1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール長久手店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. はじめてさんのためのウクレレ選び方・持ち方ガイド

はじめてさんのためのウクレレ選び方・持ち方ガイド

♪外出をお控えいただいているお客様へ♪
 
当店では、現在除菌・消毒などを施し最善を尽くしております。
ご来店いただかなくても、お電話でのご相談(商品のご説明)も承っております。
担当堀越までお電話いただければ、折り返しおかけ直しさせていただき、お電話口でご説明させていただきます。

また、お家での決済も可能です。お支払い方法につきましてはコチラをご覧くださいませ。

みなさまのご相談お待ちしております♪

電話をかける

混雑状況のご案内

ゆったりとお買い物するなら、比較的空いている午前中か夕方以降がオススメです♪

:混雑しやすい
▲:やや混雑しやすい
△:比較的空いている
○:空いている
◎:かなり空いている
混み具合の時間帯目安表
午前 12-14時 14-16時 16-18時 18-20時 20-21時
平日

ウクレレのことなら島村楽器イオンモール長久手店へ!

アロハ~~!!こんにちは!ウクレレに関する情報をお届けします!どうぞよろしくお願いします。

ウクレレとは?ウクレレの選び方は?そんな疑問を解消しましょう!

メニュー

ウクレレ選び方ガイド はじめてさんはこちらへ!
ウクレレ教室 水曜日開講 オーダーメイドレッスンでうまくなる!体験レッスン受付中

はじめてさんの為のウクレレ選び方ガイド

ウクレレは、数千円で買えるお求めやすいものから何十万もする最高級のものまで種類も値段もさまざま。長久手店の店頭にもたくさんの種類のウクレレが並んでいますが、ポイントを押さえるとぐっと選びやすくなります。
一番は実際に抱えて音を鳴らしてみること。是非お店で試してみてください!

そもそもウクレレってどんな楽器?
ウクレレはハワイ発祥の楽器。19世紀後半頃、
ハワイにポルトガルからブラギーニャという
4弦のギターによく似た楽器が伝わってきました。
このブラギーニャにハワイの人々が改良を重ね、
ハワイ特産の木「コア」で作り始めたのが
ウクレレのはじまりです。
ウクレレ(ukulele)とはハワイ語で「飛び跳ねる(lele)ノミ(´uku)」という意味。名前の由来は諸説あり、当時の人気演奏者の愛称からとも、
演奏する指の素早い動きからともいわれています。
ウクレレを選ぶときにおさえておきたいポイント

では順番に見ていきましょう!

ウクレレの選び方ガイドTOPへ戻る
ページトップへ教室のご案内お問合せ

種類(大きさ)で選ぶ-ウクレレ選び方ガイド

突然ですがこの写真の三つのウクレレ、大きさが違って見えませんか?
これ、遠近感でこう見ているわけではなく、奥に行くにつれて一回りずつ大きくなっています。ポロロ~ンと鳴らすとどれも「ソ・ド・ミ・ラ~」と鳴ってくれますが、同じメーカー、素材でも大きさが違うと音色と弾き心地が変わってくるのです!

身長差のあるスタッフで大きさを比較してみました!

ソプラノ - はじめての方におすすめ!

155㎝のスタッフ↑

170㎝のスタッフ↑

最もポピュラーなサイズで、ウクレレらしい軽快でコロコロとした可愛らしい音色が特徴です。サイズが小さい分、弦も短いので歯切れの良い音が鳴ってくれます。弾き語りやアンサンブルで伴奏を担当することが多いです。

コンサート(アルト) - はじめての方におすすめ!

155㎝のスタッフ↑

170㎝のスタッフ↑

ソプラノよりも一回り大きくなり、よりサウンドに深みが増し音伸びがよくなります。アンサンブルでメロディーを担当したり、ソロウクレレをしてみたいという方におすすめです。また、ソプラノサイズよりもネックが長くなるので、弾きやすさからこのサイズから始める方も少なくありません。

テナー

155㎝のスタッフ↑

170㎝のスタッフ↑

コンサートよりもさらに一回り大きいウクレレ。実は本場ハワイではこのサイズが定番で、多くのプロ奏者が愛用しています。より奥行きのある音色になるので表現力豊かに演奏できます。大きい分弦のテンション(引っ張る力)が強いので、2本目のウクレレやギター等他の弦楽器のご経験がある方におすすめです。

バリトン

写真はございませんが、実はテナーよりももう1サイズ大きな「バリトン」というウクレレもあります。
他のウクレレの基本の音は4弦から順に「G・C・E・A(ソ・ド・ミ・ラ)」ですが、このサイズのみ「E・A・D・G(ミ・ラ・レ・ソ)」で音合わせをします。ベースやギター(の低い方の弦)と同じチューニングなのでもう小さなギターといった印象です。
太くて大きな音が出るので、アンサンブルで合わせるときは主に低音部を担当することが多いです。

ドレミとアルファベット
ウクレレをはじめギターやベースなどの弦楽器では、ドレミを表すときにアルファベットを用いることが多いです。
「ドレミファソラシド」は「CDEFGABC」と表記します。
音合わせに用いるチューナーやコード(和音)ネームもアルファベットで表記される場合が多いので、
この表記で慣れておくのがおすすめです。

音色で選ぶ-ウクレレ選び方ガイド

ウクレレを選ぶ決め手で一番多いのは「音色」。せっかく弾くならお気に入りの音色で演奏したいですよね!
サイズやメーカーでも音色は異なってきますが、いちばんくウクレレの音色に影響しているのがズバリ「木材」。
では木材にどのような種類・特長があるのか見てみましょう!

ハワイアンコア

ウクレレという楽器は、ハワイに伝わってきたギターのような楽器をハワイに生えているとある木で作り始めたことからはじまりました。
その「ハワイの木」というのが、「コア」という木です。この木、マメ科アカシアの一種で、ハワイ諸島の固有種なのですが、ハワイ産以外のアカシアも「コア」と呼ばれるようになった為「ハワイアンコア」と呼んで区別しています。
歯切れがよく、明るく軽快な「ウクレレらしい」音色です。本場ハワイでは家具などにも使用されていますが、現在は厳しい規制があり、非常に希少な木材です。

アカシアコア

ハワイアンコアが「ハワイ諸島のアカシア(の固有種)」なのに対して、アカシアコアは「ハワイ諸島以外のアカシア」を指します。特長としてはハワイアンコアもアカシアコアもアカシアの樹であることは間違いがないので、歯切れが良く、明るく軽快という音の特徴は共通です。

マホガニー

ギター等で使用されることが多い木材です。木質は柔らかく、音も温かみがあり伸びのある音色が特徴です。本来の「マホガニー」と呼ばれる樹はワシントン条約の元厳しく管理されている希少種で高価なのですが、特長が近い代替材を「マホガニー」と呼称している場合もあります。こちらは非常にコストパフォーマンスが高く、低コストでハイスペックをご希望される方にもおすすめです。

その他

マンゴー、オヴァンコール、スプルース、桜(!)など…上記以外にも素材は様々。
木材によって見た目も音も全く変わっていくのが奥深い所です。是非、色々な木材のウクレレをお試しください!

ウクレレの個体差
ウクレレは木で作られている楽器です。
それ故にどんな価格帯のどんなウクレレでも
1本1本に見た目や音色の個性が存在します。
是非、一度手に取り、
音色を確かめていただくことをお勧めします!

「弾き方がわからない……」という方でも
スタッフより弾き方を
ご案内しますのでお気軽にお申しつけください!

▲ウクレレの選び方ガイドトップへ戻る
ページトップへ教室のご案内お問合せ|

ウクレレの正しい持ち方

ウクレレは持ち方が大切!
間違った持ち方だと安定せず弾きづらくなってしまいます…

それでは実際に手に取って持ってみましょう!

①小さく前ならえをする
この時に脇はしっかり締めます

②ウクレレを自分と向かい合わせ、ボディに一番近い部分の所のネックを優しく握る

後ろ↑

正面↑

③ウクレレの正面が外側を向くようにウクレレと共に前ならえをする

後ろ↑

正面↑

④そのままの状態を保ちながら左手を広げ、左手の親指と人差し指の間にやさしく乗せる

後ろ↑

正面↑

⑤脇をしっかり締め、両手でウクレレから手を放し前ならえをしてウクレレが安定する位置を探す

これでウクレレを弾く前の準備は完璧です!
弾く位置は最初にウクレレを持ったところで弾いてください。その調度真ん中で一番きれいに音が鳴ります。

さあ!弾きましょう!

▲ページトップへ
ウクレレ選び方ガイド教室のご案内お問合せ|

ウクレレ教室のご案内

島村楽器長久手店では、ウクレレ教室を開講しております。
曜日時間固定の予定の立てやすいレッスンシステムで、あなたのウクレレライフをサポート致します!
はじめての方も、もっと上達したい方も、講師がおひとりおひとりに合ったカリキュラムを作成致します。
始めてみたいけど、どんな先生かな…続けられるかな…通えるかな…そんな不安も無料の体験レッスンを受けていただければ解消できます!是非お問い合わせください。

講師紹介(ウクレレ・エレキベース講師)

谷井 直人(たにい なおと)

高校生でエレキベースを始め、大学を卒業したころからジャズに興味を持ちウッドベースも弾き始める。現在はtrio de monochrome、楽団四器、天野雅康クインテットを始めさまざまなバンドでの演奏やイベント出演、レコーディングを行う。最も得意なジャンルはジャズ。

ウクレレではハワイアンのイベントやパーティーでの演奏経験があり、歌謡曲・ジブリ・ディズニー・ジャズ・ハワイアン等、数多くのレパートリーがある。

開講曜日 水曜日

レッスン形態・月謝(料金全て税込)

入会金 個人/¥11,000
グループ・ペア/¥5,500
初級 中級 上級
個人 ¥7,700~ ¥8,800~ ¥11,000~
グループ・ペア ¥6,600~ ¥7,700~ ¥9,900~

※個人・グループ共に年間40回コースと年間24回コースがございます。

  • 別途運営管理費としてお一人月々¥1,650が加算されます。
  • 2名までのグループレッスンは1レッスン30分のペアレッスンとなります。

秋のご入会キャンペーン

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

▲ページトップへ
ウクレレ選び方ガイド教室のご案内お問合せ

お問合せ

お試ししたい楽器、購入ご検討の楽器がございましたら、試奏・選定承ります。
遠方にお住まいの方でも全国に100店舗以上あるお近くの島村楽器でお試しが可能です。
是非お気軽にお問い合わせください!
※在庫状況によりご希望の楽器をご用意できない場合もございます。あらかじめご了承下さい。

店舗名 イオンモール長久手店
営業時間 10:00-21:00
電話番号 0561-64-5320
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール長久手店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. はじめてさんのためのウクレレ選び方・持ち方ガイド