リプロダクションレポートを公開しました。

最終審査会ノミネート作品

Ryosuke / 聖者の凱旋

Entry

神戸三宮店

審査員アドバイスコメント

なかなかのド迫力ですね。生演奏に肉薄する細かいエディット表現はプロレベルと言っていいと思います。曲を通してのダイナミクスの付け方も良く考えられており、一瞬たりとも耳が離せません。
打楽器の細かいニュアンスなども生演奏と聞き違えるほどで、
トランペットのタンギングのニュアンスなんかも本当に上手く表現されています。
アレンジ力も有り、一つ一つの楽器が緻密に立体的に組み立てられている様子は、
何か大きな建築物を眺めている様でも有ります。
何と言ってもメロディーが非常に良いですね。力強く繊細なメロディーはどこを切り取っても
映像イメージが見えてきます。
場面転換もスリリングで、とても5分間とは思えない充実感があります。
あとはmixでもう少し全体的にスッキリとそれぞれの楽器がもっとクリアに聴こえる様
工夫出来る余地がありますので、是非探求してみてください。(永田)

このページのトップへ