1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 名古屋パルコ店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 2021年最新版【パパ・ママ必見!】ゼロから始めるピアノ選び

2021年最新版【パパ・ママ必見!】ゼロから始めるピアノ選び

お子様のためのピアノ選び。どうやって選べばいいの??

皆様、こんにちは!名古屋パルコ店ピアノアドバイザーの東田(ひがしだ)です。
今も昔も習い事人気ランキングの常に上位をキープし続ける不動の存在、ピアノ。様々なアーティストやピアノ系YouTberの活躍などで、女性だけでなく男性にもますます人気の楽器になってきてるなーと日々感じます。

音楽スキルを身に付けるのはもちろんのこと、脳の成長にも良いとの評判からぜひ我が子に習わせたいと思うパパさん・ママさんも多いのではないでしょうか?

でも…一体どんなピアノを選べばいいんだろう?自分は経験がないからわからない…。自分も昔やっていたけど、今はどんなピアノがあるの?マンションだけど音が迷惑では?続けるかどうかわからないからどれくらいのピアノを買えばいいのか…。うちの子だいぶ大きくなったけど今から始めるにはもう遅い??
などなど、きっとそんなお悩みをお持ちの方も大勢いらっしゃるんじゃないでしょうか?

そもそもピアノってなんなの?触ったこともないんだけど?とりあえずざくっと知りたい!という全くゼロからスタートの方も、ご安心ください!今回は一児の母である私が初めての方のために、親目線でピアノ選びをご案内させていただきます!!

当店では多数の電子ピアノを展示しております。アコースティックピアノの展示はございませんが、アップライトピアノやグランドピアノについてもご案内いたしますので、お気軽にご相談ください。

※このページでは製品の詳細についてはご紹介しませんので、各製品の情報をお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

外出をお控えされているお客様へ
 
当店では、現在除菌・消毒などを施し最善を尽くしております。
ですが、ご来店いただかなくても、お電話・メールでのご相談(商品のご説明)も承っております。
電子ピアノ担当:浅井、ピアノアドバイザー:東田までお電話もしくはお問い合わせいただければ、折り返しさせていただいた上でていねいに・分かりやすくご説明させていただきます。

また、お家での決済も可能です。お支払い方法につきましてはコチラをご覧くださいませ。

みなさまのご相談お待ちしております

電話をかける

ゼロから始めるピアノ選び

私がご案内いたします ピアノアドバイザー:東田(ひがしだ)

入社歴約1年。小学校1年生から18歳までの12年間ピアノを習いました。最初は楽譜も読めませんでしたが、だんだん曲が弾けるようになっていくのはとても楽しかったです。小学校の部活ではトランペット、中高時代は吹奏楽部で6年間ホルンを担当。みんなの音が溶け合って一つになる合奏の楽しさに夢中になりました。
結婚後に暮らした南アフリカ共和国では現地の伝統的な音楽やポップス、ヨーロッパテイストのクラシック音楽に触れることができました。
帰国後は音楽熱が再燃しゴスペルの歌や伴奏に挑戦。現在は1児の母としてアフリカ生まれの息子と共にエレキギターを練習しています!

・・・と音楽好きをアピールしましたが、実は島村楽器に入社するまで電子ピアノのことは全く何も知りませんでした!アコースティックピアノとの違いもよくわからず…。そんな私なので、「どうやって選べばいいの?」という皆さんの気持ちに寄り添いながら、ピアノ選びのお手伝いをさせていただきます!

目次に戻る

そもそもピアノってどんな種類があるの?

「ピアノ」とひとことでいいますが、ピアノには大きく分けて2種類。アコースティックピアノ電子ピアノです。一体どう違うんでしょうか?

アコースティックピアノ

グランドピアノ

アップライトピアノ

「生ピアノ」と呼ばれることもありますが、通常のいわゆる本物のピアノのことで、「グランドピアノ」「アップライトピアノ」の2種類があります。グランドピアノは学校の音楽室や体育館に置いてある、あの大きなピアノですね!一方、アップライトピアノはよくお家のリビングなんかの壁際に置かれている四角い箱型のピアノです。

音の出る仕組みをとてもざっくり簡単に説明しますと、鍵盤を押すことによって中にあるハンマーが弦を叩いて音を出し、響板(きょうばん)という板を通じて楽器全体に音を響かせます。
楽器そのものがスピーカーのようなかんじですね!

レッスンや発表会などの舞台で使われるのはアコースティックピアノになります。

電子ピアノ

「デジタルピアノ」とも呼ばれています。見た目や形はポータブルな小型の物からアコースティックピアノとほとんど変わらないルックスを持つタイプまで様々です。
名前から既におわかりかもしれませんが、電気で動くピアノです!鍵盤を押すとセンサーが反応し、内蔵のスピーカーとアンプを通じて電子的に作られた音が鳴るという仕組みで、音量調節やヘッドホンでの使用もOKです。

上の写真だと小さくてわかりにくいですが、操作パネルが付いているのが見えますか?簡単なボタン操作でいろいろな機能が使えるのもうれしいところですね!

ピアノ以外の楽器の音も出せたり、メトロノーム、録音・再生、内蔵曲の演奏などいろんなことがピアノ1台でできちゃいます。

グレードが高くなるほど音や鍵盤タッチがアコースティックピアノに近づきます。電子ピアノの技術はどんどん進化していて、今やアコースティックピアノにかなり近いタッチと音が備わった物も!
さらにはスマホやタブレットからBluetooth経由で曲を飛ばすことで電子ピアノをスピーカー代わりにしてめちゃめちゃいい音で大好きな音楽を聴く、なんていうこともできちゃうんです。贅沢ですね~。
「昔と全然ちがう!」と驚かれるお客様もたくさんいらっしゃいますよ。

中にはハイブリッドピアノという、電子ピアノなのにアコースティックピアノのようなハンマー構造が搭載されているタイプもあります!すごいですねぇ。

目次に戻る

条件別おすすめタイプはこちら!

ご希望のイメージや住環境によってグランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノのどれが一番良いのかは変わってきますが、おおまかに分けるとこんなかんじになります!

グランドピアノ

・ピアノ本来の音と鍵盤タッチ、グランドピアノの豊かな響きで練習させたい
・舞台で使うピアノに近い感覚で練習させたい
・音大受験を考えている
・グランドピアノを設置できる環境がある
・お子様に合わせてピアノも成長させていきたい

アップライトピアノ

・ピアノ本来の音と鍵盤タッチで練習させたい
・レッスンや発表会で使うピアノとのギャップを減らしたい
・アップライトピアノを設置できる環境がある
・お子様に合わせてピアノも成長させていきたい

電子ピアノ

・夜間でも音を気にせず練習したい
・アップライトピアノは重量が大きくて置けない
・ピアノ以外の音や色々な機能も使って楽しみたい
・価格をなるべく抑えたい
・調律などのメンテナンスを気にしたくない

アコースティックピアノ、電子ピアノそれぞれのメリット・デメリットがあるので、お子様ご本人や各ご家庭の事情に合わせた物をお選びくださいね!

※電子ピアノ製品の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

目次に戻る

新たな習い事。親としては心配だらけ…

お子様が新たな習い事を始める時や必要な物を買い揃える時って、いろいろ悩みますよね~…

キラキラした顔で新しい世界に飛び込む我が子を応援してあげたい!!けれど、親としては様々な不安がつきものです。親御さんご自身も未知の世界であればなおさら手探り状態のスタートですよね。

いつまで続くかわからない…。音が迷惑になるのでは?楽器の寿命は?習うメリットはあるの?などなど、、心配事は尽きません。

ということで、次はピアノに関して皆さんが心配になってしまう点を1つずつ見ていきながら、解決法をご案内します♪

目次に戻る

心配なこと、こんなふうに解決できます!


ピアノの音って近所迷惑では?

楽器の演奏で気になるのはやはり音問題。特にマンションやアパートといった集合住宅では近隣への配慮が必要ですよね!「上手ならいいけど、始めたばかりの下手なピアノが聞こえるのは迷惑にならないだろうか…」「幼稚園や学校、習い事が終わってからだとどうしても練習は夜になっちゃう…」「家族の邪魔になるのでは…」にと音に関する心配は付きものですね。

アコースティックピアノの場合、弱音ペダルの使用だけでなく、部屋の中に防音ルームを設置したり、完全に音を消す消音ユニットを取り付けるといったことが可能です。消音ユニットを付けるとヘッドホンでの練習もできるため、夜間の練習も気にせずできちゃいます。

一方、マンション住まいに強い味方なのが電子ピアノです。お子様の耳の成長にとってはやはりアコースティックピアノが一番いいのですが、住宅事情でどうしても電子ピアノしか置けないという方は大勢いらっしゃいます。

電子ピアノであればボリューム調節はもちろん、ヘッドホンを装着もしての演奏も可能なので、夜でも気にせず練習できちゃいます。電子ピアノにおすすめのヘッドホンもご用意しておりますので、ぜひ一度店頭でお試しくださいね!

ここでもうひとつ気になるのが振動音。マンション・アパートの場合、鍵盤を弾く時の振動音が階下へ響くことも気にされるかと思います。そんな時はぜひ遮音マットのご使用がおすすめです。こちらのマットは電子ピアノにピッタリのサイズとなっており床の傷防止にもなるので、ピアノとの同時購入がおすすめです!

CPT-100M

メーカー 品番 販売価格
EMUL CPT-100M ¥12,700(税込)

CPT-300L

メーカー 品番 販売価格
EMUL CPT-300L ¥16,900(税込)

目次に戻る

うちの子、続けられる?

この悩み!どんな習い事にもつきものですね~ ピアノのように初期費用が大きいものであるほど気になりますよね!安心して下さい。みなさん同じです。

子どもってとっても正直なので楽しいことは放っておいてもやり続けるし、逆に楽しくないことはどうしても避けがちに。つまり、お子様の中で「ピアノ=楽しい」となれば、時々練習をさぼったとしてもなんだかんだ続けられます!レッスンの内容や先生との相性も大きいですが、楽器選びの面で言えば、楽しいと思える楽器を選んでいただくことがとーっても大事なんです!!

では、どういうものが楽しいと感じられる楽器なんでしょう?
ピアノは表現する楽器です。レッスンでは上達するにつれて運指だけでなく、強弱や弾き方を使って、優しく・可愛らしく・悲しく・歌うように・燃えるように、などなどいろんな表現の仕方を教わります。ですが、レッスンで教えてもらっても家のピアノに表現力が備わっていないと「あれ?うまくできない…」となり、つまらなくなってしまいます。さらにはピアノが嫌になって辞めてしまうことも。。そんな事態を避けるためにも、豊かな表現が可能なピアノをぜひおすすめします!!

高いグレードである程、そういった力が備わってきますので、価格帯のところでもご説明しますが、目安として20万円台~のピアノがおすすめです。

できなかったことができるようになると楽しくて、ますますがんばれちゃうのが子どもたちの素晴らしいところ!そんな姿を一日でも長く見守りたいですね。

目次に戻る

親が音楽未経験でも大丈夫?

結論から言うと、まったく問題ありません!むしろ音楽経験がないほうが余計な口出しをしなくて済むからいいんじゃないかとすら思うことも…(体験談です。笑)

ご自分が音楽知識がないから、と心配になるかもしれませんが、練習内容は先生を信頼してお任せしましょう!お父さん、お母さんの大きな役目はなによりも温かく見守る、できたところや頑張りを褒める、これに尽きると思います。とは言え、ピアノは本当に毎日の練習が欠かせない楽器でもあります。もし練習をさぼって、いえ、忘れていたら「優しく」声をかけて促してあげましょう。(これが一番難しいんですけどね~…)さらに言えば、ご自身も新鮮な気持ちで一緒に楽しんであげればお子様もきっと嬉しいはず♪習った曲を一緒に覚えたり、インターネットでその曲の動画を探して一緒に見るのも楽しいですよ。お父さんお母さんも嬉しそうだなって伝われば、それだけでとっても励みになります!

ここでもう一つ楽しい提案です。せっかく購入するピアノ。お子様だけでなく、お父さん、お母さんも習ってみませんか?家で一緒に弾いて遊んだり、最近では発表会で連弾する親子をよく見かけますが、ご両親にとってもお子様にとっても素敵な経験だなぁと思います。
島村楽器名古屋パルコ店では大人のためのピアノサロンを開講しています。ご都合のいい日時を選んでいただける完全予約制となりますので、日中の隙間時間に、お買い物ついでに、お仕事帰りに楽しくレッスンできますよ♪

現在、11月30日まで入会金が半額となる秋の入会キャンペーンを開催中です。
ぜひご家族みんなでピアノを楽しんじゃいましょう!

→→→♪♪ピアノサロンのご案内はこちら♪♪

目次に戻る

ピアノの寿命は?

これも気になるところですよね。アコースティックピアノの場合、基本的なお手入れや調律などのメンテナンスをしながら大切に使っていただければ寿命はあまり気にしなくても大丈夫です!30年、40年前に製造され今でも中古としてとても人気のある機種もありますし、お母さまご自身が使われていたピアノを子どもにも使わせる、というご家庭も多いですよね。この寿命の長さはアコースティックピアノのメリットの一つと言えるのではないでしょうか?

一方、電子ピアノの場合は一般的に10~20年ほどと言われていますが、これは故障したピアノの部品を交換できる期間に限りがあるためです。
電子ピアノは精密な電子楽器なので家電製品と同じでどうしてもある程度の劣化は避けられませんし、故障が起こる可能性もあります。交換が必要な部品の供給が終了してしまうと修理が行えず、それ以上はそのピアノは使えなくなってしまうというわけです。
ですが、ホコリを拭き取ったり鍵盤を磨いたりといった日々のお手入れをしながらお使いいただければ故障も防げて、寿命以上に長くお使いいただくこともできるかなと思います!
アコースティックピアノに比べて安いとは言ってもやはり高価な楽器ですので、故障のないように長く大事に使いたいですね。

目次に戻る

メンテナンスは必要?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、アコースティックピアノは調律という、音を整える作業が必要になります。頻度としては年に1~2回の調律をおすすめで、引越しなどでピアノが移動した際にも調律が必要になります。普段ご自宅でできることとしては、ホコリや皮脂の汚れを拭き取ったり鍵盤を磨いたりといった、日々のお手入れをしていただくこともとても大切ですね!

電子ピアノは基本的にメンテナンスフリーです!これも電子ピアノの大きなメリットの一つですね。ただ、寿命のところでも触れたようにお手入れはやはり大切ですので、電子ピアノだしほったらかしでいいや~とならないようにお気を付けくださいね♪

目次に戻る

うちの子もう大きくなったけど、ピアノを始めるには遅い?

今からピアノを始めたいって言い出したけど、年齢的にもう遅いんじゃないかな・・?確かに、小学校に入る前、低学年くらいの小さい頃に始める子が多いイメージありますよね。けれど、何歳からでも遅いということはないですよ!小学校中~高学年からでも十分上達しますし、中高生、大人になってから始めても上達して楽しんでいる方は大勢いらっしゃいます。
確かにそれくらいの幼い時期にレッスンをスタートさせる子は多く、手の指の関節が柔軟な幼いころの方が身につきやすいですし、耳の力も4歳くらいの幼いうちから育ててあげる方が良いと言われています。けれど、言葉の理解力は大きくなってからの方が身についていますし、がんばって練習に取り組んでいただければ何歳からでも上達でき、楽しんでいただける楽器です♪

楽器を選ぶ際にもお子様の意見を聞きながら、一緒に決めていただければより楽しんでもらえそうですね!

目次に戻る

どれくらいの値段で買えるの?

やはり大事なのはお値段ですよね。機種によって価格帯の幅も広いのですが、当店でも展示のある電子ピアノについて、それぞれの価格帯別にご説明します!

10万円以下~10万円台前半

持ち運びが可能な小型タイプや、据え置き型のエントリークラスのモデルがあります。過去にピアノの経験がある方が趣味用に買われたり、これからピアノを始めるお子様用に、最初はまずこのクラスから始めてみようという方に選ばれることが多い価格帯です。
鍵盤は樹脂製、プラスチック製となります。タッチや音の面でどうしても表現力に限界がありますので、お子様の上達によって2~3年後くらいには高い表現力を備えた上位機種への買い替えをおすすめします。

15万円~

10万円前後のものに比べて鍵盤のタッチや音源、スピーカーの性能が良くなります。メーカーによっては木製の鍵盤が搭載された電子ピアノが登場します!ホームピアノとしての標準クラスになりますが、お子様がピアノを長く続けられるのであれば、やはり数年後には上位機種への買い替えをおすすめします。

20万円~

最も人気の高い価格帯になります。各メーカーの製品で木製の鍵盤が搭載され、弾き心地がアコースティックピアノに近づきます!スピーカーの数や性能もグッとアップし、音の響きをより立体的に感じながら演奏を楽しむことができます。このあたりであればお子様にも長くお使いいただけるのではないでしょうか。※耐用年数についてはこちらをご覧ください。

30万円~40万円以上

各メーカーのハイクラスモデルが登場!

音源、鍵盤、音すべてにおいて最高の性能を備えた機種になり、ますますアコースティックピアノに近い弾き心地が実現します。住宅事情の関係などでどうしても電子ピアノしか置けないけれど、なるべくアコースティックピアノに近い電子ピアノで練習させたい…という方がこちらのクラスのモデルを選ばれることが多いです!

パンフレットを見ていただいてもいろんな情報が載っていて、なんだかよくわからなくなってしまうかもしれませんが、主なポイントは3つ。

音源鍵盤スピーカーです!
この3点において、どういったものが使われているかに注目しながら気になる機種を比較していただけるとわかりやすいかなと思います。

あとは細かい機能、操作性、デザインも大事ですね!
詳しくは店頭で、また今後別の記事でもご案内できたらと思っております!

レッスンや発表会にはグランドピアノが使われることも多いので、電子ピアノであってもなるべくアコースティックピアノに近いものであれば練習の成果が発揮されてより楽しくリラックスして演奏できますよ♪

お客様によって目的やご予算は様々ですので、ご希望合わせてお選びいただけるよう、店頭でご案内いたしますね!

※電子ピアノ製品の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

目次に戻る

メーカーがいろいろあって何が良いのかわからない

アコースティックピアノの場合、日本の二大ピアノメーカーと言えばヤマハカワイですね!両社製品とも世界でも非常に高く評価されており、日本人としてはとても誇らしいなぁと思います。この2社は電子ピアノのラインナップも充実しており、それぞれ自社アコースティックピアノの音源が使用されています。ヤマハは鍵盤楽器以外にも様々な種類の楽器を製造している総合楽器メーカーですね。他もたくさんの有名な海外メーカーがあります。

電子ピアノを製造している国内メーカーはヤマハとカワイの他、ローランドカシオコルグという3社があります。

ローランドは電子楽器のメーカーで、電子ピアノ製造の歴史も実は一番長いんです。シンセサイザーや電子ドラムもとても人気があり、当店でもたくさんの商品を展示・販売しております!
コルグもシンセサイザーやミキサーなども製造している電子楽器メーカーで、電子ピアノはコンパクトなタイプの低価格帯のモデルをメインに製造されています。
カシオは時計に代表されるように精密機械のイメージが強いかと思いますが、電子ピアノもとても人気があり、お求めやすい低価格帯のものや、上位機種では電子ピアノにグランドピアノの鍵盤アクションを搭載されたハイブリッドピアノも作っています!

各社それぞれ音の特徴や、価格帯によって音源や鍵盤、スピーカー、操作面での特徴や違いがありますので、ぜひ店頭で触っていただきながら実感してみて下さい!スタッフが詳しくご案内いたします♪

※電子ピアノ製品の詳細につきましてはこちらをご覧ください。

目次に戻る

ピアノを学ぶメリットは?

数々の習い事の中から選ばれたピアノ。せっかく楽器を買って、毎月の月謝を払いながらがんばってもらうのだから、「ピアノが弾ける」以外にもなにかメリットってないのかな?という希望が頭をよぎるお父さま・お母さまもいらっしゃるのではないでしょうか?私は思います(笑)スポーツ系や芸術系、勉強系、なんでもそうだと思いますが、持久力や忍耐力がつく、足が早くなる、瞬発力、礼儀、協調性、集中力、お行儀、メンタルが強くなる、などなど・・。考え出すとついたくさん出てきて欲張っちゃいますよね~

安心してください。ピアノの場合も良いことはたくさんあります!
例えば、ピアノは全ての音楽の基礎になるので今後どんな楽器でも始めやすくなります!楽譜を読む力、音感、リズム感、表現力、音楽的知識、そのすべてが身につくので、他の楽器を演奏する時もとっても役に立ちます。私が吹奏楽を始めた時もピアノの経験のおかけですぐに曲を吹けるようになりましたし、ジャンルの違うギターもそれほど違和感なく始めることができました。
(余談ですが、幼い頃ピアノをすぐにやめてしまった私の兄が成長して音楽が好きになったとき、「もっと真面目に練習していればよかった…」と後悔していたことは今でも印象に残っています。笑)

また、ピアノは「1人オーケストラ」なんて言われるように、一人ですべての音域をカバーし、どう表現するかを考えながら両手の指と足をバラバラに動かして演奏する楽器なので、1曲弾き切るためには脳の神経をフルに使います。つまりめちゃめちゃ脳のトレーニングになるのです!(私の個人的な考えですが!)
ものすごいスピードで発達していく柔らかいお子様の脳の成長に、とってもいい刺激を与えることができるんじゃないかなと思います。例え大きくなって音楽の道に進まなかったとしても、ピアノで身に付けた力はきっといろんなところで役に立つこと間違いなしです!

もう一つ、これは完全に個人的な経験談になるのですが、高校・大学受験の時もレッスンを続けました。(少しゆるめの指導にはしてもらいましたが。笑)ピアノの練習では勉強とはまた違った頭の使い方をするので、おかげで頭がすっきりしてとてもいい気分転換になったなぁと感じました。

他にも挙げだしたらいろいろと出てきそうですが、そんなわけでピアノを弾くことはメリットだらけなのです♪

目次に戻る

ぜひ、お子様に長く楽しんでいただけるピアノ選びを

お子様のやりたい気持ちを応援してあげられるのって、とっても素敵なことだと思います。お父様・お母様、そしてお子様が毎日楽しめるような最高のピアノ選びをお手伝いさせていただきますので、どうぞお気軽にご来店ください!

私たちがお手伝いさせていただきます。浅井・東田

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器オリジナル電子ピアノ

「ピアノ・キーボード」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 名古屋パルコ店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 2021年最新版【パパ・ママ必見!】ゼロから始めるピアノ選び