バイオリン試奏会

バイオリン試奏会 - ベートーヴェン生誕250周年によせて

マイスター茂木率いる島村楽器買付チームが、世界各地の演奏家から得た情報をもとに様々な都市を巡り、製作家・鑑定家から演奏会の即戦力となる、個性豊かな作品を集めて参りました。

今年はベートーヴェン生誕250周年ということで作曲家ゆかりの街:ウィーンを買付としては初めて訪れたほか、フランス・ドイツ・チェコの4か国を1週間で駆け回りました。

今回の展示会は札幌から福岡まで全国7か所を巡回致しますが、密閉・密集・密接のいわゆる「3密」を防ぐため、ご来場は「ご予約制」とさせて頂き、感染予防対策を行って開催します。

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご協力のほど、宜しくお願い致します。

また、ご来場が難しいお客様には、Youtube特設チャンネルから演奏動画をご覧頂き作品1挺1挺の音色をお楽しみ頂けるほか、Zoomのリモート通話を使用した「島村楽器オンラインコンサル」もご用意させて頂きました。

ぜひご利用ください。

皆様のご来場ならびにWEBお問い合わせを、スタッフ一同心よりお待ちしております。

サムネイル画像に指を合わせると画像が変わります。
サムネイル画像にマウスを乗せると画像が変わります。
弦楽器フェスタ

買い付けレポート

マイスター茂木よりご挨拶

マイスター茂木

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

毎年恒例の春の展示会「弦楽器フェスタ」を今年は開催を中止させて頂き、この度「バイオリン試奏会」(予約制)を全国7会場で開催させて頂くことになりました。

今年はベートーヴェン生誕250周年の記念すべき年にあたり、作曲家が生涯傑作を生みだし続けた「音楽の都」ウィーンを中心に、パトロン貴族や音楽家の出身地でもある周辺エリア(ドイツ、ボヘミア)を巡り、歴史的にも貴重な楽器を買付けして参りました。

ベートーヴェンがパリから訪れた高名なバイオリニスト:クロイツァーと知り合った頃に製作された、名工:マティアス・ティール工房(1795年)の楽器は、ウィーン学友協会ホール専属のマイスターから譲り受けた逸品で、オーストリアを代表するオールド・ヴァイオリンとして有名です。また、オールド弓さながらの深くて柔らかい表現力で、世界的ソリストが愛用する弓製作家:トーマス・M・ゲルベスによる特注の金黒檀モデルも初入荷しました。
他にも楽的表現力に優れた楽器、弓を初心者用から幅広く取り揃え、マイスター監修の専用工房で特別調整されていることも申し添えさせて頂きます。

2020年 夏
島村楽器 弦楽器専属マイスター
茂木 顕

展示商品一覧を見る

このページのトップへ