リプロダクションレポートを公開しました。

最終審査会ノミネート作品

RUBY-CATMAN / メルヘンスノーマン

Entry

広島パルコ店

審査員アドバイスコメント

非常にバランスの取れた上質なポップスに仕上がっています。
コードのアプローチもやり過ぎる事なく、上品でおしゃれですね。
全体的なアレンジもこれまたやりすぎる事なく、丁度ギリギリのところで押さえられている感じが何ともニクいです。
推しであるメロディーラインも秀逸、音色、アレンジ、どこをとっても本当にバランス感覚の良さが際立っています。
もうこのままの状態でも何かに使えそうな商品価値のある作品と言えます。
逆に言うと、制作エピソードにある様なテーマで制作されている事もあると思いますが、少々既存のポップスに寄せすぎている様な印象も受けました。
これで強力な個性のあるシンガーが歌っているのであれば大きく印象は変わるのだと思いますが。
過去作品も知っている上で敢えて欲を言えば、ポップの中にも、もっとエッヂの効いた毒の様な物で痺れたいと思ってしまいます。(永田)

このページのトップへ