リプロダクションレポートを公開しました。

最終審査会ノミネート作品

TOLAETH / new world

Entry

千葉パルコ店

審査員アドバイスコメント

冒頭の荘厳なストリングスによる演奏から突如ヒップホップのグルーヴィーなトラックに移って展開していく、という流れが印象に残りました。
ヒップホップのスタイルへの造詣の深さが感じられると共に、トラックが非常に作りこまれている様子がうかがえ、ミックスについても2ミックスのマスターとして十分のクオリティがあるなど、作品のクオリティは非常に高いものを感じます。
また、曲中に出てくるシンセサウンドはこれと言って目新しさはありませんが、曲のイメージに合ったサウンドが適切に選ばれて使用されていると思います。(内藤)

このページのトップへ