1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール宮崎店
  4. アンプ・エフェクター
  5. 【話題の新商品】「BOSS GT-1000」のご紹介!!【お試しできます】

【話題の新商品】「BOSS GT-1000」のご紹介!!【お試しできます】

メーカー 型式 販売価格 コメント
BOSS GT-1000 ¥108,000 96kHz/32bit float と業界最高クラスの超高音質を実現。
最新のAIRDによりあらゆる接続環境で自室で作成した
サウンドを持ち出せます。操作性&可搬性も良好で
移動も苦になりません。
  • 妥協のない音質と表現力を徹底的に追求して生まれたフロア型ギター・アンプ/エフェクト・ユニットの最高峰モデル
  • サンプリング・レート 96kHz、AD/DA変換32bit、内部演算 32bit float(浮動小数点)処理という業界最高クラスの超高音質を実現
  • 楽器専用に新しく設計された次世代の BOSS カスタム DSP エンジンを搭載
  • 最新の AIRD (Augmented Impulse Resonance Dynamics) テクノロジーにより、Tube Logic コンセプトをフロア型ユニットで体現、あらゆる接続環境で意図した通りのサウンド・デザインが可能
  • アンプ全体の複雑な相互作用によって生まれる極上のサウンドとレスポンスを備えた、表現力豊かな AIRD アンプを多数搭載
  • 最先端の MDP エフェクトや、DD-500 Digital Delay、MD-500 Modulation、RV-500 Reverb から移植された高度なアルゴリズムによるエフェクトをはじめ、ハイ・クオリティな BOSS エフェクトを多数搭載
  • アンプとエフェクトの直列/並列接続を多彩なルーティングで組み合わせられるエフェクト・チェイン機能
  • 超高速化された音色切り替えと、 ディレイ/リバーブのキャリーオーバー機能を搭載
  • STOMPBOX 機能により複数のパッチでセッティングを共有し、コンパクト・ペダルを接続している時のように簡単なセッティング変更が可能
  • 視認性の高い大型ディスプレイと、 自由に機能割り当てができるつまみを6つ搭載し直感的な操作が可能
  • 割り当てる機能と LED カラーを自由に変更可能な 10 個のフットスイッチとエクスプレッション・ペダルを装備
  • 2つの表示モードを搭載しモノ/ポリフォニックの両方に対応した高精度チューナー 標準端子のステレオ MAIN OUTPUT と、 XLR 端子のステレオ SUB OUTPUT に加え、ステレオ 1 系統/モノラル 2 系統で使用可能なエフェクト・ループを装備
  • フットスイッチ、 エクスプレッション ・ ペダル、 MIDI、 USB による多彩な外部コントロールが可能
  • Bluetooth®機能を内蔵し iOS/Android に対応した専用エディターからワイヤレスでパッチの編集/管理が可能
  • DAW への録音や PC からの音色エディットを可能にする USB オーディオ/MIDI インターフェイス機能を搭載
  • サードパーティのIRデータ(44.1/48/96kHz,16/24 bit)の読み込みにも対応します。

商品説明

外観&仕様など

BOSS GT-1000 税込み 108,000円 お問い合わせは島村楽器 イオンモール宮崎店まで

BOSS GT-1000 サイズと入出力関係

入出力関係をみれば「GT-1000」は、旧「GT-100」と比較して、センドリ+1、CTL+1、SUBOUT+1と入出力が増えているのですが、それをコンパクトな筐体にうまくまとめています。(AUX IN は廃止されています)BOSSの伝統的なフットスイッチから汎用的なスイッチに変わったことで、見た目が BOSS っぽくない新鮮な印象を感じますね。

BOSS GT-1000 のフットスイッチは、BOSS マルチの系譜から離れて、サイズ&耐久性&応答性など新たに再設計されたものです。

「GT-1000」の写真だけを見たら分かりにくいのですが、同じようなコンセクトを持つ他社のフラッグシップ機(Line6/Helix Floor、HeadRush Pedalboard)と比較しても、コンパクトにまとまっています。
Helix Floor、HeadRush ともフットスイッチが各段6ヶと「GT-1000」よりも一つ多い上に、Helix Floorの場合、センドリが4系統ですから、決して意味もなく巨大な訳ではないのですが、「GT-1000」の大きさに魅力を感じられる方も多いかと思います。

BOSS GT-1000 と各社フラッグシップモデルのサイズ比較

重量に関してはもっと顕著にその差がみられます。本体のみを当店で販売している E.D.GEAR のエフェクターケースに収めて移動を考える場合、ゲースの大きさの差による重量差が広がり、「GT-1000」では、総重量が6.2kg程度,Helix Floor では10.2kg程度となります。ギターと一緒にエフェクターボードも移動される方には、「GT-1000」の軽さはとても魅力だと思います。

BOSS GT-1000 と各社フラッグシップモデルの重量比較

最先端技術 AIRD(Augmented Impulse Resonance Dynamics)を採用

AIRD(Augmented Impulse Resonance Dynamics) ロゴ

BOSS GT シリーズの最初の機種である「GT-5」から2016年に発売され、大ヒット商品となった「GT-1」まで、BOSSのモデリング技術にはCOSM(Composite Object Sound Modeling)技術が使われてきました。
COSM技術は年々進化しており、2012年に発売された「GT-100」では、最新のCOSM技術によるオリジナルアンプ「ADVANCED AMP」8種により、実在するアンプでは実現できない新しいアンプサウンドとピッキングニュアンスを捉えた表現力で、新時代におけるアンシミュの登場を強く印象づけました。
今回発売される「GT-1000」では、お馴染みのCOSM技術ではなく、Roland/BOSSブランドでお馴染みのBlues Cube、WAZAAmp、KATANA などのアンプ設計のベースとなっている Tube Logic コンセプトを取り入れた最先端技術 AIRD(Augmented Impulse ResponseDynamics)が採用されています。

GT-1000 の AIRD は、アンプの INPUT/FX RETURN、PA卓などあらゆる接続先に対して最良のサウンドを生み出します。

単体アンプ製品では、音の入り口からキャビネットからの出音まで設計者が各コンポーネントの相互干渉まで考慮し、最高のバランスを生むアンプを提供できますが、BOSS GTシリーズのようなハードアンシミュの場合、接続先がアンプのINPUT/FX RETURN、またはPAミキサーでそれぞれの特性が接続先の各メーカー,機種毎に異なる場合、その全体的なバランスをとるのが非常に困難になります。アンシミュを日常的に使われてる方なら、「自宅で時間をかけてエディットした最高のギターサウンド」が出先のアンプ/PA卓に接続したら意図通りの音にならない経験をされたことも多いかと思います。
BOSS の革新的な最先端技術 AIRD では、このような問題を解決し、あらゆる接続先に対し最良のサウンドを生み出すような工夫が盛り込まれています。

GT-1000 の内蔵エフェクト

「GT-1000」に内蔵されているエフェクトは、116種類と膨大です。「GT-1000」の内蔵エフェクトはBOSSの伝統的なアナログコンパクトエフェクターや他社の著名な名機、BOSS の MDP技術を使ったデジタルエフェクター、ハイエンドエフェクターとして人気の高いDD/RV/MD-500シリーズなどフラッグシップ機にふさわしい充実ぶりです。
エフェクトチェーンに配置できるエフェクターは最大23種まで同時に使用できます。BOSSのマルチをご存じの方には説明不要なのですが、それぞれのブロックには下表に示したエフェクターを割り当てできます。

「GT-1000」の内蔵エフェクト一覧表

  • *1: SEND/RETURN をステレオリンクとして使用する場合、ステレオ信号での SEND/RETURN が可能になりますが、使用できるブロック数は2から1に制限されます。
  • *2: LOOPER は、ループ音量のみ設定可能です。
  • *3:後述する「GT-1000」の出力設定により設定パラメータが異なります。ユーザーが読み込ませたサードパーティのIRデータもここで選択できます。
  • *4:音量,BPM,キーなどパッチ全体の共通設定を行います。チェーン上で移動することはできません。

例えば、COMPRESSOR は個数1ヶなので、エフェクトチェーンに1ヶのみ配置できます。対してDISTORTIONは、個数2ヶでエフェクトチェーン上に2ヶまで配置できます。COMPRESSOR のタイプ数は、5種で BOSS CS-1,CP-1X,MXR DynaComp,ORANGE SQUEEZER,STEREO COMP から選ぶことができます。DISTORTIONは、24種のモデリングから選ぶことができます。

DIVIDER と MIXER

「BOSS GT-1000」DIVIDER と MIXER

「GT-1000」では、エフェクトやプリアンプの並列接続を行うため、3つのDIVIDER/MIXERをチェーン上に配置できます。シグナルチェーンを分岐するDIVIDERは、分岐先となるA,Bをフットスイッチにより切り替えたり、単なるパラアウトとしてA,B両方にシグナルを送ることも可能です。さらに、ピッキングの強弱や、設定周波数に対するシグナル周波数の上下よりA,Bへの分岐を自動的に行うことも可能です。
シグナルチェーンの合流を行うMIXERは、2つの信号をステレオミックスしたり、ぞれぞれの信号をL,Rに振り分けたり、片側の信号のみに若干の遅延を与えて音の広がりを生み出すことができます。

FX1~FX3

「BOSS GT-1000」FX1~FX3

BOSS のマルチをご存じの方には説明不要な項目ですが、上記「内蔵エフェクター」の一覧表には「FX」という名のエフェクトをエフェクトチェーン上に3つまで配置できると示しました。この「FX」には様々なエフェクターを割り当てることができる特殊なエフェクターです。例えば、この一覧表を見る限り COMPRESSOR をエフェクトチェーン上で1ヶまでしか使えませんが、FX1~FX3までのどれか一つのFXを COMPRESSOR にすることで、シグナルチェーン上の COMPRESSOR を2ヶにすることができます。
また、上記「内蔵エフェクター」の一覧表では FLANGER や PHASER がありませんが、FX をうまく活用することで FX を FLANGER,PHASER として使用することができます。

「BOSS GT-1000」の「FX」に割り当て可能なエフェクター一覧表

  • カッコ内の数字は、シミュレートしているモデル数を示します。カッコ表示のないものは全て1となります。

前述の通り「FX」には、独立して存在する COMPRESSOR,CHORUS と重複するエフェクターを割り当てることができますが、FX に割り当てる CHORUS と独立した CHORUS では、モデリングできるコーラスの種別に差があるので使用する時には注意が必要です。
例えば、FX-CHORUSでのみ 名機 "BOSS CE-1" のモデリングコーラスが使えるなどの差があります。

AIRD OUTPUT SELECT 機能

「GT-1000」では、AIRD技術により接続する機器に合わせて最良のサウンドを得ることができます。ご自宅でお気に入りのマイアンプと「GT-1000」でじっくり音作りが行える方、そしてそのセットを演奏先に持ち出せる方はこの項を読み飛ばして頂いて結構です。
そうでない方は、まず自室でフラットなモニター環境やモニターヘッドホンを使って、納得できるまで音作りを行いましょう。「GT-1000」には、MAIN / SUB の2系統の出力に別々の出力設定を行うことができるので、PA卓向けのフラットな出力,ステージ上のギターアンプ向けの出力設定を行うことができます。演奏先に「GT-1000」を持ち込んだら使用するギターアンプに合わせて以下の選択肢の中から接続設定を選びましょう。

AIRD OUTPUT SELECT で選択できる接続先アンプ一覧表

  • 表中記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。
  • 特に記載がない場合、"AIRD OUTPUT SELECT" には、アンプの INPUT,FX RETURN に接続する2パターンがご用意されています。
  • 表中、青字で示した機種は、2018年7月15日現在、「AIRD Output Select Library」で提供されるデータで、別途ダウンロードと本体への読み込みが必要になります
  • *5:当該アンプでは、FX RETURN への接続を行ってください。
  • *6:当該アンプでは、INPUT への接続を行ってください。

直感的に操作できるユーザー・インターフェイス

「GT-1000」は、大型ディスプレイと6つのつまみにより、マニュアルに頼ることなく直感的に操作できます。各ボタンの応答も早いので、手早く目的とするパラメーターを操作することができます。ディスプレイは4通りの表示が可能で、足下に置いたときの視認性にも考慮されたシンプルで分かり易い表示になっています。パッチ番号やパッチ名、エフェクト・チェイン、各ペダルのアサイン内容など、シチュエーションによって最適な表示に切り替えることができます。

6つのつまみに割り当てる機能は自由なカスタマイズが可能なため、特定のパラメーターに素早くアクセスして、演奏中の急なセッティング変更にもスムーズに対応することができます。

さらに、「GT-1000」には、内蔵エフェクトのパラメーター設定を "STOMPBOX" として保存し、他のパッチからも参照して、共通設定として保持できる機能が備わっています。"STOMPBOX" のパラメーターを変更すると、その "STOMPBOX" を参照している全パッチに変更が反映されるため、シチュエーションに応じてエフェクトを微調整する必要がある場合でも、ひとつひとつのパッチを調整していく必要がなくなります。 スイッチャ―に接続したコンパクト・ペダルのつまみを回すような感覚で、直感的かつ効率的な音色調整が可能です。

パフォーマンスの幅を広げるリアルタイム・コントロール機能

「GT-1000」に搭載された10個のフットスイッチとエクスプレッション・ペダルを駆使することにより、演奏中でも様々な機能をリアルタイムにコントロールできます。また外部のフットスイッチやエクスプレッション・ペダルの増設や、MIDI、USBを経由して、さらに多彩なコントロールも可能です。
各フットスイッチの機能は自由にカスタマイズ可能で、パッチの切り替えとコントロール機能を割り当てる、といった基本セッティングだけでなく、特定のエフェクトのON/OFFやタップ・テンポ、特定のパラメーターの変更やシステム・セッティングの変更など、ほぼ全ての機能を好きなように割り当てて自分に最適なシステムを構築することが可能です。

各機能の割り当ては大型LCDに表示されたテーブルと6つのつまみでグラフィカルに設定できます。また、各フットスイッチ上部のLEDの点灯カラーも変更できるため、複雑な機能割り当てを色で識別することができます。

USB オーディオ/MIDI と、ワイヤレスでの編集を実現するBluetooth®

「GT-1000」本体パネル上のユーザー・インターフェイスは非常に直感的で分かりやすいものですが、スマートフォンやタブレットを使うとさらに簡単にエディットすることが可能です。「GT-1000」はプロフェッショナル・クラスのフロア型ユニットとしては初めてBluetooth®機能を搭載しており、iOS/Androidに対応した専用エディター・アプリ、"BOSS Tone Studio" からワイヤレスで音色を編集/管理することができます。
自宅やスタジオ、ステージで「GT-1000」をエディットする時など、わざわざかがんで本体上のつまみを操作しなくても、手元のデバイスから快適な操作が可能です。内蔵ルーパーでフレーズをループさせながらステージを降り、観客の位置からサウンドを確認しながらその場で調整するといった使い方もできます。

  • ダウンロードサイト、"BOSS TONE CENTRAL" から、パッチを本体にダウンロードできます。
  • パッチの設定を編集できます。
  • パッチにパッチ名を付けることができます。
  • パッチの順番を並べ替えたり、入れ替えたりすることができます。
  • パッチと本体の設定をバックアップしたり、バックアップした設定に戻したりすることができます。
  • 「GT-1000パラメーター・ガイド」(PDF) を表示することが できます。

また、「GT-1000」には、USBオーディオ/MIDIインターフェイス機能が装備されているので、DAWへの録音やリアンプが簡単に行えます。"OUTPUT SELECT" を "RECORDING" にした時は、様々なスピーカー・タイプを選択でき、さらに、専用ソフト "GT-1000 IR Loader" を介し、サードパーティから提供されるWAV形式のIRデータを取り込むこともできます。
USBを使用すれば、Mac/Windows に対応した専用PCエディターを使い、よりグラフィカルなサウンド編集/管理が可能です。
DAW 使用時には、「GT-1000」をオーディオインターフェースとして使用でき、MAIN/SUBへ出力されるエフェクト音,エフェクトチェーン入力段のDRY音の録音ができ、DAW からの出力をMAIN/SUB出力前にMIXすることも、エフェクト入力段に返すことも可能です。これにより、DAWにDRY音とエフェクト掛け録り音を仮歌段階でレコーディングしておき、ミックスダウン直前に納得できるまでDRY音から音作りをやり直す、いわゆるリアンプも簡単に行うことができます。

お問い合わせ

今回は発売以来品薄状態が続いている「BOSS GT-1000」をご紹介しました。
同じようなコンセプトを持つ他社のマルチと比較しても、一目見て気づく小型で軽量なボディは非常に魅力的で、スタジオ練習やライブへの機材運搬への負荷を大きく軽減してくれます。
大型のLCDは視認性も高く、多くの情報を表示してくれるので「これは何のツマミなのか?」と悩むことなく直感的に操作できます。
全てのエフェクトがチェーン上に表示されておりして、それぞれのON/OFFを決めることでハイライト/グレー化されるのでその区別はできるのですが、OFFとなるエフェクターの表示を消すことはできません。最初は戸惑ったのですが、まるで床に手持ちのボスコン全てをぶちまけて、必要なものを選んでエフェクトチェーン上に並べていくような感覚は、これはこれで楽しいなと感じます。
音質的には、さすが最新の AIRD アンプの出来はすばらしく、密度の高い空間系エフェクターとの組み合わせで音作りに没頭できます。ホントにとても楽しいですよ。

島村楽器 イオンモール宮崎店では、この「BOSS GT-1000」を展示中です。もちろんお試しもできますのでお気軽にお申し付けください。 また当店では、多数のマルチエフェクターを取り扱っております。用途・ご予算などに応じて最適なシステムを専門性の高いスタッフがご紹介いたします。
みなさまのご来店をスタッフ一同 心よりお待ちしております。

〒880-0834
宮崎県宮崎市新別府町江口862-1
イオンモール宮崎ショッピングセンター2F
TEL:0985-61-7760

店舗名 電話番号 担当
島村楽器
イオンモール宮崎店
0985-61-7760 時枝

島村楽器の分割払い、無金利キャンペーン!!

島村楽器のクレジット無金利「夏の応援キャンペーン」 9月30日(日)まで

こちらは、クレジットカードを使わない分割払いでの無金利キャンペーンです!!。 当社指定の信販会社でのWebショッピングクレジット申し込みが対象となります。詳しくは店頭にてお問合せ下さいませ!!

キャンペーン 島村楽器のクレジット無金利
夏の応援キャンペーン!!
期間 ~2018年9月30日(日)
内容 期間中、対象ブランドのギターやベース、ドラムなどが、
分割払手数料¥0にてクレジットのお申し込みが可能な
キャンペーンです!!
その他 期間中、お申し込み金額30,000円(税込)以上で、
月々のお支払い金額が5,000円(税込)以上になる場合に
最長36回までご利用いただけます。
  • 対象商品: 店内全商品、及びお取り寄せ品、オーダー品など。
  • お支払い回数: 3回~36回 クレジットお申込みのブランド、金額によって最高分割回数が異なります。
  • クレジットカード不要のショッピングクレジット申し込みとなります。
  • 満18歳以上( 高校生除く) でしたらどなた様もお申込み可能です。
  • 未成年の方は親権者の同意が必要となります。
  • 審査結果によってはご希望にそえない場合があります。
  • その他のショッピングクレジットキャンペーンとの併用はできません。

お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。

  • 現金
  • クレジットカード
  • ショッピングクレジット
  • デビットカード

※ 各お支払方法の併用も可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「アンプ・エフェクター」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオンモール宮崎店
  4. アンプ・エフェクター
  5. 【話題の新商品】「BOSS GT-1000」のご紹介!!【お試しできます】