【名機復活】Boss RE-2、RE-202発売決定!

ミーナ町田店

ミーナ町田店店舗記事一覧

2022年03月25日

皆さんこんにちは。ミーナ町田店エレキギター担当の石田です。

4月23日(土)に発売が決定したBossのテープエコーシミュレーター RE-2、RE-202のデモ機をお借りしました。

簡単なレビューと予約受付のご案内をいたします。

Boss Space EchoRE-2

Boss Space EchoRE-2

Space Echoの魅力を凝縮したコンパクト・ペダル
RE-2は、かつてないレベルでSpace Echoを再現したコンパクト・ペダルです。オリジナルを知り尽くしたBOSSが、サウンドと挙動まで再現したRE-2には、ミュージシャンが心地よいと感じるSpace Echoの魅力が凝縮されています。

¥27500税込

本体上部にはCARRYOVER機能の切り替えスイッチを搭載。 本体上部にはCARRYOVER機能の切り替えスイッチを搭載。

所謂コンパクトサイズのテープエコー代替機として活躍することが予想される本モデル。従来のBossコンのサイズに2連POTが3つ、モード切替のロータリースイッチが凝縮されており、スペースが限られるエフェクトボード上でも多彩なサウンドが楽しめます。strymonのel capistanとの競合が予想され、より小さいサイズでシンプルな操作がRE-2の魅力です。

通常はフットスイッチの長押しでタップテンポモード入力が可能に。フットスイッチを押しながら電源を投入し、ECHOツマミを回しきることでTWISTモードにも切り替えが可能なので過激なサウンドも楽しめます。RE-202に比べて各ツマミの効きが鋭く、分かりやすいサウンド変化が欲しい、という方はむしろこちらが向いているかもしれません。

Boss Space EchoRE-202

Boss Space EchoRE-202

現代に蘇るSpace Echo
1974年にリリースされたRoland RE-201 Space Echoは、歴代のエフェクト・ユニットにおいて、最も人気のあるモデルの1つです。約15年間 に渡り生産され、そのリズミカルで温かみのあるサウンド・キャラクターが、ギタリストやプロデューサー、マニピュレーター等、多くのミュージシャンの創造力を刺激しました。

RE-202は、かつてないレベルでSpace Echoを再現。オリジナルを知り尽くしたBOSSが、磁気テープやモーター等の構造による音色の変化、アイコニックなSPRING REVERB、楽器の魅力を引き立てるプリアンプ回路まで、改めて徹底的に探求することで完成しました。また、オリジナル・モデルの魅力を更に広げる現代的な機能も多数搭載。RE-202には、ミュージシャンが心地よいと感じるSpace Echoの魅力が全て備わっています。

¥44000税込

本体背面には各種入力端子が。EXP端子のほかにミニプラグのMIDI入出力が搭載されており、より複雑な操作にも対応可能です。 本体背面には各種入力端子が。EXP端子のほかにミニプラグのMIDI入出力が搭載されており、より複雑な操作にも対応可能です。

RE-202では入力をギター/LINEで切り替え可能。よりアウトボードでの使用がしやすくなっています。ウエット音にかかるSATURATIONコントロールも絶妙な効き具合。まさに通好みのモデルとして仕上がっています。TAPE AGEはNEW/AGEDの2択ですが、ここはそこまで細かい調整は必要ないという判断でしょうか。4つのヘッドによる12種類のエコーサウンドに加え、5種類のリバーブも搭載している為(しかもEQ付き)、空間系としては1台で完結できるクオリティ。4つまで(MIDIでは127)メモリーが保存できるため、ライブパフォーマンスでも安心です。

標準でフットスイッチの長押しによりWARP/TWISTが使用できるため、シューゲイザー、アンビエント系の使用もバッチリ。

RE-2は「テープエコーシミュレーター」としてはウエット音がクリア過ぎて好みが分かれそうな感触がありましたが、RE-202はSATURATIONやTAPE AGEの選択、リバーブのEQにより好みのサウンドに追い込むことも可能なので、やはりこだわり派にはRE-202が軍配が上がるでしょうか。サイズ、シンプル操作でRE-2、より細かく操作したい方はRE-202という、このタイミングで2機種を投入してきたBOSSの意図がうかがえます。

本商品は4月23日(土)発売予定です。まだ入荷予定数が未確定のため初回で納品できるかお約束できませんが、ご予約ご希望の方は商品詳細よりリンクしているデジマートよりお申し込みください。