【ドラムスティック】~スティックの選び方~

かわぐちキャスティ店

かわぐちキャスティ店店舗記事一覧

2017年08月30日

皆様こんにちは、川口駅前徒歩1分の場所にある、かわぐちキャスティ店の小野寺です。 今回は、当店のドラムスティックコーナーにあるスティック選びに少しでも参考になればと思い、選び方のポイントをお話させて頂きます! *スティックの選び方 スティック選びのポイントは大きく分けて3つございます。 **①チップ […]

皆様こんにちは、川口駅前徒歩1分の場所にある、かわぐちキャスティ店の小野寺です。

今回は、当店のドラムスティックコーナーにあるスティック選びに少しでも参考になればと思い、選び方のポイントをお話させて頂きます!


スティックの選び方

スティック選びのポイントは大きく分けて3つございます。

①チップの種類

  • ポール型…最もスタンダードなタイプ。パワー、音色のバランスも良く初心者にもオススメ。
  • 丸形…音色にムラが少ない安定したサウンド。
  • 卵型…ヘッドに当たる角度で音色が変化するタイプ。繊細な表現が必要なジャズなどの音楽に最適。
  • ナイロン・チップ…パワフルでクリアな音色が特徴。シンバルの粒立ちもハッキリ聴こえるタイプ。



②スティックの素材

  • ヒッコリー…「H」の表示があるものはヒッコリー材を使っていることを表します。重さや音色がスティックに適していて、最も多く使われている素材。初心者にもオススメ。
  • オーク…「O」や「A」の表示があるものはオーク材。オークとはいわゆる樫の木(かしのき)。重く硬い素材なので、パワーが出しやすく、力の弱い女性でも太い音が出せてオススメです。
  • メイプル…「M」はメイプル。3種類の中で最も軽いスティック。音量を控えて演奏したい時にも良いですね。


③スティックの太さと長さ

スティックには太さも色々ありますが、直径14mmのものが最もスタンダードでオススメです。
手がとても小さい人には13mmぐらいが、握りやすくて良いでしょう。
パワーを出したいなら太いスティックも良いですが、繊細な演奏には向いていません。
またスティックには長さが違うのもがありますが、長過ぎても、短すぎてもコントロールが難しくなりますので、楽器店の売り場で一番多くある長さのものを選びましょう。

その他にも当店は、スティック入れや練習用パッドなどございますので、是非かわぐちキャスティ店に見にいらしてください。スタッフ一同心よりお待ちしております!



かわぐちキャスティ店では、各種音楽教室も開講しております!

音楽教室 夏の短期レッスン

ドラム 講師紹介

写真 馬場 誠人 井出 初瀬 名和 直大 谷 史詳
氏名 馬場 誠人 井出 初瀬 名和 直大 谷 史詳
曜日

講師名をクリックすると、詳しいプロフィールやインタビューがご覧いただけます


音楽教室の総合案内はコチラ

※記事中に販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その情報は記事更新時点のものとなります。店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。