S7T 最終会場 ミーナ町田店 〜featuring mi-ya, lin, 勝乗貴志〜

全国7会場を周って来たS7Tもいよいよこの町田で最後!
東京に戻ってきました。感慨深いです。

■前日


移動距離がほとんど無い分、準備に時間をかけられるのは関東近郊店舗の良いところ。とはいえ町田はこれまで「祭壇」と呼ばれるコーナーが存在していたので、あまり手をかける隙もなく、サクサクと完成してしまいました…(汗) この日行った意味が薄れてきてしまう。マズイ。


というわけで細かいディテールにも凝ってみる中の人。ぜひこれらを着て外を出歩いて欲しいと願う、中の人なのでした。


そんな中発見したG&Lのmi-yaさん ポスター! これはG&LですがS7Gコーナーに留めておかなければなりません。必須です。

■開幕


いよいよS7T最終会場、町田開幕です。この日は、これまで一緒に周ってきてくれたアーティスト、全員が集結してデモを行うので、ハードスケジュールです。

○11:30 mi-ya

ミーナ町田店開店前からリハで入っていただいたmi-yaさん。


早い時間なのでお客様が集まっていただけるか、不安もありましたが…


そんな不安を吹き飛ばすかのように満員御礼。


8弦、7弦を駆使してa DROP OF JOKERの楽曲をプレイします。

本当にmi-yaさんの器用さにはいつも感服させられます。8弦→7弦→6弦と持ち替えながら全ての楽曲を弾きこなす対応能力、ステキです。


S7Gの魅力についてもしっかり語って頂きました♪

そしてもはや恒例となりつつある、21gの楽曲をS7Gでプレイするというサプライズ。(恒例になったのでもはやサプライズではないですねw) 新曲、「魂の歌」も飛び出しました。

○14:00 lin

続いてlinさん。mi-yaさんのデモ終わりからさっそくリハスタート。


スタッフもサウンドメイクを入念にサポート。低音感をしっかり出す為にOrangeのキャビに変更したりと、来場者様に楽しんで頂ける環境づくりを優先してリハーサルを実施していきます。


こちらも本番は満員御礼。


この日演奏してくれた6曲中5曲は、3月9日発売の「HOLOGRAM」からの楽曲。来場された方は、新曲をフルで聴ける幸運を体感して頂きました♪


この方の演奏、特にミュート技術はいつ聴いても素晴らしい。音切れの良さと、もちろん音作り、全てにおいてlinさんのワールドを持っています。

○16:30 勝乗貴志

最後はCYCLAMENから勝乗さん。


勝乗さんはギター→Amplitube(Mac Book内)→PAという、これまでの二人とは違ったスタイルのため、サウンドメイクに時間はあまりかかりません。

そのためリハというよりは腕慣らしの時間だったと言えるかもしれません(笑)


デモがスタートすると、会場にはプレイヤーの皆さんの顔がちらほら。(ライブなどで見る顔が多数)


プレイスタイルや楽曲から、ミュージシャンズ・ミュージシャンと言われている理由がわかります。


CYCLAMENの楽曲は変拍子からポリリズム、そして奏法もタッピングを多用したりと、非常にテクニカルだと言えます。それを難なく弾きこなす勝乗さん。いやぁ、本当にスゴイ。

サウンド面でも、CYCLAMENはあまりギターを歪ませないのが特徴。歪ませることでニュアンスが死んでしまうことを避けているそう。

 

その後、来場者の皆様は店内でS7Gを堪能して頂きました。


気づけば店内には7 YEARS TO MIDNIGHTの大音さんを接客するCYCLAMEN仁さんの姿が。


この日はアーティストデモ3連発で店内はバタバタしていましたが、町田店スタッフとアーティスト達の連携で、かなりスムーズに進みました!

■Strictly 7 Tour終了!

と、いうわけでStrictly 7 Tourは全8会場全て終了です。


各会場、期間中の9日間は邪悪なコーナーが完成し、ある種異様な雰囲気を醸し出していました。各S7Tにご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


そして各地でデモを行って頂いたアーティストの皆さん、本当にお疲れ様でした。素晴らしい演奏をありがとうございます。

■そしてStrictly 7 Fest(S7F)へ


Strictly 7 Tourでデモンストレーションを行ってくれたアーティスト達の所属するバンドが一堂に会するStrictly 7 Festが3月27日(日)、新宿MARZで開催されます!!

詳細はこちらへ!

カテゴリ: アーティスト, イベント タグ: , , , , , , ,