1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ららぽーと和泉店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. ★初心者向け★エレキギターの始め方~お店で悩まないためのコツを大公開~

★初心者向け★エレキギターの始め方~お店で悩まないためのコツを大公開~

こんにちは。島村楽器ららぽーと和泉店、エレキギター担当の安井です。
これからエレキギターを始めたいなぁと思っても、「エレキギターってどうやって始めたらいいのかわからない」「エレキギターを始めたいんだけど、何を買えばいいかわからない」と思っている人もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

私も、かつてはそんな一人でした。そこで・・・
「これがわかっていれば、お店に行っても悩まない!」というエレキギターの基礎知識を「3つ」お教えいたします。

お店で店員さんに聞きにくいなぁと思っているあなたも、ここで予習していけばバッチリ店員さんと話せますよ(^▽^)/

悩まないコツ① エレキギターのタイプを知ろう!

上の写真を見てください。タイプの違う3つのエレキギターを並べてみました。
形が違うのは一目瞭然ですが、実はそれぞれギターによって得意な音が違います
ここでは、その違いについて紹介します!

その1 レスポールタイプ

先ほどの写真で一番左側にあったギターが「レスポール」と言われるタイプです。
重量感のあるギターで、それにふさわしい太いサウンドが特徴です。
また、ネック(ギターの首の部分)が太く少し短めなのもポイントです。

その2 テレキャスタータイプ

さて、今度は写真の真ん中にある「テレキャスター」タイプの紹介です。
先ほどのレスポールは丸みを帯びたボディですが、こちらのボディは真っ平!
そして、高音域が非常にきれいで歯切れのよいサウンドが特徴です!

その3 ストラトタイプ

最後は、写真の一番右、「ストラト」タイプです。
ストラトは、大きなクセがないので、ロックからポップスまで幅広くカバーでき、演奏者の意図に合わせて多様な音作りが可能です。

3つのタイプの音の違いを聞いてみよう!

今ご紹介した3つのタイプのエレキギターを弾き比べてみました!
最初はクリーン(歪み無)の音でレスポール→テレキャスター→ストラトの順に弾いています。
同じようにクランチ(歪み少)、ディストーション(歪み大)でも弾いてみました。
ギター以外のセッティングはすべて同じです。
使用機材は、HISTORY/HSシリーズです!

あなた好みのサウンドは、どのタイプでしたか?

悩まないコツ② アンプを知ろう!

エレキギターにアンプは必須!

エレキギターは、アンプを通して音を増幅したり、調整したりしながら音を出します。アンプを使わずに練習してしまうと、その感触をつかむことができません!
アンプを使いこなすことが、エレキギター上達のための近道です。

初心者におススメは、コンパクトで練習がしやすいもの!

ご自分がエレキギターの練習を想像してみてください。
部屋で練習するにも、大きな音が出せないですし、あまり大きなアンプを置くのも難しいですよね・・・。
それに、練習する時には、自分の弾きたい曲を流しながら練習したいですよね!
そんなあなたにおススメのアンプをご紹介します。

YAMAHA THR10II

メーカー 型名 販売価格(税込)
ヤマハ THR10II ¥35,200

まずは、テーブルの上にでも乗りそうなこのコンパクトさが魅力です!
ご自宅で練習するのにピッタリですね!
そして、下の写真を見てください。

音の調整や効果をつけるためのツマミがびっしり!
この1台で多彩な音作りが可能です。
それに、このアンプにはBluetooth機能がついており、お持ちのデバイスから直接このアンプにつないで音楽が鳴らせます!
つまり、アンプで音楽を鳴らしながらギターの練習が出来るんです!
ヘッドホンで練習しているときも、ヘッドホンから音楽もしっかり聞こえるのですごく練習がしやすいです!

この他にもおススメのアンプがたくさんありますので、詳しくは店頭にてお尋ねください!

悩まないコツ③ 必要なアイテムを知ろう!

必要なアイテムその1 チューナー

ギターの練習をするときには、必ず弦のチューニングを行います
チューニングの合っていないギターでいくら練習しても、なかなか上達は出来ません。現在は、上の写真のように、ヘッドに挟むクリップタイプが主流です。
店頭には色や形などさまざまなタイプのチューナーが用意してありますので、きっとあなたのお気に入りのチューナーが見つかるはずです!

おススメのチューナー

メーカー 型名 販売価格(税込)
Louis LCT-Z ¥3,200

ヘッドに装着するだけでスイッチオン!
音が合うと表示が緑に変わり、初心者の人にもわかりやすいです!
電池の残量も表示されるので、いきなり電池切れ!なんてこともありません!

必要なアイテムその2 シールド

エレキギターとアンプをつなぐもの=「シールド」です。
せっかくアンプを買っても、シールドがなかったらつなぐことが出来ません。
シールドにも、長さや色などさまざまなバリエーションがあります。
ギターのデザインや練習環境に合わせて、自分に合ったものを選びましょう!

おススメのシールド

メーカー 型名 販売価格(税込)
HISTORY HC-730 ¥6,490
HISTORY HC-730L ¥7,150
HISTORY HC-750 ¥7,590
HISTORY HC-750L ¥8,250

エレキギター専用のこだわり設計。安心のMade in Japanで、高品質・高耐久を実現。さらに5年間の保証付き!
ご自宅での練習用では3m、軽音楽部等でのご利用をお考えの場合は5mの長さがあれば便利です!

まとめ

お店で悩まないためのコツ① エレキギターのタイプを知る
お店で悩まないためのコツ② アンプを知る
お店で悩まないためのコツ③ 必要なアイテムを知る

本当はまだまだお伝えしたいことたくさんあるんです・・・が、この記事でしっかり予習していれば店頭でもしっかり店員さんとお話しできるはずです!
ぜひ店頭でエレキギターの魅力に触れてみてください!

お問合せ

「製品に関して」「在庫に関して」などお気軽にお問合せください!

電話をかける

担当 安井(やすい)

オンラインでもお買い上げいただけます!


  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ららぽーと和泉店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. ★初心者向け★エレキギターの始め方~お店で悩まないためのコツを大公開~