1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 新所沢パルコ店
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 【フルート通信①】~材質の違いで何が変わるの?①白銅~銀編~

【フルート通信①】~材質の違いで何が変わるの?①白銅~銀編~

冬の短期レッスン

【フルート通信①】~材質の違いで何が変わるの?①白銅~銀編~

こんにちは。新所沢店フルートインストラクターの遠藤です。
今日から不定期ではありますが、フルートについての豆知識やフルート関連の新しい商品のご紹介、会員様から頂いたお悩み相談などについて時には写真付きで解説できたらと思います!
フルートについて知りたいという方も、今フルートを練習していてもっとフルートへの知識を深めたい方も参考にしていただけたらと思います。

フルートの材質の違いによる特徴

フルートは白銅(はくどう)・洋銀(ようぎん)・銀(シルバー)・木製(もくせい)・金(ゴールド)・プラチナなどによって作成されており、右に行くにつれて本体価格も上がっていきます。
まずはそれぞれの材質の特徴をご紹介します。

洋銀

見た目は銀そっくりですが、実は銅とニッケルと亜鉛を混ぜた合金で出来ています。アクセサリーにも使われており、変色すると白いポツポツがフルートに現れることがあります。
銀のフルートに比べると本体が軽く吹奏感も軽いので、初心者にお勧めの材質です。日本のメーカーでも主に中国や台湾で大量製作されていることが多いです。

白銅

白銅を使用しているメーカーは限られて来ますがヤマハは初心者モデルに取り入れていることが多いです。銅とニッケルで出来ているので、洋銀よりも安価でヤマハのように初級者向けの価格帯モデルを沢山作っているメーカーではよく使われています。
洋銀と組み合わせて作られているフルートが多いので、吹奏感は洋銀とあまり変わりはありません。

洋銀よりもパワフルな音が出せるので、大きい音と小さい音の強弱がスムーズにできるようになります。
ゴールド製よりも柔らかい音がでるので柔らかい音が好みの方はおススメです!
洋銀ともゴールド製とも相性がいいのでそれぞれと組み合わせて製造されていることが多いです。
洋銀製のメッキとしても使用されています。

最初の1本目を選ぶなら・・・

オススメは頭部管銀製でその他は洋銀で出来ているフルートです!
銀製の音の重厚感と洋銀の軽い吹奏感が合わさっており、慣れてきて大きい音を出すことになっても素直に音が出るので、練習でイライラすることもあまりない印象です。
また、その後総銀製に買い替えたときにも音のコントロールにあまり違和感を感じずに移行できるので、アンブッシュアやアパチュアを大きく変えることなく演奏できるのも良い点だと思います。

遠藤 羽純(えんどう はずみ) 担当曜日:火・水・金・土・日曜日

インストラクタープロフィール

武蔵野音楽大学卒業。これまでに、フルートを吉岡アカリ、須永涼子各氏に師事。
吹奏楽をレイ・E・クレーマー、テリー・オースティン、前田淳各氏に師事。
管弦楽を北原幸男に師事。

コース概要

サロンには、専任インストラクターが出勤している曜日・時間の中で空いていればご予約が可能なフルタイムレッスン(Sコース・Aコース)と、月~金の13:00〜16:00で通うデイタイムレッスン(Bコース)がございます。

開講曜日・時間:火・水・金・土・日
コース Sコース Aコース Bコース
月のレッスン回数上限 8回 4回 4回
開講時間 火・水・金11:30~20:00
土・日10:00~18:30
火・水・金11:30~20:00
土・日10:00~18:30
火・水・金13:00~16:00
月会費(税抜) ¥21,500 ¥12,500 ¥10,500
体験レッスン 申し込む 申し込む 申し込む
入会金 ¥10,000 ¥10,000 ¥10,000



  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器のオンラインレッスン

「音楽教室 お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 新所沢パルコ店
  4. 音楽教室 お知らせ
  5. 【フルート通信①】~材質の違いで何が変わるの?①白銅~銀編~