リプロダクションレポートを公開しました。

優秀賞

優秀賞 トルネコ アイラブユーの歌

Entry

オンラインエントリー

自己PR

勝谷元気(兄)と勝谷北斗(弟)で細々と音楽をやっています。
二人共会社員で、たまに思い立った時に曲を作ったり演奏をしたりという程度ですが、小さいころから音楽が好きで二人共励んできました。
小さい頃から二人共音楽をやっていたのに、一緒にやることは全くなくて、二人がオトナになってから初めて二人で音楽をやるようになりました。
あまり客観的に評価される場でやる機会がないので、こういったコンテストに一度出すことにしました。
宜しくお願いします。

作品のPR

勝谷元気(兄)作詞・作曲で勝谷北斗(弟)がアレンジ、レコーディングしました。ボーカルは 1 番が兄、2番が弟がメインで交互になるアレンジにしています。
いつもはアコースティックギターのみで演奏することがほとんどなのですが、今回あえてバンドアレンジにしてみました。是非聴いてください。

作成時のエピソード

制作は全て遠隔で行いました。兄弟で制作しましたが、完成まで一度も顔を合わせず、弟がオケを作り、兄が歌を入れ、弟が更に歌を入れ・・・という作業をデータのやりとりのみでおこないました。

使用機材

  • PC:Apple iMac 21.5 inch, Late 2013, メモリ 16GB
  • DAW:Apple Logic Pro X
  • オーディオインターフェース:MOTU 828mk2
  • Vocal マイク:RODE NT2-A
  • DI:Avalon U5
  • すべてのGuitar:Line 6 Jame Tyler Variax
  • Bass:ATELIER Z M#245
  • Drum:XLN Audio Addictive Drums

審査員アドバイスコメント

すばらしい楽曲ですね。聞き始めてからあっという間に最後まで惹き付けられっぱなしで聞き込んでしまいました。声質やメロディの聞きやすさ、ポップなアレンジなどどれをとっても秀逸な作品だと思います。ご兄弟で制作されているようですが、そのせいでボーカルとコーラスの相性が良いんですね。
アレンジに関しては全体の世界観、雰囲気共にブレが無く、目指したものがしっかりと仕上がっている印象です。各楽器のフレーズや構成力なども十分でとても聞きやすいです。気になる点はLINE6のギターをお使いのようですが、アコギやエレキに求める倍音感があまりなく、弦のアタック音だけが目立っているという点です。ギター以外の楽器がかなり生々しい質感なので、マイク録りなどの空気感が入ったほうがもっと落ち着いた響きで、混ざりも良くなると思います。そして、欲を言うなら鍵盤が素直すぎるので、もう少し凝ったボイシングと言うか、耳に残るような響きがあると全体の聞き応えが出ると思います。
とはいえ、これだけのクオリティですからどこに出しても十分な結果が出せると思います。今後のご活躍期待しています。(野村)

賞品

YAMAHA HS7 ペア

このページのトップへ