1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 金沢フォーラス店
  4. PA・レコーディング
  5. WEB上での生放送・配信用の機材をお探しなら当店へ!インターネット配信に必要な機材をおススメを交えて一挙紹介!
キャッシュレス決済サービスのご案内

WEB上での生放送・配信用の機材をお探しなら当店へ!インターネット配信に必要な機材をおススメを交えて一挙紹介!

インターネット配信に必要なもの

インターネット配信といっても非常に様々なスタイルがあります。

PCやMacで行うのか、はたまたスマートフォンやタブレットで行うのか。

コンテンツも、商品レビュー系「~してみた系」なのか、ゲーム配信なのか、バーチャルユーチューバーと呼ばれる新コンテンツも。

配信サービス媒体もYoutubeやツイキャス、ニコニコ動画・生放送といったインターネット配信の黎明期から続く定番のものや、最近では台湾発の17Live、生放送配信者数100万人を超えるライブミー等ホントに多種多様!

そしてインターネットでの放送・配信に必要な機材も、そういったコンテンツ内容によって様々!

低価格なものからプロ用の高価なものまで本当に沢山種類があるんです!

例えば自分の顔を出して放送するのであれば『カメラ』が必要ですね!

カメラにもUSB接続するWEBカメラや動画撮影可能な一眼レフやHDMI出力可能なハンディカムを使うなど様々な方法が御座います。

WEBカメラであれば最近のパソコンや結構に搭載されていますし、スマートフォンやタブレットで配信する場合はカメラはほぼ100%付いてますので、別途購入しなくても大丈夫だったりしますが…

画質を上げるにはカメラも拘りポイントの一つですね!

他にも配信において音声をやりとりの『マイク』や『オーディオインターフェイス』なども、結構必須ですね!

また、歌ってみた動画の作成やバ美肉(なにそれ?って方はこちら)するのであれば声を加工するような『エフェクター』もあると超はかどります!

他にもカメラを2台使って、バラエティ番組でよくある『ワイプ』みたいな映像表現をするのであれば“ビデオミキサー”というアイテムなんかも有ったり!

最近良く法人のダンスやスポーツ、音楽の教室さんから『生配信でリアルタイムレッスンをしたい!』、はたまたライブハウスさんから『無観客でのライブ配信を行いたい!』といったようなお問い合わせを頂くのですが、そういった場合にはまさに上記の様にビデオミキサーを使って複数画面を合成したり切り替えたりして細かく映像を投影できるシステムが便利です!

ビデオミキサーは上記の教室系だけじゃなく商品レビューやお料理の手元と全体図を写したりといったような個人のレビュアーさんにも重宝されると思います!

その他にも「屋外で簡易的に撮影したいなー」といったシチュエーションでは上記のようなセッティングもおススメです!

必要なものは配信のスタイルによって本当に様なんですが本記事では、

『マイク』

『オーディオインターフェイス』


『エフェクター』

『配信用アクセサリー』

の4つのカテゴリーをメインに、+αであったら便利なアイテム等、当店でも売れ筋のものをご紹介させて頂きます!!


配信用アイテムその①:マイク

正直なところ昨今はテクノロジィの発達によりパソコンやスマホやタブレット1台、あれば配信なんて出来ちゃいます!

だってカメラもマイクも内部に付いてるんだもの!

…が、やはり標準搭載のものではなかなか高音質じゃないんですよね(汗)

音が小さかったり、ノイズが多かったり…視聴者(リスナー)の方はこういうところが結構敏感です!

「ボソボソしゃべってて聴こえにくいなぁ」

「ザーザーノイズが頻繁に入って聴いてて不快だな…」

と思われちゃうと、折角自分の放送・配信を見に来てくれた方も視聴をやめてすぐに退出されてしまったりします。

悲しいですね…。

人は配信動画の試聴時時において、画質の粗さは多少我慢できるけれど音質の悪さは我慢できないのです。

より多くの方に見てもらうためにも、やっぱりマイクはそれなりに拘った方が良いです!ご自身の声がしっかり収音出来るのでおすすめです!



おススメマイク①:Marantz Professional MPM-1000

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Marantz Professional MPM-1000 6,600円

アメリカのオーディオ機器ブランドMarantz Professionalが手掛ける低価格なのに高品位なコンデンサーマイク『MPM-1000』!!

ゲーム配信、ライブ配信を行っている方の中でも低価格モデルの定番となりつつあります。

6,600円という高過ぎない価格なのにそこそこしっかりとしたサウンド収音が可能!

しかも専用のショックマウントや三脚タイプのデスクトップスタンド、風防、XLRケーブルも付属しているという驚異のコストパフォーマンスを誇るモデルです!

おススメマイク②:Audio-Technica AT2035

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Audio-Technica A2035 16,280円

50年以上のキャリアを誇る日本マイクブランドの雄、オーディオテクニカ社の定番コンデンサーマイクです!

比較的お求めやすい価格、楽器、ボーカルを選ばない、フラットで引き締った量感あるサウンドは、レコーディングからライブステージ、そして配信用として広く支持されています。

低価格なモデルと比較し、ノイズも少ないのでとってもおススメです♪

おススメマイク③:Audio-Technica AT4040

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Audio-Technica AT4040 32,184円

上記のAT2035モデルの上位機種にあたる本機種。

18年以上前から今に至るまで、プロアマ問わず高い支持を得続ける逸品!

ボーカルやナレーションなどの“声”を録っても良し、楽器を録っても良し!

バランスが良く温かみがあり、どんなレコーディングテイクにもマッチします!

当店でも10年以上、コンデンサーマイク部門において売上No.1の座に輝き続ける良モデル。

もう迷ったらこのマイクで間違いなしですね!

ちなみにオーディオテクニカ社のAT20~から始まる品番のシリーズはエントリーモデル的な位置づけで海外製、こちらのようにAT40~からの品番のものは国産品となります。

おススメマイク④:ASTON-Microphones ORIGIN


メーカー 型番 通常販売価格(税込)
ASTON-Microphonesl ORIGIN 42,768円

イギリスのASTON Microphonesのコンデンサーマイク『ORIGIN』!

世界的に知られるマイクブランドsE Electronics社の元社員の方が立ち上げた新進気鋭のブランドです。

使うだけで聴こえ方が格段に向上、また“イケボ”になると界隈で話題のマイク!

その音質は勿論、スタンドに取り付けやすい、吹かれノイズを防ぐポップガードが不要など便利面も人気の秘訣です。

Perfumeさんやきゃりーぱみゅぱみゅちゃんのプロデューサーとしても有名な中田ヤスタカさんも使用されているそうで、本格的なレコーディングでも使えちゃうシロモノです!


配信用アイテムその②:オーディオインターフェイス

マイクだけではもちろん配信は出来ません、音の中継役をこなす“オーディオインターフェイス”も非常に重要です。

「オーディオインターフェイスってなに?」という疑問をお持ちの方は

https://info.shimamura.co.jp/digital/knowledge/2014/06/21591

をご覧ください。

配信においては音質は勿論のこと

マイクや全体の音量などを素早く調整できる、といったような「操作性」やリバーブなどのエフェクトや効果音をポン出しできる、といったような「機能性」が非常に重要となってきます。

また、パソコン上で再生されている音声とマイクの音を同時に視聴者に届けるためには「ループバック(ステミキ)」と呼ばれる機能を搭載したものが必要になります。

「ループバック機能ってなに?」という方は

https://dawlesson.net/technique/2016_loopback/

が参考になるかと存じます!

ここではループバック機能を搭載しているもので人気のモデルをご紹介いたします!



おススメインターフェイス①:YAMAHA AG03 / AG06

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
YAMAHA AG03 16,200円
YAMAHA AG06 19,440円

楽器業界の最大手、YAMAHA社がウェブ配信向けに開発したミキサータイプのオーディオインターフェイスAGシリーズです!

音質と操作性の両方を兼ね備えており、PC/Macでの使用は勿論、iPad(第3世代以降対応)でも使用可能です。(iPadで使用する際は別途電源ケーブルの購入・接続が必要です)

ヤマハの技術を結集したDSPを搭載しており、トークのボリュームを最適に調整できるコンプレッサー機能、歌にエコーを掛けられるリバーブなど、小さなボディから想像できないパワフルな機能が手に入ります。

ギターのアンプシミュレーターエフェクター等も搭載しており、またDAWソフトウェアCubase AIをバンドルしているので配信だけでなく、自身の楽曲制作にも使用可能です!

おススメインターフェイス②:Roland GO:MIXER

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Roland GO:MIXER 11,000円

シンプルで明快な操作性、そして小型で軽量!

スマホ・タブレットで演奏動画を録画する時に便利なミキサー機能を要した定番のオーディオインターフェース!

マイクやギター、キーボードなどの楽器や音楽プレーヤーなど、同時に5 つまで接続可能で、音量を調節するだけの手軽さで簡単に高音質で録音することが可能!

また、ボーカルパートを手軽に消去するセンターキャンセル機能を搭載、音楽プレーヤーで曲を再生しながらカラオケ感覚で歌の動画を収録出来るユニークな機能も!

iPhone(アイフォーン)のライトニング端子、Android(アンドロイド)のmicro USB 端子に対応した2 種類のケーブルを付属、電池など電源は不要で接続するだけですぐに使用可能です!

おススメインターフェイス②:Roland GO:MIXER Pro

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Roland GO:MIXER Pro 19,800円

上記のGO:MIXERの強化版で、こちらも高い人気を誇ります!

コンパクトな筐体でありながらコンデンサー・マイクやプラグイン・パワー・マイクなど6つのソースを簡単ミックスし、高音質でスマートフォンへデジタル出力できる小型ミキサーです。

また、GO:MIXERとの違いとして単4電池×4本による電池を使用すればコンデンサーマイクが使えたり、接続したスマホ・タブレットを充電しながらの使用も可能なんです!

長時間駆動が求められる配信などの用途にももってこいですね!

また、GO:MIXERには無かった『ループバック機能』も搭載しているのも必見ポイントです!

YAMAHAのAGシリーズのようなエフェクターの搭載はありませんが、操作性、コンパクトさ、音質と3拍子揃った人気モデルです!

特にスマートフォンやタブレットで配信する場合、屋外での高音質な配信、動画撮影などには物凄く重宝します

パソコンは使わず、スマホやタブレット主体で配信する方は本モデルがおススメです☆



おススメインターフェイス③:TASCAM MiNiSTUDIO PERSONAL US-32W

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
TASCAM US-32W 7,580円

放送局でも多数採用実績のある業務用オーディオ機器で知られる日本のTASCAM社が、ニコニコ動画のドワンゴとコラボして生まれたインターネット配信用のオーディオインターフェースです。(現在ドワンゴとのライセンスが満了しているため、ロゴ等の表記が無くなっております)

リーズナブルな価格なのに 歌ってみた配信に必須のリバーブエフェクトやVR CHATやバーチャルキャストにお勧めのボイスエフェクト、テレビやラジオさながらの効果音演出を可能にするPON出し機能など、配信を盛り上げるための機能を一台に凝縮した逸品です!

本体にコンデンサーマイクを内蔵し、これ1台で気軽に高品位なインターネット配信が楽しめるエントリーモデルとしては一番多機能なオーディオインターフェイスです!

また「ON AIRキー」と呼ばれる独自のボタンも搭載。

これをON/OFFすることでマイクの音声をミュート切り替え可能!実家で配信中に親や兄弟が部屋に入ってきた時などのエマージェンシーな事態が発生した際に即座に音声を遮断することが出来る便利ボタンです!(笑)

1点、本機種はスマートフォンやタブレットには対応していないので注意!

PC/MACのみで配信する人限定です。

おススメインターフェイス④:Roland GO:LIVECAST

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Roland GO:LIVECAST 27,500円

Rolandからインターネット配信に最適なNewギア『GO:LIVECAST』が登場!

2020年1月25日より発売開始!!

ツイキャス、Youtubeなど配信のメインストリームに対応した本機種、既に発売されており人気のiOS/Android用オーディオインターフェイスGO:MIXERシリーズの使いやすさはそのままに、本体に内蔵マイクを搭載、専用アプリから最大6個のに似の動画や写真、BGMやテロップを選択し配信中に使用可能、美肌フィルター、鏡面モード、縦向き・横向きの自動切換えなど、便利機能も備えるなど、より洗練されたインターネット配信を行いたい方にうってつけのツールに仕上がっています!!

専用アプリを駆使し、自身の配信、番組がよりハイクオリティになること間違いなし!!


配信用アイテムその③:USBコンデンサーマイクロフォン


近年、インターネット配信において売り上げを伸ばしているのがこの「USBコンデンサーマイクロフォン」です!

これは上記の“マイク”と“オーディオインターフェイス”を1台に凝縮したモデル!

この図のように、マイクとUSBをダイレクトに接続が出来るのでシンプルかつ省スペースに配信を行うことが出来ちゃうのです!

しかもマイクとインターフェイスを個別で購入するよりもリーズナブル!

デメリットとしては、マイク本体にボリューム調整つまみなどがある為、操作性が通常のオーディオインターフェイスと比べてやや劣る点、ループバック機能が搭載されていないためBGMなどの音と自身のマイクの音声をミックスして配信したいときは、別のアプリ等を使う必要があります。



おススメUSBコンデンサーマイク①:Marantz Professional MPM-1000U

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Marantz Professional MPM-1000U 6,980円

冒頭で紹介したMPM-1000のUSBコンデンサーマイクです。

PC/MacやiPhone、iPadにUSBケーブルで直接接続して、高音質に収録可能なUSBコンデンサーマイクロホンです。

MPM-1000とあまり価格差が無いのもうれしいところ!

しかし、MPM-1000では付属していた三脚タイプのデスクトップスタンドや風防がこちらのモデルでは付かなくなります!

また、本機種にはその他のUSBコンデンサーマイクに搭載されているヘッドフォンアウトがありません!

ここも注意が必要です!

おススメUSBコンデンサーマイク②:Audio-Technica AT2020USB+

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Audio-Technica AT2020USB+ 16,200円

50年以上のキャリアを誇る日本マイクブランドの雄、オーディオテクニカ社のUSBコンデンサーマイクです!

AT2020という宅録用の人気モデルをUSB化しており、手軽ながら高品質なサウンドが魅力的な1台です。

コチラのモデルには三脚デスクスタンドや持ち運び用のマイクポーチなども標準付属しているので、ご予算がある方なら上記のMPM-1000Uよりも音質が良くなり付属品も充実するこのモデルがおススメです☆




おススメUSBコンデンサーマイク③:SHURE MV88+ VIDEO KIT

メーカー 型番 通常販売価格(税抜)
SHURE MV88+ VIDEO KIT 28,800円

マイクブランドの超大手SHUREが世に送る、マイクを含む配信向けのツールをセットにしたパッケージがこのMV88+ VIDEO KIT!!

人気のiOS/Androidで使えるコンデンサーマイクMV88をベースにした高性能マイクロフォンに加え、Manfrotto® PIXIミニ三脚、クランプ、マウント、iOS Lightningコネクタ用ケーブルとUSB Type-Cケーブルがセットに!

スマートフォンに付けるだけで、どこでもプロフェッショナルなコンテンツを録画、録音を行うことが出来ます。

屋外での配信は勿論、楽器やボーカルなどの収音能力も非常に高いのでスマホやタブレットでの「歌ってみた」「弾いてみた」系の動画撮影にもとってもおススメ!

こんな感じでスマホをセッティングして、即!手軽に!高音質に!録音、配信が出来てしまいます。

必要なものが全部入っているで、これだけあればOK!ってところも有難いですね!

おススメUSBコンデンサーマイク④:AKAG Lyra-Y3

メーカー 型番 通常販売価格(税抜)
AKG Lyra-Y3 15,800円

長年にわたり優れたマイクロフォンをリリースし、今や音楽業界にとってなくてはならないAKGからリリースされたUSBマイクロホン『Lyra-Y3』も必見です!

こちらも面倒なセッティングがいらずPC/Mac、タブレットなどの機器をUSBケーブルで接続可能、音響機器に不慣れな方でも質の高いサウンドで収音ができるため、音楽制作はもちろん、ライブや対談の録音、動画制作でも活躍すること間違いなしです!

外観もモダンかつヴィンテージ感のあるデザインに仕上げられており、とってもオシャレです!

国内保証が3年と長いのもメリットの1つ!

更に、本体側で4 つのマイクロホンカプセルを制御することで収音モードを切り替える「Adaptive Capsule Array」技術を搭載。

ボタン1 つで音源に合ったモードに切り替えられるので、誰でも簡単に優れた音質で収音出来ちゃいます♪


配信用アイテムその④:エフェクター

特にギタリストにはおなじみの“エフェクター”、声・ボーカル用のエフェクターもエコーやリバーブといった基本的なものから、ハモリを加えたりロボットのような声に加工してくれたり、男性の声を女性の声っぽくボイスチェンジしたりと実に様々なエフェクトが存在します。

歌ってみた系の動画においては勿論のこと、ライブ配信においてもこういったエフェクターを活用すればより楽しく印象的な放送になること間違いなしです!



おススメエフェクター①:Roland VT-4

メーカー 品番 販売価格(税込)
Roland VT-4 ¥25,920

今一番ホットなエフェクターがこのVT-4!10月19日に発売するや否や初回分の数百台が一晩にして売り切れてしまうという驚異のセールスを記録した、注目のアイテムです。

特にバーチャルユーチューバー、その中でもおじさんが美少女っぽい声に仕上げyuumeiバーチャル美少女受肉、通称“バ美肉”勢に途轍もない人気を誇っています

有名配信者で自称・バーチャルお絵かきセルフ受肉ボイスチェンジ魔王おじさんYoutuberの魔王マグロナちゃんさんも実際に使用しており、男性声→女性声へのボイスチェンジ=受肉を見事に実現出来ちゃいます!

※注:中の人はおじさんです。

バ美肉機能だけに目を奪われがちですが、このVT-4にはリバーブやハーモニーといったエフェクトやロボットボイスやPerfumeのようなケロケロボイスなどの突飛なエフェクトも搭載されており、更にはUSBオーディオインターフェイスとしても使えるというまさにオールインワンな1台なのです!

今期間違いなく一番の注目株!


VE-5

VE-5-RVE-5-WH

ダイナミクス・音程補正・ハモリ・特殊効果・ディレイ・リバーブの各種エフェクトを一つにまとめた、ボーカル版・マルチエフェクター!

豊富なプリセットも楽しく、使い慣れればオリジナルサウンドを作るのもハマります!

また「ボタン一発でお気に入りの音を呼び出せる」「マイクを本体に内蔵していて手軽にエフェクターが楽しめる」「マイクスタンドに取り付けも可能」と便利なポイントも☆

歌声を自由に加工したいボーカリスト必携の1台です!!(オーディオインターフェイス機能は非搭載)

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
BOSS VE-5 ¥25,920 VE-20を扱いやすくコンパクト化。カラーバリエーションでホワイトとレッドがございます

VE-2

VE-2

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
BOSS VE-2 ¥21,600 ギターやキーボードをつなげて歌うだけで、うっとりするようなハモリが生まれる魔法のアイテム!

ギター演奏のコード進行を自動分析し美しいハーモニーを生み出す弾き語りミュージシャンに最適なペダル型エフェクター!

VE-5のようにたくさんのエフェクトはないものの、上記のようなハーモニーに加え高品位なリバーブ/ディレイを搭載し、ボーカルのクオリティを格段に向上させることが可能です。

更に電池駆動にも対応し、オーディオインターフェイス機能も搭載しています!


VE-1

VE-1

メーカー 品番 販売価格(税込) コメント
BOSS VE-1 ¥16,200 引き込まれるような響きが得られるエコー専門のボーカルエフェクター。USBオーディオインターフェース機能で配信にも単体でOK

自分の声を豊かに響かせる、シンプルな道具をお探しならばVE-1がおすすめです!

プロ・スタジオクオリティのエコーが手軽に奏でられ、上手い人はよりうまく、苦手な人も期待以上(?)に、まるで専属のプロ・エンジニアが付いたかのように、本格的な理想の歌声が手に入ります。

こちらもVE-2同様オーディオインターフェイス機能も搭載しています。

配信用アイテムその⑤:配信が捗るアクセサリー

マイクもオーディオインターフェイスもエフェクトも揃えたぞ!!

さぁこれで本格的な配信スタートだ!

と意気込むそこのあなたに是非ご提案したい、より配信を充実させる便利アイテムもいくつかご紹介させて頂きます!

おススメ配信用アクセサリー①:Marantz Professional Sound Shield Compact

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Marantz Professional Sound Shield Compact 6,980円

上手な歌い手さんの配信が好きな方ならきっと目にしたことがあるであろうこのユニークな形をしたアイテム、こちらは通称リフレクションフィルターといいます。

マイクの後ろにセットすることで部屋の不要な反射音や様々なノイズをシャットアウトし、よりクリアでタイトなレコーディングを可能にするアイテム!

高いものですと4~5万円もしてしまうのですが、こちらはなんと6,980円とお財布に優しい価格!軽量で持ち運びやすい折りたたみ式デザインを採用しているところもGOODです!

おススメ配信用アクセサリー②:ICON MB-06

画像

メーカー 品番 本体販売価格(税抜)
Icon MB-06 4,320円

自室の配信環境にマイクを設置したいけどマイクスタンドを置けるスペースが無い…
そんなお悩みを解決するユニークなアイテムです!!

LEDスタンドのようにテーブルに直接固定して設置できるマイクスタンドです!ダイキャストとスチールによる堅牢な作りで安定感のあるスタンドです☆

マイクの位置を上下左右にある程度自由に変えることもできるので、結構便利!


おススメ配信用アクセサリー③:DJI OSMO Mobile3

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
DJI OSMO Mobile3 16,800円

商業用ドローンの世界最大手DJIがドローン技術を生かして制作した、野外などでの動きながらの配信に必携のモバイルデバイス用手ブレ補正付き高性能ジンバル(カメラスタビライザー)です!

有名なYoutuberの方々が屋外で歩きながらライブ配信をしてる時によく使用されていますね!

手に持つとブレブレで見るに堪えない映像になってしまいがちですが、このOSMO Mobile2にスマホをセットして動画撮影すれば、まるで映画のように滑らかな映像で簡単に撮れちゃいます!

コチラに関してはAppleが大好きなんだよさんのyoutubeでの解説が非常に参考になるかと存じますので貼らせて頂きます!



おススメ配信用アクセサリー④:Roland SP-404SX

メーカー 型番 通常販売価格(税込)
Roland SP-404SX 39,960円

放送局や演劇の現場などではもはや定番中の定番機種として人気のRolandのサンプラーSP404SX!

A~Jのバンクと12個のパッドを装備し、放送を盛り上げるBGMや効果音やSE,セリフなどを予め入れておくことにより生放送中にシーンに合わせて手元でどんどん切り替えて鳴らしていくことが出来ます。

バラエティ番組や通販番組なんかで、観覧客の「おぉー!」とか「キャー!!」といった感嘆声や「わははは!!」といった笑い声なんかも、実はこういったサンプラーで鳴らされていることも多かったりします♪

電池で動かせる点も便利で良いですね~!

2GBのSDカードで180分のサウンドを収録することが可能です!

おススメ配信用アクセサリー⑤:iZotope RX7シリーズ


メーカー 型番 通常販売価格(税込)
iZotope RX7 Elements 17,280円
iZotope RX7 Standard 32,400円
iZotope RX7 ADVANCE 183,600円

アクセサリー、というかオーディオ編集ソフトウェアですが、このiZotope社のRX7は非常に優秀です!

一般的な認知は低いモノのTV放送局や番組、映画制作等、俗に言うポストプロダクションの現場ではほぼ100%で採用されています。

動画制作において通常では取り除くことが難しいノイズを綺麗に除去できてしまいます。

例えば

・動画撮影時、会話や音楽の音量が大き過ぎたときに発生してしまう音割れ=クリップノイズ

・自分がしゃべっている後ろで入ってしまった「カタカタ、カチャ!カチャ!」といったパソコンのタイピング音

・鼻息やパピプペポ行などの発音時など、マイク収音時に風がマイクにあたってしまい「ボフッ!」「ボボッ!」と入ってしまう吹かれノイズやエアコンの駆動音

・家電や照明などから発生する「ジー」っといったホワイトノイズや「ブーン」といったハムノイズ、古いレコードをかけたときに発生してしまうプチプチノイズ

・はたまたコンクリート打ちっぱなしの部屋内でよく発生する不要な反響音

・屋外で撮影した時の群衆や動物や虫などの「ザワザワ、ガヤガヤ」といった音

など、およそ動画制作において不要と思われるノイズ成分を、他に影響を極力与えずその部分だけキレイに除去!!

本当にすごいんです!!


ノイズの除去だけでなく、会話内で発音や方言訛りなどイントネーション由来で一部聴き取りにくくなってしまった部分の言葉をピッチ補正し改善してくれる機能があったり、

はたまた、今回のRX7(Standard以上)からは既存の楽曲からボーカルパートや楽器パートだけ除去したり抜き出してくれる「Music Rebalance」という機能も実装されています。この機能を使えば手軽に歌ってみた、弾いてみた系の動画を作る際のカラオケパートを作成することが出来ちゃいます!

上記の動画を是非ご覧ください!ビックリするくらい自然に消えます!

そして何より驚きはこの上記の動画で紹介されている「Rapair Assistant機能」!

不要なノイズ等の修正して欲しいオーディオの問題部分をAIが自動検出したうえで、自動でRXの機能を使用し修復してくれちゃうという近未来的な技術です!!

このRX7シリーズを使えば、プロ顔負けのワンランク上の動画を作ってしまうことが可能です!

RX7シリーズはElements,Standard,Advanceと価格・機能別に3ラインナップ用意されております。

違いや比較表などはこちらからご覧いただけます!

RX7も当店で実際にチェックして頂けますので、ノイズで悩んでいる配信者の皆様は是非チェックしてみて下さい!


おススメ配信用アクセサリー⑥:NUGEN Audio Master Check Pro


メーカー 型番 セール販売価格(税抜) 通常販売価格(税抜)
NUGEN Audio MasterCheck Pro 17,925円 23,900円

例えば自作の曲をYoutubeやSoundcloudなどのWEBメディアにアップロードした時に「あれ?作った時より音が悪くなってる気がする…」って思った事、ありませんか?

あれって実は気のせいじゃなくて、本当に音質が劣化してしまっている可能性があるんです。

上記メディアに限らず、ほぼ全てのストリーミングサービスは音源や動画の投稿時に、音量が規定より大きいと各々のメディアが取り決めているボリュームが強制的に下げられてしまいます。

専門用語ではこれを『ラウドネスノーマライゼーション』と言います。

クリエイターはこのラウドネスノーマライゼーションを考慮に入れた上でのミキシングが必要となります。

しかしながら、配信メディアによってこのラウドネスノーマライゼーションは様々!

一体何を基準にしていけばよいのか…難しいっ!!

そんな時にこのNUGEN AudioのMasterCheck Proは有用です!

Spotify、Apple Music、Google Play、YouTube、デジタル・ラジオ、Beatportといった様々な配信プラットフォームに対し、MasterCheck Proがあれば、配信デバイスやサービスによって異なるラウドネス・マッチングの影響や音色の変化をDAW上で即座に検証・監視することが可能です!

このように様々な配信メディアのプリセットを豊富に内蔵しています。


おススメ配信用アクセサリー⑦:KAOTICA Eyeball/7B

メーカー 品番 販売価格(税込)
KAOTICA EYEBALL ¥27,500
KAOTICA 7B ¥27,500

より高音質に歌声を録音、配信をしたいボーカリストなら、こちらも注目アイテム!

狙ったサウンド・ソースをダイレクトにマイクロフォンに伝達するためのツール、KAOTICAのEYEBALL&7B!!

これさえあれば毛布や吸音パネルを使った手間のかかるセッティングはもう不要!!

マイクを包み込むようにセッティング可能でお部屋の不要な反射音をカットし必要なサウンドだけを正確にマイクに届けることが出来、安定したサウンドでレコーディングが出来ちゃいます。

セッティングもとっても簡単!

※EYEBALLがコンデンサーマイク用、7Bがダイナミックマイク用の形状です

※本品は防音を謳うものではありません。

以上です!

いかがでしたでしょうか?

簡単にでは御座いますが、インターネット配信におけるおススメ機材を一挙ご紹介させて頂きました!

インターネット配信にご興味があり、これから始める予定で

「何を揃えればいいか分からない・・・」

「とりあえず低予算で始めたい!」

など、様々なご要望、お悩みをお持ちのお客様にもきっと有意義なご提案が出来ると確信しております!

個人さんも法人さんもどなたも大歓迎!

ご購入の際は是非一度当店までお越しください!

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「PA・レコーディング」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 金沢フォーラス店
  4. PA・レコーディング
  5. WEB上での生放送・配信用の機材をお探しなら当店へ!インターネット配信に必要な機材をおススメを交えて一挙紹介!