第28回 弦楽器フェスタ

展示商品一覧

ご来店・お問合せにつきまして

  • 商品に設置されている「お問合せ・来店予約」ボタンからフォームにてお申し込みください。
    • ボタンを押していただきますと、弦楽器コンシェルジュのお問合せフォームに遷移します。
  • フォームの備考欄に「〇〇会場来店希望」とご入力ください。担当スタッフからご連絡させて頂きます。
    • 来店希望の日時がありましたら合わせてご記入ください。
  • ご来店が難しい方へ、Web会議システムZoomを利用した「島村楽器オンラインコンサル」を設けております。
  • ページ内の「オンラインコンサルに申し込む」ボタンより、お申込みください。
  • バイオリン試奏会の会場でも、専門的なご質問等がございましたら会場スタッフに代わり、「島村楽器オンラインコンサル」にてご対応させて頂くことがございます。
  • 「島村楽器オンラインコンサル」は、お店の定休日やスタッフの夏季休暇などで、商談ご希望の日程と予定が添わない場合もございます。予めご了承下さい。

製作国チェコの商品一覧

Josef Patočka, Czech – Jičín, 1920 (ジョセフ・パトチカ)

税込販売価格¥418,000
製作国チェコ
製作年1920年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態展示中

ジョセフ・パトチカ(1895生 - 1943没)は、父:Benjamin Patočka(ベンジャミン・パトチカ)のもとでヴァイオリン製作を学びました。1915年、ジョセフ・パトチカは第1次世界大戦によってオーストリア軍に従軍することになりますが、1916年にロシア軍に捕らえられてしまいます。その後、キエフ(ウクライナ)で弦楽器工房を営んでいた親戚のPetr Schovánek(ペトル・ショヴァネク)を訪ね、古い弦楽器の修復や、ロシアの民族楽器「バララーイカ」を製作する仕事に就きました。

1920年に帰郷し、1931年に父親の死に伴い工房を受け継ぎますが、1939年に再びドイツ軍に拘束され、ブーヘンヴァルト強制収容所に送還される・・・という壮絶な人生を送りました。

非常に精巧なエッジワークからチェコ国内の製作家からも評価の高い製作家で、もっと多くの作品を残せたはずです。

1枚板裏板、パワフルなサウンドが特徴のストラドモデルです。

■ BODY LENGTH:361mm

■ UPPER BOUTS:167mm

■ MIDDLE BOUTS:111mm

■ LOWER BOUTS:205mm

■ DIAPASON:195mm

JAN:2370000464316

Julius A.Hubicka, Czech – Prague, 1945 (ユリウス・A・フビチカ)

税込販売価格¥418,000
製作国チェコ
製作年1945年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

ユリウス・フビチカは1886年生まれ。名門シュピードレン・ファミリーの初代にあたるFrantisek Spidlen(フランティセック・シュピードレン)に師事し、1925年にプラハで独立しました。アマティやストラディバリなどのモデルで多くの作品を残しましたが、どちらかと言うとオーストリアのメーカーや、フランスのNicolas Lupot(ニコラ・リュポ)の影響がみられる作風で、後進の指導にも熱心でした。

プラハで買付を行った本作品は、フビチカの弟子が製作した、良質な工房製作品になります。

JAN:2370000464385

Ladislav F.Prokop, Czech – Churudim, 1926 (ラディスラフ・F・プロコップ)

税込販売価格¥418,000
製作国チェコ
製作年1926年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

ラディスラフ・プロコップは1843年生まれ。4世代に渡って続く弦楽器メーカー。成功者である父親の元で1870年から5年間修業し、1876年にボヘミア東部の町:クルディムで独立。

オールド名器:Jakub Stainer(ヤコブ・シュタイナー)の影響を覗わせるオリジナルモデルに評価が高く、数々の賞を受賞しています。20世紀前半には、質が高くコストパフォーマンスの良い手工量産メーカーとして、1925年までのおよそ50年に渡って世界中にヴァイオリンを輸出しました。

■ BODY LENGTH:355mm

■ UPPER BOUTS:166mm

■ MIDDLE BOUTS:115mm

■ LOWER BOUTS:211mm

■ DIAPASON:191.5mm

■ CERTIFICATE:Jiri Hron

JAN:2370000464422

Josef Friml, Orebem-Czech, 1925 (Josef Friml (ヨーゼフ・フリムル))

税込販売価格¥440,000
製作国チェコ
製作年1925年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

フリムルはチェコ共和国の小さな村「トジェベホヴィツェ・ポト・オレベム」で製作しました。

もうすぐ100年が経とうとしているヴァイオリンですが、コンディション良く保管されていました。長い年月を経たないと作れない、味わい深いトーンをお楽しみ頂けます。

■ BODY LENGTH:357mm

■ UPPER BOUTS:168mm

■ MIDDLE BOUTS:101mm

■ LOWER BOUTS:209mm

■ DIAPASON:196mm

JAN:2370000411518

Ladislav F.Prokop, Czech – Churudim, 1940 (ラディスラフ・F・プロコップ)

税込販売価格¥495,000
製作国チェコ
製作年1940年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

19世紀中頃から弦楽器ビジネスで繁栄したプロコップ・ファミリーの3代目:Ladislav Prokop(1909-1993)の時代に製作されたヴァイオリンです。20世紀前半にはボヘミア東部の町:クルディムに大きなファクトリーを構え、世界中に良質なヴァイオリンを輸出しました。

■ BODY LENGTH:361mm

■ UPPER BOUTS:170mm

■ MIDDLE BOUTS:114mm

■ LOWER BOUTS:210mm

■ DIAPASON:195mm

JAN: 2370000464354

Ladislav F.Prokop, Amati Style, Czech – Chrudim, 1930 (ラディスラフ・F・プロコップ, アマティスタイル)

税込販売価格¥770,000
製作国チェコ
製作年1930年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

ラディスラフ・F・プロコップは、4世代に渡って続く弦楽器メーカー。1930年代は2代目にあたり、事業拡大に成功。シェーンバッハの職人を多数雇用し、オーストリア=ハンガリー帝国時代における、唯一の弦楽器卸売メーカーでした。

この楽器は柔らかい音色が特徴的な、Nicolo Amati(ニコロ・アマティ)のモデル。

世界的な名門オーケストラ:ウィーンフィルハーモニー管弦楽団お抱えの職人によって、特別にセットアップされています。

■ BODY LENGTH:361mm

■ UPPER BOUTS:166mm

■ LOWER BOUTS:208mm

■ CERTIFICATE:Wilfried Ramsaier-Gorbach

JAN:2370000464255

Ignatius Markert, Czech – Bohemiae Budowiciae, 1947 (イグナシウス・マルケット)

税込販売価格¥1,320,000
製作国チェコ
製作年1947年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態販売済み

Ignaz Markert(イグナズ・マルケット)は1891年シェーンバッハに生まれました。14歳で地元の弦楽器職人:Karel Pötzl(カレル・ペッツル)の下で3年の修行期間を経て、当時シェーンバッハにあったJosef Kreuzinger(ジョセフ・クラウジンガー)Ⅱ世の工房で働きました。

第一次世界大戦の終戦後、マルケットはプラハの名工として高名なDvorakファミリーに雇われ活躍し、1937年にはプラハに自身の工房を構え独立します。

第二次世界大戦後の1946年、南ボヘミア地方の楽器商:Otakar Coufalík(オタカー・クーファリーク)に雇われ、専属マイスターとしてクーファリーク社の弦楽器ビジネス拡大に貢献。彼は優秀な新作メーカーであると同時に、有能なリペアマンでもあったそうです。

彼の製作する新作楽器は、専門家からも常に"Perfect Wood"と評され、本作品も非常に美しい音響材が選ばれております。

1974年 ドイツ・ブーベンロイトで死去。

本作は、後期G.B.ガダニーニをモデルにした稀少な作品です。

5年に1度開催される世界的な弦楽器製作コンクールプラハ国際ヴァイオリン製作コンペティションで第2位を獲得した、Jan Spidlen(ヤン・シュピードレン)工房の第1アシスタント:Vaclav Pikrt(ヴァークラフ・ピクルト)氏のセットアップにより、即戦力のコンサート用楽器としてお薦めさせて頂きたい優れたマスター・ヴァイオリンになります。

※「Ignatius(イグナシウス)」はヴァイオリン内部ラベルのラテン語表記より転載しておりますが、本名は「Ignaz(イグナズ)」になるようです。

■ BODY LENGTH:357mm

■ UPPER BOUTS:166.5mm

■ MIDDLE BOUTS:111mm

■ LOWER BOUTS:209mm

■ DIAPASON:197mm

■ CERTIFICATE:Vackav Pikrt

JAN:2370000464415

Karel Vavra, Czech – Prague, 1985 (カレル・ヴァブラ)

税込販売価格¥1,650,000
製作国チェコ
製作年1985年
展示店舗フェアにて各店を巡回中
販売状態展示中

■Karel Vavra Profile

カレル・ヴァブラ(Ⅱ世)は1935年生まれ。15歳から父:カレル・ヴァブラ(Ⅰ世)のもとでヴァイオリン製作を始めました。

チェコとイタリアの2つの国際コンクールでゴールドメダルの華々しい受賞歴を持ち、チェコ弦楽器製作者協会の元・会長です。

また、優れた修復家としても有名で、チェコ音楽博物館(英名:Czech Museum of Music)に展示されるチェコ共和国が所有・管理するオールド弦楽器の調整を一手に任されています。

85歳となった今も、毎日工房に勤務しているそうです。

日本ではあまりにも無名に等しい製作家ですが、プラハの「大御所」として、欧州の製作家から尊敬を集めています。

ちなみに、ヴァブラ・ファミリーは19世紀後半から代々続く製作家の家系で、Jan Kubelik(ヤン・クーベリック)やJosef Suk(ヨゼフ・スーク)のために新作ヴァイオリンを製作しました。

■ BODY LENGTH:358mm

■ UPPER BOUTS:167mm

■ MIDDLE BOUTS:114mm

■ LOWER BOUTS:207mm

■ DIAPASON:193mm

■ CERTIFICATE:Karel Vavra(1985年発行のオリジナル製作証明書)、Jiri Hron ※2通付属します。

JAN:2370000464408

このページのトップへ