合わせ先

店舗名 沖縄浦添パルコシティ店
営業時間 10:00~22:00
電話番号 098-871-1020
担当 宮城(みやぎ)
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品をWEBで購入・受け取れます
修理中も安心!楽器貸し出しサービス リペア代替品レンタル

「管楽器・弦楽器」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 沖縄・浦添 パルコ シティ店
  4. 管楽器・弦楽器
  5. 後悔しないトランペット選び、3つのポイント★