1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 津田沼パルコ店
  4. エレキギター・ベース
  5. 【エレキベース】軽音楽部、初心者必見 エレキベースの選び方!
キャッシュレス決済サービスのご案内

【エレキベース】軽音楽部、初心者必見 エレキベースの選び方!

ベースを始めるにあたって

こんにちは島村楽器津田沼パルコ店 ベース担当堀田(ほった)です!

ベースやってみたい、軽音楽部でベースになった!!

でも何を選んでいいかわからない!!

津田沼店ベース担当の私が人気機種を交えて紹介していきたいと思います!


|外出をお控えされているお客様へ
 
当店では、現在除菌・消毒などを施し最善を尽くしております。
ですが、ご来店いただかなくても、お電話でのご相談(商品のご説明)も承っております。
担当堀田までお電話いただければ、折り返しおかけ直しさせていただいた上で電話口でていねいに・分かりやすくご説明させていただきます。

==Menu===

目次

予備知識として専門用語を覚えておこう!

選び方を紹介する前に、いくつかの業界用語を覚えておくだけで便利だったりします!

コチラでは最低限のベースの専門用語をご紹介します!

ボディ

ボディとは写真にあるようなベースの大部分のことです。

そのボディの中に後で紹介ピックアップやコントロールなどが付いています。


ネック

ネックはその名の通りベースの首の部分のことです。

よく指版と間違えてしまうことがありますが、ネックは握る裏側の部分を指します。


指版(しばん)

ネックの表側の部分です。

音を変える為に押さえる部分の木材で、こちらに使用している木材によって触り心地や音色が大きく変化します。


ピックアップ(PU)

写真の部分のことを言います。音を拾うマイクの役割があり、ここを替えるとベースのサウンドも大きく変化します。

「Pick Up」を略して「PU」と表記されることもあります。

また形がいろいろあります!その形によっても音が変わります。


シングルコイルタイプ

写真のように細いタイプのピックアップをのことです。正確には音を拾うための磁石とコイルが1セットになっているものです。

主にジャズベースという種類のベースに搭載されていることが多く、恐らくベースのピックアップの中でも最も多く使われるピックアップと言っても過言ではないでしょう。

粒立ちの良い明るいサウンドが特徴です!スラップをすると鋭い音が出て気持ち良いですね。


ハムバッカータイプ

シングルコイルとは違い、見た目が太いのがハムバッカータイプのピックアップです!正確には音を拾うための磁石とコイルが2でセットになっているものです。

ミュージックマンというメーカーのスティングレイというベースに搭載されていることで有名です!

見た目と同じように音も太いのが特徴です!力強いゴリゴリなベースラインを目指すならこれですね!


プレシジョンベースタイプ

写真のようにピックアップが斜めについているタイプです。その名の通りプレシジョンベースというタイプのベースに搭載されていることが多いです。

ブリブリとした特徴的な太いサウンドが魅力です!プレシジョンタイプでしか出せないこのサウンドは必聴です!


コントロール

簡単に言うと「そのベースでどんな音の調整ができるか。」ということです。

ベースの音の調整には写真のようなつまみ(ノブ)を使います。ノブを回すと何かしら音が変化します。

よくあるノブの機能を紹介します。

ヴォリューム

そのままヴォリュームです。このノブを回すことで音量を調節します。

トーン

このノブを回すとベースの音がどんどんマイルドになっていきます。

ベースをバキバキと目立たせたいようなロックな曲ではトーンは回す必要がありませんが、バラードなど落ち着いた曲ではトーンを回してマイルドにしてあげてると良いです。

目次に戻る


ベースの選び方のポイント

ここからが本番!ベースの選び方を解説していきます!

選び方をいくつかのポイントに分けて考えていきます。

その中で自分が優先させたいポイントを見つけられると、自分に合ったベースを選ぶことができると思います。

【ポイント1】見た目で選ぼう!

誰が何と言おうとベース選びで一番優先に考えたいのは「見た目」です!

自分の好きな見た目のベースを選ぶのが一番です。

ベースには様々な見た目のものがあります。「あ!これカッコイイ!!」というものがあれば写真を撮っておきましょう!

その写真を楽器屋さんの店員さんに見せながら相談するときっと同じものや近い見た目のものを紹介してくれるでしょう。

目次に戻る


【ポイント2】ベースのタイプで選ぼう!

ベースには大きく分けて3種類のタイプがあります。

タイプごとで音の雰囲気が変わるので好みのものを選ぶと良いですよ!


タイプ1「ジャズベースタイプ(ジャズベ)」

一つ目のタイプは「ジャズベースタイプ」です。よく「ジャズベ」と略されています。

ジャズベースは今では最もポピュラーなベースのタイプといっても過言ではないでしょう。

シングルコイルのピックアップが2つ搭載されているのが特徴で、その2つの使いわけにより鋭い音からマイルドなサウンドまで幅広いジャンルに対応することが出来ます。

名前は「ジャズ」ですがどんなジャンルの音楽にも合うので、「初めてのベースを選ぶならジャズベースがオススメ!」とも言われています。

スラップの鋭い音もカッコイイです!

有名なアーティストをあげるときりがありませんが例えば、マーカス・ミラーや亀田誠治、またけいおんの秋山澪も使用しています。


タイプ2「プレシジョンベースタイプ(プレべ)」

二つ目のタイプは「プレシジョンベースタイプ」です。よく「プレべ」と略されています。

一番古くからあるエレキベースのタイプで、もちろん今でも大人気です!

プレシジョンベースタイプのピックアップが搭載されており、ブリブリとした太い音が特徴的です!

こちらも有名なアーティストをあげるときりがないですが、ハマ・オカモトやGreenDayのマイク・ダーント、SCANDALのTOMOMIも使用しています。


タイプ3「その他」

3つ目のタイプは「その他」です。そう、その他です。タイプが多すぎて分けると大変ですので「その他」とします。

中には「PJタイプ」「ミュージックマンタイプ」、タイプ分けできないようなベースなど様々あります。

どれも個性的なベースが多く、ジャンルによっては合わない場合もありますが見た目で「これだ!!」というものがあれば選んでみるのもよいと思われます!

目次に戻る


【ポイント3】予算を決めて選ぼう!

ベースには同じような見た目なのに、1万円くらいのものから50万円を超えるようなものまで様々あります。

安すぎるとすぐに壊れそうだし…50万円なんて高すぎるし……

「「「一体どのくらいの価格で選べばいいの!!」」」

ここでは価格の違いが何なのかを解説していきます!

この違いが何かを知って予算を考えると、ベース選びがしやすくなります。

価格の違いはズバリ生産地や作り手、そして使っている木材やパーツの違いが大きいです!※あくまで目安です。

1万円~4万円台

主に中国、インドネシアの工場などで生産されています。パーツや木材のグレードを落として手の届きやすい価格を維持しています。

中国やインドネシア産は国産に劣らない技術力を付け始めているので、近年演奏しやすい楽器も増えてきています。

5万~10万円台

このくらいの価格帯から国産のものも出てきます(中国やインドネシア産のものもあります)。使っているパーツや木材のグレードも上がり、バンドで演奏しても埋もれることのないサウンドが出せます。

国産のベースは丁寧に製作されており長い間使うことが出来ます。また日本で使用することを想定されて製作されている為、手の小さい方や女性の方にもオススメです!

10万円~20万円

国産のものが多く、丁寧に時間をかけて作っているためトラブルが少なく長い間使える印象があります。高いグレードのパーツや木材を使用しており申し分のないサウンドです。

またこのくらいの価格からアメリカやドイツなどの工場のモデルも出てきます。

20万円~

20万円を超えてくると国産、海外問わず職人の手で1本ずつ丁寧に作られたものが多くなります。最上級のパーツや木材を使用しプロも納得のサウンドを鳴らすことが出来ます。

またこの価格帯からオーダーメイドでベースを作ることもできるようになります。

いずれは手にしたいあこがれのベースですね。

目次に戻る


【ポイント4】メーカーで選ぼう!

同じような見た目でもメーカーがいろいろあったりします。

ここでは低価格でおすすめのメーカーをいくつか紹介します!

きっと好きなメーカーが見つかるかと思います!


メーカー別目次

BUSKER'S

安価なモデルを中心としたラインナップです。価格としては1万円台でご購入いただけます。

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
BUSKER'S BJB-3 3TS ¥19,900

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
BUSKER'S BJB-3 BK ¥19,900

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
BUSKER'S BJB-3 CAR ¥19,900

メーカー別目次へ戻る


https://shop.fender.com/ja-JP/squier-electric-basses/::Squier=

img src="https://www.shimamura.co.jp/shop/nagoya/wp-content/uploads/sites/50/2018/03/20180310-20170329-squier11.jpg" alt="" width="315" height="137" />

Fender傘下ブランドで、価格としては2万円台~4万円台。カラーリングも豊富で女性からの人気が高いです。

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き) 当店在庫
Squier AFFINITY SERIES™ JAZZ BASS® BLK ¥31,500 取り寄せ可

メーカー 品番 販売価格(税抜き) 当店在庫
Squier AFFINITY SERIES™ JAZZ BASS® BS ¥31,500 取り寄せ可

メーカー 品番 販売価格(税抜き) 当店在庫
Squier AFFINITY SERIES™ PRECISION BASS® PJ OWH ¥31,500 取り寄せ可

メーカー 品番 販売価格(税抜き) 当店在庫
Squier AFFINITY SERIES™ PRECISION BASS® PJ BLK ¥31,500 取り寄せ可

メーカー別目次へ戻る

Fender

世界的に有名なブランドです。エントリーモデルとしては7万円台からあり、不動の1番人気です!

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Fender JAPAN TRADITIONAL 60S JAZZ BASS 3CS ¥90,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Fender JAPAN TRADITIONAL 60S JAZZ BASS CAR ¥90,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Fender JAPAN TRADITIONAL 60S JAZZ BASS AWH ¥90,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Fender TRADITIONAL 60S PRECISION BASS AWH ¥90,000

メーカー別目次へ戻る

FUJIGEN

国内最大級の工房を持つブランド。エントリーモデルとして5万円台からあり、コストパフォーマンスの高いブランド。

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
FUJIGEN JJB7R MRD ¥52,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
FUJIGEN JJB7R 3TS ¥52,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
FUJIGEN JJB7R MBL ¥52,000


メーカー別目次へ戻る

HISTORY

島村楽器オリジナルブランド。国内生産されており、徹底した品質管理を実現。6万円台~20万円台がメイン。

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
HISTORY CV-BJ4/R 3TS ¥68,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
HISTORY CV-BJ4/R BLK ¥68,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
HISTORY CZ-BJ4/R 3TS 83,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
HISTORY CZ-PB4/R BLK ¥80,000

メーカー別目次へ戻る

YAMAHA

言わずと知れた国産ベース。4万円台からあり、安心感のあるブランド。

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
YAMAHA BB234 RBR ¥36,600

メーカー 品番 販売価格(税抜)
YAMAHA BB234 BLK ¥36,600

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
YAMAHA BB434 BLK ¥55,300

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
YAMAHA BB434 TB ¥55,300

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
YAMAHA TRBX304 WH ¥36,600


メーカー別目次へ戻る

[https://www.deviser.co.jp/bacchusguitars/basses?tid%5B%5D=184&field_product_status_tid=All&tid_1=All&sort_by=field_last_lot_date_value_1&sort_order=DESC::title=Bacchus

人気機種

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Bacchus WL-434 R 3TS ¥52,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Bacchus WL-434 M SWH ¥52,000

メーカー 品番 販売価格(税抜き)
Bacchus WL-434 R DLPB ¥52,000


メーカー別目次へ戻る

目次に戻る



まとめ

いかがでしたでしょうか!

ポイントを押さえておけば楽器屋さんに行った時でも店員さんに尋ねやすいと思います!

また少しでも皆さんのベース選びの役に立てばうれしいです!


島村楽器のギター保証「ギター もしもの安心保証」

お客様に安心してギター、ベースを長くお使いいただきたい。
島村楽器はそんな想いを込めて「ギター もしもの安心保証」をご用意いたしました。
ギター・ベースをご購入の際にはぜひご検討ください。




お問い合わせ

店舗名 島村楽器 津田沼パルコ店
担当 堀田(ほった)
電話番号 047-474-7700

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード

‐QR決済

‐ギフト券(一部ご利用いただけないものもあります)

  • ショッピングクレジット
  • デビットカード

代引きでの着払いも可能です

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。

商T品代+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

目次に戻る

津田沼店ではエレキベース教室も開講中!

鴻野 暁司
(火曜日)
田島 雄也
(木曜日)

講師名をクリックすると、詳しいプロフィールやインタビューがご覧いただけます。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 津田沼パルコ店
  4. エレキギター・ベース
  5. 【エレキベース】軽音楽部、初心者必見 エレキベースの選び方!