録れコン2019

録れコンとは?

録音された自作曲の楽曲、録音、アレンジ、オリジナリティのクオリティを競う録音作品コンテストです。

例えばこんな方大歓迎!

  • 「オリジナル曲をはじめてギターでつくってみたから、聴いてもらいたい!」
    • 弾き語り作品の応募も大歓迎です!
  • 「バンドの楽曲を音源にしたい!録音にチャレンジして、プロの意見を聞いてみたい!」
    • バンドの作品ももちろんOKです!
  • 「渾身のギターインスト作品を創れたので評価をしてもらいたい!」
    • プロミュージシャンからアドバイスをいただけるチャンスです!ぜひご応募ください!

アナタの渾身の作品をプロミュージシャンが聴いて、プロの視点からアドバイスをもらえるチャンスです。

楽曲のジャンルも問いません!みなさんのご参加お待ちしております!


参加特典・受賞特典

リプロダクション

参加特典

参加者全員にプロによるアドバイスコメントが贈られます。

アドバイスコメントは応募方法によって以下の方法でお渡しいたします。

  • WEBエントリー:メールにてお渡し
  • 店頭エントリー:店頭にてお渡し

アドバイスコメントのお渡しは2019年5月以降を予定しております。

リプロダクション

受賞特典

各賞(楽曲賞・アレンジ賞・サウンドクリエイト賞など(5作品前後))受賞者は、島村楽器全店でBGMとして作品をご紹介いたします。

また、下記に掲載している賞品のいずれかが贈呈されます。

最終選考にノミネートされた全作品は当サイト上でご紹介いたします。

リプロダクション

グランプリ特典

グランプリ受賞者には、レコーディングスタジオでプロエンジニアと一緒に作品のリプロダクション(ミックス・録音)が受けられます。

TuneCore JAPAN楽曲配信クーポン プレゼント

特別特典

参加者全員にTuneCore JAPAN 楽曲配信クーポンプレゼント!

詳しくは楽曲配信クーポンプレゼントについてをご覧ください。

画像


賞品


審査員・アドバイザー(50音順)



鎌田岳彦(レコーディングエンジニア)

北海道出身。10代の頃は音楽の勉強に明け暮れ、音楽大学卒というエンジニアとしては珍しい経歴を持つ。音楽的な視点から全体のサウンドを思考できる、独特なワークスタイルを持つエンジニア。作家やバンドメンバー、ミュージシャンとのコミュニケーションを大切に考え、アイデアを出し合い一緒に作り上げるスタイルで、楽器やヴォーカルのピッチ、リズムのチェックやディレクションなど、スタジオワークにおいて多くのミュージシャン、アーティストの信頼を得ている。また、ビンテージを含む、マイクロフォン・エフェクターのアナログ録音機材にも造詣が深く、大胆な選択でより本格的・個性的なサウンドを生み出している。
関わった作品は、アーティストのアルバム、映画やTVドラマ等、非常に多岐にわたる。音楽雑誌(サウンド&レコーディングマガジン)等で、録音機器の使い方等のレクチャーや新しい機材のレビュー等も20数年執筆継続中。


清水 玲(ベーシスト・アレンジャー)

大学在学中にプロとしての活動を開始する。その後、セッショ ン・プレイヤーとして川本真琴、松浦亜弥、藤本美貴、モーニング娘、trfなどのレコーディング やコンサートに参加。バンドと してはSOHBAND,afrontia,細川玄 NGCJU,Coyoteなどで活躍中。CM音楽、ゲーム音楽「WWEスマックダウン」等の作曲、アレンジも多数手がけている。
1993年より濱瀬元彦氏に師事し、2007年からMotohiko Hamase The ELF Ensembleに参加。執筆活動としては、ベース・マガジン 誌にスラップ・セミナー「Brush your SLAPup!」を連載(現在終了)。電子楽器メーカーROLAND,BOSSのセミナーでインストラクターも務めている。


鈴木一義(ギタリスト・アレンジャー)

静岡県出身。ハードロック・ヘビーメタルに強く影響をうけ15歳よりギターを始める。高校卒業後上京し、音楽専門学校へ。在学中より楽器メーカーのデモンストレーターとして活動する。ファンクやソウル、ジャズ、フュージョンなど様々なスタイルの音楽に影響をうけながら卒業後はギタリストとしてプロミュージシャン活動を開始。キレのあるカッティングと、ジャンルにとらわれないハイブリッドなソロスタイルには定評があり、これまでに数多くのアーティストのレコーディング、ライブ・サポートを行う。また、無類のエフェクター好きで、新しいものは音を聴いてみないと気が済まないという好奇心の持ち主でもある。近年はギタリストとしてだけでなく、コンポーザー、アレンジャー、サウンドプロデューサーとして、CMやゲーム音楽、企業用BGM、映画のサウンドトラックなど、様々なジャンルの音楽制作にも携わっている。また、専門学校の講師や教則本の執筆など、後進の育成にも力を注いでいる。


高橋竜(ベーシスト・作編曲家)

4月22日東京都目黒区生まれ。10歳から横浜で育つ。10代後半からプログレッシヴ・ハード・ロック・バンドWHITE FANGのベース兼リード・ヴォーカリストとして活動、アルバム発売~全国ライヴ・ハウス・ツアー。 解散後すかんちの小川文明(Key)らとキーボード・トリオSUZY CREAM CHEESEを結成、3枚のアルバムをリリース。難波弘之(Key)、五十嵐アンジー(Vo)らとのバンド、NUOVO IMMIGRATOでも活動。
サポート・ミュージシャン活動として、桑名晴子、東野純直、大槻ケンヂ、ダイアモンド☆ユカイ、シング・ライク・トーキング、桃色クローバーZ、PASSPO☆、水越けいこ、陣内大蔵、影山ヒロノブ、須藤あきら、SWITCH、川村かおり、渡り廊下走り隊など幅広くライブ・レコーディング、作曲等に参加。その他日産NOTE、AEON、ダノン・ビオ・ヨーグルト、GUM PLAY、アサヒ十六茶等のテレビCMのナレーションを担当。


内藤朗(サウンドクリエイター)

キーボーディスト、シンセサイザープログラマー、サウンドクリエーターなど様々な側面を持ち、作編曲からレコーディング制作、ライブ演奏など多岐に渡る分野で活動中。 様々なハード、ソフトを目的に応じて自由に使い分ける制作手法を得意とし、各種音楽制作環境の構築における実践的な機材セットアップには定評がある。 また、音楽制作系のライターとしても広く知られ、DTMマガジン、サウンドデザイナー、Logic ProX攻略ガイドブック、DX7 30thアニバーサリーブック、コードセッションブック、キーボードポジションハンドブックなどの制作に関わる。
有限会社FOMIS代表取締役、一般社団法人日本シンセサイザー・プログラマー協会(JSPA)正会員、MIDI検定指導研究委員会委員。


中澤智(レコーディングエンジニア,Sound City)

1970年生まれ。長野県出身。1991年に株式会社サウンド・シティに入社。以降CM、劇伴、バンド等、レコーディングエンジニアとして、メジャー・インディーズを問わず数々の作品に参加。2001年 フリーランスとして独立。2011年に株式会社サウンド・シティに再入社。
現在、株式会社サウンド・シティ オーディオ技術部部長。レコーディングエンジニアとしての仕事をこなしながら、レコーディングスタジオの運営、管理など忙しい日々を送っている。


野村大輔(ギタリスト)

エレキ・ギター、アコースティック・ギターのどちらも得意とし、歌の良さを引き出し曲に溶け込むようなギターアレンジを得意としている。また、幅広いジャンルをカバーしつつもブルースをベースにしたプレイ・スタイルを持ち味としたギタリスト。
15歳からThe Beatlesに憧れアコースティックギターを弾き始めその後Jimi Hendrix.Eric Clapton..etc などに影響を受けエレキギターを弾くようになる。様々なバンド活動をしながら10代でギター講師の仕事を開始し、現在ではレコーディングサポート、ライブサポート、作曲、編曲、プロダクトスペシャリスト、ギター講師、執筆活動など幅広く活動を続けている。


福地智也(ギタリスト、サウンドクリエイター)

東京都出身。Blues、Soul、Funk Musicを愛し、Jimmy Nolen、Phelps“Catfish”Collins、Nile Rodgers等にギタースタイルの影響を受けた。ギタープレーヤーとして多くのアーティスト、アイドルグループ等のレコーディング、ライブサポートに参加。ギター演奏、音楽制作のみならず、1994年から多くのメーカーの楽器、エフェクター、DAWのセミナー、デモンストレーションを行う。豊富な専門知識から楽器メーカーの取り扱い説明書の執筆なども行う。雑誌への原稿執筆では、難しい用語を使わずに、誰にでもわかりやすい内容が評価を受けている。


宮脇俊郎(ギタリスト)

1965年兵庫県神崎郡福崎町出身。ビートルズで音楽に目覚め、ギターを手にする。東京学芸大学卒業後にギタリストとしての活動をスタートし、1999年より自ら主宰するギタースクールを立ち上げる。これまでに多数のギター教則本&DVDの他に「ポピュラー・ピアノ入門」「なるほどベース理論ゼミナール」など、ギター以外の教則本も制作。近年は台湾、中国北京・蘇州でライブ&セミナーを開催するなど海外の活動にも力を入れている。2017年7月より、世田谷区下北沢にギター教室を移転。エレキ・ギター、アコースティック・ギター、ベース、音楽理論、ピアノ弾き語り等のレッスンを実施中。


協賛企業(50音順)

このページのトップへ