リプロダクションレポートを公開しました。

最終審査会ノミネート作品

akasaki kazuyuki / cell

Entry

市川コルトンプラザ店

審査員アドバイスコメント

曲中でも出てくるシンセのアルペジオフレーズが印象的なイントロで始まる曲運びに曲作りのワザを感じます。このイントロ部分は聴き手のワクワクする気持ちの盛り上げに十分効果が出ていると思います。
オケの打ち込みについては、非常に丁寧に作られていて、特にベース、ドラムのリズムセクション、まとまりもありつつ、丁寧に打ち込んでいて好感が持てました。また、全体のアレンジに加えて、ミキシングにおけるバランス、エフェクト処理など各所でクオリティの高さを感じました。それだけにボーカルのピッチの不安定さが惜しまれます。特に後半部分で気になりました。
しかしながら、楽曲の完成度は十分ありますので、後は細部の詰めでどこまでこだわって仕上げていくか、ということになるでしょう。(内藤)

このページのトップへ