1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール成田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【クラシックギター】クラシックギターの違いのあれこれをご紹介!

【クラシックギター】クラシックギターの違いのあれこれをご紹介!


クラシックギター

ヨーロッパで発展し、スペインで花開いたクラシックギター。弦にはナイロンが使われており、微妙なタッチやニュアンスの違いにも繊細に応えます。深みのある哀愁を帯びた音から、乾いた軽快な音色、ギターの板を手で叩いてパーカッション的な役割を果たすことも。独特の奏法をマスターして、このあたたかみのある魅力に浸ってみませんか。

クラシックギターの違い

木材による違い
価格による違い
さいごに

木材による違い

主に使われるのは「松」と「杉」

手工ギターの表板として重宝されている高級材は、主にドイツ松(German Spruce)とカナダ杉(Canadian Cedar)です。それぞれ特性の違う松と杉の特徴を簡単に説明いたします。

松(スプルース)

クラシックギターで王道の表材といえば松です。ヤニ成分を持つ松材独特の「粘り」があるので大変良い響きを発揮できます。ですが、製材したてのものは水分やヤニを必要以上に多く含まれているため、除去する手間隙と経年乾燥が必要になります。それゆえ、松は最初あまり鳴りが良くないと一般的にはいわれており、長年弾き込んでいくごとに徐々に音量と音質が向上していき、最終的には非常に良好な鳴りと上質な音色へと成長していくのです。中でもドイツ松は高級手工クラシックギターなどで使われている王道中の王道の高級材として、大昔から今もなおギター職人達の製作意欲をかき立て続けています。

杉(シダー)

王道木材の松を凌ぐ勢いで人気の表面材が杉です。カナダは良質の杉が取れることでギター職人達に重宝されています。比較的柔らかい材質のため、音質は甘めのトーンとです。側裏材に硬い木材を組み合わせることで鳴りと音質を向上できるようです。ヤニ成分が少なく松材ほどには粘りがないですが、比較的早く木材として使えて加工もし易く、完成直後から即戦力になる大きな音の鳴りを発揮できるという利点があります。

その他の表板

松や杉以外では、例えばフラメンコギターなどでは『シープレス』などが表板でよく使われていますし、他には『マホガニー』『メイプル』『コア』などが見られます。

側板と裏板の材

側板や裏板には割と多種多様な木材が使われていますが、多いのは『ローズウッド』や『マホガニー』などで、他には希少材の『ハカランダ』や『ココボロ』など、一般材では『シープレス』『シカモア』『メイプル』『ナトー』『ブビンガ』『コア』『ワイルドチェリー』『ウォルナット』『バーチ』など多岐に渡り、これらもやはりそれぞれに音質の違いがあり、表板材と側裏板材の組み合わせ、さらにはギター職人各自による良材の選定と、ふるう加工技術、そして個体差などの違いが加わって、様々な個性のある音色のクラシックギターたちが生み出されるのです。

価格による違い

楽器は同じ楽器でも価格がたくさんあります。そんな価格の差はいったい何なのかを簡単にご説明致します!

1~2万円程度

この価格帯は合板といってギターの音の要となる木の板が2枚の板で合わさって出来たものです。
メリットは低価格でなおかつ頑丈ということです。
デメリットは板を合わせることでギターの響きを妨げ、ギターが綺麗に響いてくれなくなってしまいます。いわゆる弾いていて心地良いという音は比較的出にくいです。

2万~3万円程度

この価格帯はだいたいのモデルが表板のみ単板仕様になります。
ギターの1番響く表側の板を1枚の板にすることで響きを損なわず、先程の価格帯とは劇的に音が変化します。デメリットは耐久性が合板に比べて低くなることから扱いに注意が必要になってきます。

3万~5万円程度

この価格帯は単板の中でも木材が変化してきます。木材の違いは音にダイレクトに影響するので重要なポイントになってきます。
この価格帯ではギターの横と裏側の木がローズウッドを使われることが多く、見た目もサウンドも高級感が増します。

5万~10万円程度

この価格帯は上記の仕様にさらに高級感がでます。例えば指板にエボニーという高価な木材が使われたりすることで、見た目は手工品にぐっと近づきます。
さらに高価な松などが使われることもあり、より響きの良いクラシックギターになります。

10万~12万円程度

ここからはオール単板といわれるモデルが出てきます。上記でご説明した単板を、表や横裏にも全て採用しておりギター全体の響きが大きく変わります。手工品と構造上はほぼ同じになります。またメンテナンスを細かく行っていけばかなり長く使っていただくことができます。

12万~20万円程度

この価格はオール単板モデルや、あえて合板にするモデルなどがあります。
あえて合板仕様にして特殊な製作方法を取り入れることで大きな音量で演奏することが可能になり、ホールなどで演奏される方などに好んで使われることがあります。

20万~26万円程度

この価格になるとほぼすべてのモデルがオール単板になります。もちろん響きはよくなりますし使われている木材が高級材になってきます。弾き手の細かいニュアンスや経年による音質の変化などクラシックギターの醍醐味もダイレクトに感じて頂けるようになってきます。

26万~30万円程度

ここからは手工品と呼ばれる製作家が製作や監修をしているモデルが出てきます。
手工品は製作家によってこだわるポイントや癖などが大きく変わってきますので同じ木材や同じ構造でもサウンドが変わります。同じクラシックギターでも色んな顔がでてくるのがこの価格帯です。

30万~80万円程度

かなり広範囲ですがこの価格帯が国内外の個人製作家の手工品といわれるモデルが多く存在します。
木材選びから組み立て、人それぞれの構造や塗装1つ1つにもこだわり、いわば作品と呼べるような物が多く、ルックスもサウンドもかなり良いですしメンテナンスをしっかり行えば半永久的に使うこともできます。いわゆる職人のサウンド!ぜひこの価格のもので一生使いたいですね!

100万円前後

現役でかなり有名な海外の職人の楽器がこのあたりの価格帯になります。海外ならではの明るい倍音など、他では得られないサウンドを出すことが出来ます。また、国内で最高級材「ハカランダ」などを使用したモデルもこの価格帯が多いです。
1度弾いてみるとその魅力に惹きこまれます。

400万円以上

巨匠と呼ばれるような職人の楽器です。
この価格帯になるとハカランダかローズかは予算の問題ではなく、製作家の信念でしょう。また、希少価値が価格に乗っている場合もあります。いわゆるプレミア価格ですね。1度は触ってみたいものです。

クラシックギターをお探しのお客様、ぜひイオンモール成田店へお越し下さいませ。各メーカーの違いなど、スタッフがしっかりとご説明致します。お客様にぴったりの1本をご提案させていただきます。
入門モデルから上級者モデルまで、幅広いラインナップで皆様のお越しをお待ちいたしております。

クラシックギター総合案内はこちらから

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオンモール成田店
担当 稲垣
電話番号 0476-23-8250

皆さまの音楽生活をサポートするイオンモール成田店スタッフはこちら♪
イオンモール成田店スタッフ紹介
ぜひお気軽にお問い合わせ下さい!

アクセス方法

島村楽器イオンモール成田店は イオンモール成田2Fにございます。

イオンモール成田

車をご利用のお客様
位置 東関東自動車道 成田I.Cから3.5Km
駐車料金 無料
近い駐車場 屋上駐車場 G

詳しい車からのアクセスはこちら

バスをご利用のお客様
JR成田駅
京成成田駅
イオンモール成田行き 直行バス 12分

イオンモール成田への最寄り駅は 京成成田駅・JR成田駅となります。
※空港・安食駅(土日祝のみ)からもバスの運行があります。

詳しいバスからのアクセスはこちら


お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット
  • デビットカード
  • iD
  • 商品券
  • 銀聯カード

※一部使用できないカードや商品券もございます。

代引きでの着払いも可能です

代引き着払いでのお支払い方法
  • 現金
  • クレジットカード

代引きでの着払いをご利用される場合は、ご希望のお支払い方法を必ず店舗スタッフにお伝えください。

商品代金+代引き手数料+送料=合計金額
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。

分割払いがご利用いただけます!!

お買い物金額合計3万円(税込)以上で、
月々のお支払い金額が3千円(税込)以上になる場合にご利用いただけます。
18歳以上(高校生不可)の方なら免許証、保険証、学生証など身分証明証があれば、即日商品をお持ち帰りいただけます。分割回数は最大84回まで。クレジットカードが無くても分割可能です。
頭金なしからお申し込みできます。
現金やデビットカードを併用してのお支払いも可能です。詳しくはお気軽にご相談ください。
お客様に最適なプランをご提案させていただきます。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール成田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. 【クラシックギター】クラシックギターの違いのあれこれをご紹介!