1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 大宮店
  4. お知らせ
  5. 【フルートインストラクター宮下通信】vol. 7『フルートの正しい持ち方と構え方』

【フルートインストラクター宮下通信】vol. 7『フルートの正しい持ち方と構え方』

皆様こんにちは!フルートインストラクターの宮下(みやした)です!

今回は、正しいフルート持ち方と構え方について
私なりにご紹介していきたいと思います!
初心者の方ももちろん、フルート経験者の方も今一度この機会に見直していきましょう♪

これまでの記事↓

vol.8現役インストラクターが音大受験アドバイスします!『シリーズ①準備編』
vol.6『わたしのフルート』
vol.5『J-POPもレッスンしてます♪』
vol.4『楽譜のススメ~ジブリ編~』
vol.3『楽譜のススメ~ディズニー編~』
vol.2『楽譜のススメ~教則本編~』
vol.1『湿度調整のススメ』


持ち方

「三点支持」

①唇 ②左手人差し指の付け根 ③右手親指 のことを三点といいます。演奏中はこの三点で楽器を支えることで指は速いパッセージを演奏することが出来ます。ぜひ意識してみて下さい!

左手

☆人差し指の付け根にフルートをあてます。
☆指を軽く曲げて指先がそれぞれキーの中央にくるように
します。(親指はのばしたままでよいです!)

右手

☆指を軽く曲げてそれぞれキーの中央にくるようにします。
☆親指は人差し指の真下にあたるようにします。
※手首が下がらないように!


構え方

上記でご紹介した「三点支持」を意識してみましょう!他の指を離してもフルートを持つことができたら正しい構えになっているということです。
フルートを持ち慣れないうちは、全体が重く感じるかもしれません。この三点をしっかりサポートすることで全体の運指がスムーズになります。フルートを握りしめず、そっと指に乗せるように持ってみましょう。

リラックスして構えましょう

あまり背筋をピン!と伸ばしすぎると、かえって疲れやすくなってしまいます。リラックスして姿勢を整えることでフルートの吹き方も安定してきますが、意識しすぎると肩に力が入りすぎてしまい吹く時に肩や首が疲れてしまします。フルートはあまり高すぎない位置で構えるようにし、肩の力を抜いてふんわりと持つようにしましょう!


皆様いかがでしたでしょうか??
次回もフルートをご紹介していきますので
お楽しみに♪

フルートレッスン開講中

コース名 フルートサロン
インストラクター 宮下 莉奈(みやした りな)
開講曜日 月・木・金・土・日
開講時間 平日 13:00~21:00
土日祝 10:00~18:00
レッスン形態 予約制・個人レッスン
レッスン時間 1回/30分
レッスン規約 こちらよりご確認下さい。
発表会 年1回を目安に開催(任意参加)
入会金 ¥11,000(税込)
月会費 ¥11,550(税込)~
★毎月のお支払い方法に関しましてはこちらをご覧下さい。
体験レッスン お申し込みフォームはこちら
※お申込みは高校生以上の方が対象です。
※即日中に返答をご希望の方は、お電話でのお問い合わせをお勧めいたします。
大宮店WEBサイトにて演奏動画公開中!是非ご覧下さい♪

JUJU『やさしさで溢れるように』

その他動画はこちら♪

フルート教室開講中!

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「お知らせ」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 大宮店
  4. お知らせ
  5. 【フルートインストラクター宮下通信】vol. 7『フルートの正しい持ち方と構え方』