1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. モラージュ菖蒲店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 電子ピアノの選び方♪

電子ピアノの選び方♪

【電子ピアノ選びのポイント①】メーカーについて

いろんなメーカーがありますので、どのメーカーが一番いいのかな?と皆さんお悩みですよね。「ヤマハとカワイは聞いたことあるけど、他はあまり知らないなあ。」と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか。普段店頭でお客様に「オススメのメーカーはどれですか?」と聞かれることが多いのですが、どなたにも「○○がオススメです!」と言い切るのはなかなか難しいですね・・・。それぞれのお客様が「電子ピアノ選びの際に重要視すること」でオススメのメーカーも異なります!
代表的なメーカーをご紹介しますので、ご自分にぴったりなメーカーをお探しください♪

YAMAHA(ヤマハ)

画像

言わずと知れた日本最大の楽器メーカーです。アコースティックピアノの製造でも世界的に認められており、日本屈指の技術力を誇ります。電子ピアノの世界においても知名度はNo.1でしょう。まろやかな音質と明るい音が特徴です。
最も人気があるのは、「クラビノーバ」シリーズで、全世界で700校以上の音楽院で採用されている実績があります。しっかりとした重みのある鍵盤で、連打性に優れているため、同音連打やトリルといった奏法に強く、難度の高い楽曲を演奏する際にもとても弾き易い鍵盤です。 
2014年5月にモデルチェンジをし、従来よりも鍵盤タッチ、表現力ともにさらにグランドピアノに近づきました。また、ピアノ本来のたたずまいを基に電子ピアノをデザインしており、ピアノメーカーとしてのこだわりを感じさせます。価格を10万円以下に抑えて作られた「アリウス」シリーズも、ベーシックなモデルとして人気があります。

KAWAI(カワイ)

画像

ヤマハと並んで国内2大ピアノメーカーの一つです。
アコースティックピアノでは、ショパン国際ピアノコンクールでも使用されるなど、世界的に認められているメーカーです。電子ピアノでは、2つのシリーズがあり、中でも人気なのは「CA」シリーズです。他のメーカーよりも低価格なラインから木製の鍵盤を採用しており、鍵盤タッチにこだわりをおき、唯一黒鍵まで全て木製で製造しているメーカーです。
その鍵盤の最大の特徴は、グランドピアノと同様のシーソー構造の鍵盤で、非常にリアルな鍵盤タッチを再現しています。さらに、最上位機種である「CA97」では、「響板スピーカー」が内蔵されており、アコースティックピアノ同様に本物の木の響きを音に取りこむことで、よりピアノらしい音の響きを実現するなど、他のメーカーとは一線を画したオリジナルの技術を確立しています。

Roland(ローランド)

画像

日本を代表する電子楽器メーカー。
シンセサイザーやギター用エフェクター、アンプ等の音響機器、電子ドラムなど、様々な楽器を作っており、その多くが国内外問わず多くのプロミュージシャンに愛用されている世界トップレベルのメーカーです。電子ピアノでは、日本で初めて電子ピアノを製造、さらに今では当たり前となっている、音の強弱を付けられる「タッチセンス」機能を世界で初めて実現しました。
最新の電子ピアノに搭載されている、「象牙調鍵盤」や「88鍵マルチサンプリング」・「グランドピアノ特有のクリック感のあるタッチ」・「音色の無段階変化」、といった技術はすべてローランドが初めて電子ピアノで実現したもので、他メーカーがそれに追従するという形になっています。このような技術の進歩により、プロピアニストの横山幸雄さんが、ローランドのデジタルピアノを使用し、コンサートで演奏するなど、クラシックの演奏家も認めるレベルに達してきています。
さらに最新モデルには「Bluetooth Audio」を搭載しており、ただ電子ピアノを弾くだけではなくスマホに入っているお気に入りの曲を聴いて楽しむこともできます。

CASIO(カシオ)

画像

デジカメや時計、電卓、電子辞書、携帯電話などでおなじみのメーカーです。
電子楽器の製造にも力を入れており、光る鍵盤で有名なポータブルキーボードでは人気No.1!電子ピアノでは10万円以下の商品が主力で、販売台数は第1位と高いシェアを誇ります。電子楽器製造の歴史は30年を超え、近年電子ピアノ製造の技術力も高まってきています。
3つのセンサーが内蔵された鍵盤や、音色の無段階変化など他メーカーの上級ブランドに搭載されているようなスペックを低価格モデルで実現しており、コストパフォーマンスはNo.1です。最も人気が高いのは、コンパクトモデルの「プリヴィア」シリーズです。
さらに2016年に新発売された「GPシリーズ」が大変好評です!グランドハイブリッドと呼ばれ、グランドピアノに使われている鍵盤をそのまま電子ピアノに搭載したモデルです。音大生にも好評で、今注目の電子ピアノです。


【電子ピアノ選びのポイント②】価格帯について

ずばり、みなさんが一番お悩みなのは「価格」ではないでしょうか?それもそのはずです。電子ピアノはリーズナブルなモデルで5万円程度からございますが、なかには40万円を超えるような高級モデルもございます。
そこでひとつポイントとして抑えていただきたいのは”各メーカーが鍵盤やスピーカーにより力を入れているモデルは20万円前後から!”ということです。20万円前後のモデルから本物のピアノ(グランドピアノ)に近いタッチや音の機種が登場しますので、末永く愛用していただくにはオススメの価格帯です。
ただ、だからと言って5~10万円の電子ピアノを選んではダメというわけではありませんのでそこはご安心ください♪価格の違いには「鍵盤」と「音(スピーカー)」が大きく関係しておりますので、モラージュ菖蒲店では実際に電子ピアノの鍵盤や音を体感していただきながらご案内させていただきます!

【電子ピアノ選びのポイント③】鍵盤について

ピアノの先生から”なるべく本物のピアノのように鍵盤が重い電子ピアノにしてくださいね。”と言われたが、「鍵盤が重いor軽いの違いがよくわからなくって・・・。」というご相談も多いですね。
はい!またここでみなさんに抑えていただきたいポイントがございます。単純に「重い」「軽い」ということだけではなく、「鍵盤を押し込んだ時の感覚」や「押し込んだ鍵盤の戻りの早さ」、「そっと弾いたときと強く弾いたときの抵抗感の違い」なども電子ピアノの鍵盤選びには重要なんですよ。
そこで!電子ピアノの鍵盤には大きく分けて3種類ございますのでご紹介いたします。

樹脂製鍵盤

画像

15万円程度の機種までは、全てのメーカーで樹脂(プラスチック)製鍵盤が搭載されております。メリットは「リーズナブル」なことと、「耐久性に優れている」ことです。鍵盤タッチに関しては、ピアノの技術が上達してくると少し物足りなさを感じてしまう方が多いです。経年変化が起きやすい木製鍵盤に比べて、メンテナンスフリーで末永くお使いいただけるのがいいところですね。


木製鍵盤

画像

20万円前後の機種からは、木製鍵盤が搭載されるようになります。
ヤマハですと20万円台のCLP-545orSCLP5450から、カワイですと10万円台後半のCA17からですね。やはり、木製鍵盤ならではのしっとりした弾き心地は樹脂鍵盤では得られないものだと感じます。鍵盤を弾いたときの重みや鍵盤が戻ってくる感覚が限りなく本物に近いモデルもございます!本格的な弾き心地を求めるのであれば、木製鍵盤をオススメいたします。
「木製だとメンテナンスはしたほうがいいの?」とよく聞かれますが、メンテナンス(調律など)は基本的には不要ですのでご安心を。ただし、長年愛用していることで鍵盤のガタつきや木材が痩せてきて鍵盤に隙間が…というお話もまれに聞いたことがあります。「いつか、メンテナンスするときが来るかもしれない」とは思っていただいておいたほうがいいですね!


樹脂製+木製鍵盤

画像

え?「樹脂製鍵盤」と「木製鍵盤」の2種類じゃないの!?とお思いの皆さま、実はもう1種類ございます!
それは、ローランドが20万円前後のHP&DPシリーズから搭載している「PHA-50鍵盤(ハイブリッド構造)」です。鍵盤の真ん中(芯となる部分)には樹脂を、側面には木材を搭載しております。木製の風合いや密度感を持ちながら、樹脂センターフレームを挟み込み構造で鍵盤の強度がアップいたします。「メンテナンス不要な電子ピアノだからこそ耐久性の高い鍵盤を」ですね。ハイブリッド構造を採用しているのはローランドだけですので、気になる方はぜひ店頭でお試しください♪


【電子ピアノ選びのポイント④】機能について

「子どもがピアノレッスンをいつまで続けられるかわからない…。」というご相談は本当に多いです。「20万円前後の電子ピアノが良いものだということはわかるけど、もしレッスンを辞めちゃったらもったいないし…。」など。ご家族でほかに弾ける方がいるならまだしも、他に弾ける人がいない…なんで状況では思い切って高価なものを購入しちゃうのも怖いですよね。
そんな方に朗報です!とっておきの機能を搭載した電子ピアノをご紹介♪

Bluetooth Audio(ブルートゥースオーディオ)機能

画像

スマホやタブレットでおなじみのBluetooth機能が搭載されている最新の電子ピアノもございます!
今回ご紹介したいのは「Bluetooth Audio(ブルートゥースオーディオ)」です。お手持ちのスマホまたやタブレットをワイヤレス接続し、itunesやYouTubeと連動させ電子ピアノに搭載されている高音質スピーカーで音楽のリスニングも楽しむことができます!
そうです、最新の電子ピアノは「ただピアノを弾く」だけではありません!ピアノを弾けないご家族でも楽しめるようになっているんです♪お子さまがピアノを弾かない時間は、オーディオとして楽しむというのもアリですよ!こちらも店頭で体感していただけます♪

ピアノのことならお任せください!専門スタッフのご挨拶

画像

【島村楽器ピアノアドバイザー:佐藤】

  • 2015年ピアノアドバイザー(社内資格)取得
  • 2016年ゴールドセールスエキスパート(同上)取得

いつも菖蒲店をご利用いただきありがとうございます。皆様に心の底より音楽を楽しんで頂きたいという心意気で、お客様のピアノ選びをお手伝いさせて頂いております。
インターネットで得ることのできる情報だけではなく、生きている商品を見て、触れて、体感してみて下さい。ピアノ担当佐藤が、全力でお客様のピアノ選びのサポートをさせて頂きます。私自身、3歳からピアノを楽しく弾いており、今ではピアノは人生の一部です!実際に弾き比べをしながら丁寧にご案内させて頂きます。
商品以外の、レッスン内容やお教室のご相談などもお待ちしております。是非、島村楽器モラージュ菖蒲店のピアノ売場に遊びにいらしてください。きっと素敵な運命の1台が見つかると思います。ピアノに関しての疑問や質問等、お電話でも構いませんのでどうぞお気軽にご相談ください。皆様の心よりご来店お待ちしております。

当店へのアクセス

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。
  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券
  • 代引き (店出しが可能な一部スタイリッシュピアノのみ可能です。詳細はお問合せ下さい。)

※一部、ご利用できないカードや商品券もございますので予めご了承下さい。

お問合わせ先

住所 〒346-0195
埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005-1
モラージュ菖蒲3F
電話番号 0480-87-1920
店舗名 島村楽器モラージュ菖蒲店
ピアノ担当 佐藤 友梨
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「ピアノ・キーボード」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. モラージュ菖蒲店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 電子ピアノの選び方♪