1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ららぽーと磐田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. Maton Guitars(メイトン)の魅力
キャッシュレス決済サービスのご案内

Maton Guitars(メイトン)の魅力

皆さん、こんにちは!島村楽器ららぽーと磐田店 アコギ担当の横田です!

今回は皆さんに、当店でも人気が出つつある、Maton Guitars(メイトン)(以下メイトン)について、なぜ人気なのか?その魅力はなんなのか?

詳しく解説していこうと思います!!

もくじ

理由は大きく3つあります。


まず1つめは、、、弾きやすさです!

なんといっても弾きやすい!!もちろん人の手によって異なるので、すべての人が弾きやすい訳ではありませんが、今まで弾いて頂いたお客様の9割以上の方が弾きやすいとおっしゃっていました。

一度メイトンを持ってしまうと、もう他のギターは弾けない!?くらい中毒性の高い弾き心地です!!

では、なぜ弾きやすいのか?

言ってしまうとすべての要素が絶妙なセットアップによって最高の弾きやすさをもたらしているのですが、その中のいくつかの要素として、わかりやすい所でいうと、、、

・ヘッドの角度

・ネックの仕込み角度

・ボディシェイプ

以上の要素があります。

ヘッドの角度

①メイトンのヘッド

②他メーカーのヘッド

画像を比べてもらうと分かるんですが、メイトンのヘッド角の方がすこ~し浅いのが分かると思います。

ヘッド角が浅いと弦のテンション(張力)が下がります。すると弦が押さえやすくなるんです!!

このわずかな差が弾きやすさとして大きく差が出てくるんですね!

ネックの仕込み角度

①メイトン

②他メーカー

次は、ネックの仕込み角度です!

かなりわかりづらい画像で申し訳ありません!これはどういうことかというと、ギターは構造上、ネックとボディが分かれていて凸と凹でしっかりとはめて組立をします。

ここの作業がメーカーによって、ネックをどの角度で仕込むかが変わっていくんですね。

メイトンのギターは、他メーカーのギターと比べてネックの仕込み角が浅いことが分かる画像です!

ネックの仕込み角度が浅いと何が起こるかというと、これまた弦のテンション(張力)が下がるんです!

つまり、押さえやすく弾きやすくなるという事です!!

この仕込み角度も本当にすこ~しの差が大きな差につながる訳ですね。

ボディシェイプ

最後にボディシェイプです!

ボディシェイプは、ヘッド角やネック角と比べるとそこまで弾きやすさにつながるものではないのですが、関わってくる部分ですし、オリジナルシェイプなので紹介させて頂きます!

まずメイトンには、808、ドレッドノート、ジャンボ、ミニ、のシェイプがあります。このうち808とミニがオリジナルシェイプです。

その中でも大人気の808というシェイプが弾きやすい要素の一つです!

どういうシェイプなのかというと、OOOシェイプとOOシェイプの中間のサイズで少し小ぶりなサイズとなっております。

画像で見るより実物をみるともう少し小さく見えます。

それともう1点、シェイプは少し小ぶりなのですが、ボディの厚みがしっかりとあり、すっぽりハマるような大きさを実現しているんです。

これは、一度手に取ってみてもらえれば808シェイプの良さがお分かりになると思います!

大きすぎると抱えづらい、小さすぎても抱えにくい、ボディの厚みが薄すぎても抱えにくい。

そのすべての悩みを解決するシェイプがメイトンのオリジナルシェイプの808です!!

ぜひ店頭でご体験下さい!!

以上3つの点がメイトンの弾きやすさを際立たせる要素でした。

しかし、上記の3つの点だけで弾きやすいのではなく、様々な細かい要素が一つにまとまり弾きやすくなると思います。

MATON CUSTOM SHOPのギターは、全ての工程をマスタールシアーアンディ・アレン(Andy Allen)が担当しています。材料のセレクトから、削り出し、組み立てセットアップと、一過して一人の職人が関わることで楽器の完成度を極限まで高めています。限られた自然の木材を使って楽器を製作するという事は、図面に現れない個性を一本一本引き出す事。大自然の恩恵を楽器の音色に昇華する。MATON CUSTOM SHOPはプレイヤーの想いを具現化します。

この時、アンディ・アレンがコレは良い!(製作法として)、さらに良いギターになると感じたものは、MATON CUSTOM SHOPだけにとどまらず、ファクトリーライン(レギュラーライン)にも取り入れるそうです!

こうして日々進化していくことで、今の人気につながっているんですね。

2つめは、、、ピックアップです。

メイトンの一番の売りと言っても過言ではないピックアップ。このピックアップだからこそ実現できた音です。

また、他メーカーとは一味も二味も違うピックアップです。

そんな、ピックアップをご紹介したいと思います。

その名も、AP5 PRO !

このピックアップは、ピエゾマイクとコンデンサーマイクの両方がついており、ピエゾマイクの音と、コンデンサーマイクの音をミックスして、出せるピックアップとなっております。

ピエゾマイクの音は、力強くハウリングに強いが、どうしても機械感が出てしまいます。

コンデンサーマイクの音は、直接音を取り出すだけあって、とても生らしいナチュラルな音がでますが、ハウリングに弱いです。

上記のピエゾマイクとコンデンサーマイクの音を一緒に出すことで弱点を補ったものが、AP5 PRO です。

力強く、芯があり、ナチュラルで、軽やかで、ふくよかな音が出るピックアップとなっております!

試奏して頂ければ、それを感じて頂けると思います。

ピエゾマイク

ブリッジには圧着具合を調整できる独自のピエゾシステムが搭載されており、ピエゾサウンドだけでも十分ノイズレスでナチュラルな生鳴りサウンドを体感できます。

演奏する音楽のスタイルに合わせて、お好みの調整にセッティングにできます。

コンデンサーマイク

ピエゾシステムとは完全に独立した、ボディ内の生鳴りをそのまま拾い、出力できるマイクシステムを搭載。

メイトンピックアップサウンドの”キモ”となっているのがこちら。煌びやかでエアリー、極めてクリアーなサウンドはここに秘密があります。

今までのマイクシステムの弱点だったフィードバック対策にも独自の技術が使われており、高出力で演奏しても驚くほどハウリングを押さえることが出来ます。

ちなみに、移動が可能なアーム式になっており集音場所をお好みで調整できます。

タイトなサウンドからより箱鳴り豊かなサウンドまでお好みで調整して頂けます。

プリアンプ

こちらが心臓部と言えるプリアンプ部分。

上部2つのつまみでそれぞれマイクで拾った音とピエゾの音を完全に独立してコントロールできるようになっており、その日の会場鳴りや曲調などによってその場で素早く調節が可能。

EQはベース、ミドル、トレブルの3つでミドルに関してはFQが付いていますので押し出す周波数帯をお好みで調節可能となっております。

以上、ピックアップのご紹介でしたが、百聞は一見に如かずということで、気になった方は、是非、店頭でお試しください。

そして3つめは、、、見た目

見た目です!!かっこいい、かわいい、がそろっております!!メイトンは、見た目のデザインも洗練されております。

とてもシンプルな見た目のメイトンですが、シンプルなところがカッコイイ!かわいい!という事をよく耳にします。

見た目に関しては、かなり個人差があることなので一概には言えませんが、メイトンを手にした方の多くは、見た目も含めて気にいられる方が多いです。

つまり、見た目も人気の要素の一つという事ですね!


アコースティックギター選びで重要な見た目。みなさんは、アコースティックギターを買うとしたら、音や弾きやすさも大事ですが、やはり所有するものとして、見た目もこだわりたいところですよね?

メイトンは基本的にシンプルな見た目ですが、カラーバリエーションも複数あり、モデルやシェイプによって大きく印象が変わりますので、きっとあなたにとって理想の見た目が見つかるはずです!

以上、大きく分けてこの3つが人気の秘密でした。もちろんこの他にも良さがまだまだあります。その良さは、試奏して頂ければわかるかと思います。

この記事を読んで、メイトンが気になってきたー!という方は、是非!ららぽーと磐田店にいらして下さい。

試奏して頂ければ、あなたのエレアコを見る目が変わるはずです!

現在、ららぽーと磐田店には、在庫ございますが、とても人気なメーカーですので、お早めに!

現在の在庫状況

お問い合わせ

担当 横田
店舗 ららぽーと磐田
TEL 0538-59-0390
  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取
エフェクターお試しレンタル

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ららぽーと磐田店
  4. ギター・ベース・ウクレレ
  5. Maton Guitars(メイトン)の魅力