1. 【初心者必見!】電子ドラムの選び方・当店展示ラインナップのご紹介

【初心者必見!】電子ドラムの選び方・当店展示ラインナップのご紹介

初心者でも安心!電子ドラムを選ぶポイントをまとめました。

ドラムを始めたい、始めている方必見!家にドラムセットは置けないし、スタジオ練習に行く機会もない…そんなとき、多くの方が注目するのが自宅でも演奏が楽しめる電子ドラム
でも電子ドラムって色々種類があってどうやって選べばいいんだろう?そんなあなたに選び方ポイントをご紹介します!!

電子ドラムを選ぶ6つのポイント

全体のサイズ・ラックのタイプ
キットの構成
パッドのタイプ
バスドラムのタイプ
ハイハットのタイプ
機能・操作性

和泉店展示モデル
その他必要なアクセサリー
お問い合わせはこちら

全体のサイズ・ラックのタイプ

ラック(骨組み)のタイプによって全体のサイズが変わるので、設置に必要な面積が異なってきます。設置したい場所の広さを事前に測っておくと選びやすくなります!
コンパクトサイズのキットでおよそ畳1枚分、それより大きいものになると1.5~2畳程度のスペースがあれば設置可能です。

据え置きタイプ

  • ある程度のスペースが必要
  • 各パッドの角度調整がある程度可能(機種によって異なります)
折りたたみ可能タイプ

  • コンパクト構造で省スペース
  • パッドの位置が固定されており、細かいセッティングができない機種もある

好きなタイミングで練習がしたいなら据え置きタイプ、お住まいがワンルームで決まったスペースの確保が難しいという方は、必要に応じてセッティングができる折りたたみ可能タイプがいいですね!

上へ戻る

キットの構成

一言に電子ドラムと言っても、パッドのタイプや足回り、シンバルの枚数など、構成は様々。メーカーや機種によって増設ができるものとできないものがあります。
最初のうちに揃えておくか、少しずつ増設していくか、想定する使い方やご予算に合わせて、どういった構成にすればよいかスタッフと一緒に決めていきましょう!
パッドや足回りの詳細は後述していきます。]
]上へ戻る

パッドのタイプ

ドラム演奏の中でも重視したい「叩き心地」に影響します。大きく3タイプに分かれますので、それぞれの特徴をご紹介します。

ゴムパッド

低価格帯のエントリーモデルでよく使われているパッドです。スティックで叩くと「タタタタ…」と硬い打撃音がします。

  • 打撃音が大きい
  • 打感が硬く、跳ね返りが強い

シリコンパッド

YAMAHAの電子ドラム・DTXシリーズに搭載されているパッドです。上記のゴムパッドとは異なり、よりリアルに近い打感になります。

  • 打撃音がかなり小さい
  • アコースティックドラムに近い打感

メッシュパッド

Rolandの電子ドラム・V-Drumsシリーズなどに搭載されているパッド。こちらもリアルな打感を追求しており、またアコースティックドラムと同様に打面のテンションを調整できます。

  • 打撃音が小さい
  • アコースティックドラムに近い打感
  • 打面のテンション・跳ね返りの強さが調整できる
  • 打面が比較的滑りやすい

ゴムパッドの打感に慣れてしまうと、実際にアコースティックドラムを演奏する際に違和感を覚えてしまい、その結果うまく演奏できなくなるということもありますので、ここはリアルな打感に近いシリコンパッドやメッシュパッドを選んでおきたいですね!

上へ戻る

バスドラムのタイプ

こちらは「踏み心地」に影響するほか、「静粛性」も選ぶポイントになってきます。大きく2つのタイプに分かれます。

スイッチタイプ

ペダルにビーターがなく、スイッチを踏む強さで音をコントロールします。実際のバスドラムを踏むのとは感覚が違いますので、慣れが必要になります。
サイズは比較的小さく省スペース、また踏んだときの音や振動は比較的小さいです。

ペダルタイプ

ビーターがパッドに当たることで音が鳴るので、アコースティックドラムに近い感覚で演奏できます。通常のドラムペダルが装着可能で、ツインペダルにも対応しています。
スイッチタイプと比較するとサイズは少し大きめ、音や振動は比較的大きくなります。

ドラムをされている多くの方は一番最初にペダルを購入されると思うので、自宅での練習でもマイペダルを使いたいという方にはペダルタイプが断然オススメです!

上へ戻る

ハイハットのタイプ

バスドラムと同様に「静粛性」のほか「細かいニュアンスの再現度」が選ぶポイントになります。スイッチタイプとハイハットスタンド対応タイプの2つに分かれます。

スイッチタイプ

バスドラムのスイッチタイプと同様に踏む強さでオープン/クローズドの音をコントロールすることになるので、ある程度慣れが必要です。また細かいニュアンスの再現度も比較的低くなります。
サイズは比較的小さく、踏んだときの音や振動も小さめです。

ハイハットスタンドタイプ

こちらは通常のハイハットスタンドに取り付けて使用するタイプ。アコースティックドラムに近い感覚で演奏でき、ハーフクローズドなど細かいニュアンスの再現度も高くなります。音や振動は比較的大きめです。

上へ戻る

機能・操作性

電子ドラムの本体となる音源モジュールも、メーカーやグレードによって機能や操作性が異なります。例えば…

こちらの音源モジュールはボタンが少ないシンプル設計で、直感的に操作できるため機械の苦手な方や小さなお子様でも分かりやすいです。

同じRoland V-Drumsシリーズの上位機種の音源モジュールです。前者と比べるとボタンやコントロールノブが増えており、細かいセッティングが可能になるなど、機能面も充実しております。

その他音色数やトレーニング機能、録音機能など、機種によってできることが変わってきます。「気軽に楽しく演奏したい」「自宅でも本格的なトレーニングをしたい」など、目的に合わせてチョイスしましょう!

上へ戻る

和泉店展示モデル

どの機種も店頭でお試しいただけます!実際に触ってみて、それぞれの特徴を体感してみてください!

ALESIS NITRO MESH KIT

初心者の方も始めやすい価格帯。ハイコストパフォーマンスモデル。
この価格帯でもメッシュヘッドを採用。お子様の初めてのドラムにお勧めです!

メーカー ALESIS
型名 NITRO MESH KIT
販売価格 ¥44,800(税込)
Roland TD-1KV

コンパクトサイズで気軽に演奏が楽しめる、V-Drumsのエントリーモデル。
簡単操作で初めての方はもちろん、小さいお子様でも安心してお使いいただけます!生産完了の為、展示品特別価格!

メーカー Roland
型名 TD-1KV
展示品価格 ¥49,680(税込)
YAMAHA DTX480KSC

YAMAHA×島村楽器コラボレーションモデル!リアルな打感と高い静粛性を持つDTX-PADを搭載し、クラッシュシンバルも2枚仕様にアップグレードした「ドラムが上手くなる」要素満載の1台。

メーカー YAMAHA
型名 DTX482K
販売価格 ¥79,800(税込)
Roland TD-17KV-S

スネアにはアコースティック・スネアに近いサイズ感の2プライ・メッシュヘッド/12インチ・サイズのPDX-12を採用。
スマートフォンなどのモバイル機器をBluetoothで無線接続し、TD-17からオーディオ再生が可能。

メーカー Roland
型名 TD-17KV-S
販売価格 ¥129,600(税込)
YAMAHA DTX562KFS

上位機種譲りのDTX-PADをスネア、タム全てのパッドに採用。502シリーズ全モデルに、フットペダルイスセット「FPDS2A」を付属。

メーカー YAMAHA
型名 DTX562KFS
販売価格 ¥155,520(税込)

Roland TD-25SC-S

Roland×島村楽器コラボレーションモデル!TD-30直系のサウンド・エンジン搭載でリアルなドラムサウンドを実現!自宅でも本格的なドラム演奏が楽しめる特別仕様です!

メーカー Roland
型名 TD-25SC-S
販売価格 ¥226,800(税込)
Roland TD-50KV

ドラマーが欲しい表現力をさらに極めた、V ドラムのフラッグシップ・モデル。抜群の心地よい演奏感が得られます。

メーカー Roland
型名 TD-50KV
販売価格 ¥531,360(税込)

上へ戻る

その他必要なアクセサリー

欲しい電子ドラムが見つかったら、アクセサリーも揃えて演奏環境を整えましょう!アクセサリーの多くは電子ドラム本体とは別売りになりますので、想定する使用環境に合わせて1つずつ選んでいくことになります。

ドラムマット

電子ドラムを設置する際の必需品です。振動・衝撃を軽減するほか、電子ドラム本体の滑り止めの役割もあります。ラックのサイズに合わせて大きさを選びましょう。

また機種によってはバスドラムパッドの裏面がスパイクになっているものもあり、マットなしで使用すると床面を傷つけてしまいますので、必ずマットを敷いた上でご使用ください。

ドラムマット推奨品番
メーカー Roland
型名 TDM10
(対応品番:TD11,TD17,TD25SCSに対応)
販売価格 ¥14,040(税込)
ドラムスローン(イス)

ドラム用のイスのことです。こちらは家具屋さんなどで購入できるデスクチェアのようなものではなく、脚がしっかりしていて高さ調整の可能なドラム用のイスを使用しましょう!

ドラムスローン推奨品番
メーカー JUG
型名 JT101
(高さ調整方法:スクリューロッドタイプ)
販売価格 ¥7,560(税込)
ヘッドホン・スピーカー

電子ドラム単体では音を聴くことができませんので、スピーカーやヘッドホンが必要になります。ある程度大きな音が出せる環境ならスピーカー、大きな音が出せない場合や夜間の練習ならヘッドホンをご使用ください!

ヘッドホン推奨品番
メーカー Roland
型名 RHA30
販売価格 ¥18,144(税込)

上へ戻る

お問合せに関して

記事を書いた人

エレキベース担当 椋平(むくひら)
バンドやってます。オルタナが好きです。

トップへ戻る

その他

1.お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。
  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • iD
  • 銀聯カード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券

*一部使用出来ないカードや商品券もございます。

その他のお支払い

お電話等で受付をした商品に関しましては下記をご利用いただけます。

代引き着払いでのお支払い
  • 現金
  • クレジットカード

ご希望のお支払い方法を店舗スタッフにお伝えください。
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。
商品代金+送料+代引き手数料=合計金額

銀行振込でのお支払い

当社指定の口座にお振込ください。
尚、振込み手数料はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。
商品代金+送料+振込み手数料=合計金額

2.音楽教室

日頃より聞いている音楽を演奏出来たら楽しそう!演奏しているけどもっと上手くなりたい!演奏が出来る様になる夢を叶える音楽教室です。音楽って楽しいなあと思って頂ける方、チャレンジしたい方ならどなたも大歓迎!いつでもお気軽にお声掛け下さい、スタッフ一同心よりお待ちしております。

島村楽器ららぽーと和泉店音楽教室総合案内はこちらよりご覧下さい。

島村楽器ららぽーと和泉店ではエレキギター/アコースティックギター/エレキベース/ドラム/フルート/サックス/ウクレレ/ヴァイオリン/ビオラ/ピアノ教室の開講がございます!講師の紹介はこちらよりご覧下さい。

島村楽器ららぽーと和泉店ではピアノ教室(火曜日・土曜日)を開講しております。詳しくは下記詳細をご覧下さい。

島村楽器ららぽーと和泉店ではピアノ教室(火曜日・土曜日)を開講しております。火曜日ピアノ講師【松本千賀子】紹介はこちらよりご覧下さい。

島村楽器ららぽーと和泉店ではピアノ教室(火曜日・土曜日)を開講しております。土曜日ピアノ講師【田島聖子】紹介はこちらよりご覧下さい。

3.お問い合わせ

店舗名 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 椋平(むくひら)

4.当店へのアクセス

お車でお越しの方

◆広域マップ(高速道路マップ)

◆施設周辺マップ

施設周辺マップ

◆和泉中央駅方面より
唐国南1号交差点を左折してください。

◆光明池方面より
春木岸和田線を直進してください。

◆国道170号線方面より(大阪外環状線)
テクノステージ南交差点から唐国久井線を北上してください。

◆阪和自動車道より
●大阪方面よりお越しの方…岸和田和泉ICを左折してください。
●和歌山方面よりお越しの方…岸和田和泉ICを右折してください。

※交通事情により迂回していただくことがございますので、ご了承ください。

電車・バスをご利用の方

◆泉北高速鉄道「和泉中央」駅より南海バス⑤番のりばより乗車「ららぽーと和泉前」にて降車
所要時間:約15分

◆JR阪和線「和泉府中」駅より南海バス①番のりばより乗車「和泉中央駅」経由で「ららぽーと和泉前」にて降車
所要時間:約30分

駐車場のご案内

◆1F、5F、RF、屋外 駐車場終日無料 約3,400台

◆【ワイド駐車場のご案内】
館内駐車場1F、5F、RFにて、ベビーカー利用でも出し入れがしやすく使いやすいワイド駐車スペースを準備しております。

◆1F 自転車:約250台 バイク:約50台

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

メルマガ会員募集中!

島村楽器ケータイメルマガでは、バンド楽器やデジタル楽器を中心とした、「キャンペーン情報」「イベント情報」「店舗情報」「ギター/ベース情報」「ドラム情報」「デジタル情報」を、定期的にお届けしています。詳しくはこちら

トップへ戻る

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「ドラム」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 【初心者必見!】電子ドラムの選び方・当店展示ラインナップのご紹介