プレスリリース

報道関係各位
PRESS RELEASE
2013年9月25日
島村楽器株式会社

楽器で世界を笑顔にしよう~楽器リサイクルプロジェクト~をはじめます。

島村楽器株式会社(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長:廣瀬利明)は、創業(1962年)から今日まで事業を続けてこられましたことを社会全体に感謝するために、環境・社会に役に立つCSR(企業の社会的責任)活動の一環として『楽器で世界を笑顔にしよう~楽器リサイクルプロジェクト~』を2013年10月1日(火)~10月31日(木)の期間で行ないます。
このプロジェクトは、お客様のご自宅に眠る不要となった楽器・壊れた楽器をお預かりし、弊社が運営をする音楽学校 代官山音楽院(東京都渋谷区)にて楽器の再生のための修理をし、開発途上国や国内の児童養護施設の子供たちに音楽で笑顔になってもらいたいという願いを込めたものです。
開発途上国には、日常的に飲料水や食糧が不足していたり医療が整っていないなどの問題をかかえる国が数多くありますが、楽器を演奏することで自分自身が笑顔になり、また周りも笑顔にすることができることを知っていただくためにJICA(独立行政法人 国際協力機構)「世界の笑顔のために」プログラムに参画し、青年海外協力隊員を通じて、楽器をお届け致します。また、国内の児童養護施設は、ここ数十年で入所児童が増加しており、その半数以上がネグレクト(育児放棄)で、子供たちは自己評価がとても低くなってしまったり、自分の居場所がどこにもないと感じたりなど様々な理由によって心身ともに傷を負っております。楽器を使って笑顔を取り戻していただくことやうまく表現できない感情を様々な楽器を使って表現していただくために、弊社の店舗スタッフが楽器をお届け致します。
今回募集させていただくのは、代官山音楽院にて再生のできる楽器、電気の供給がない可能性のある開発途上国でも使える楽器に限定させていただきました。
『楽器で世界を笑顔にしよう~楽器リサイクルプロジェクト~』を通じて、一人でも多くの方に音楽の力で笑顔になってもらいたいと思っております。
全国の島村楽器にて楽器を受け付けておりますので、皆様のご協力をよろしくお願いします。

第1回 楽器で世界を笑顔にしよう〜楽器リサイクルプロジェクト〜

募集楽器

  • 木管楽器:サックス・フルート・クラリネット・ピッコロ・オーボエ
  • 金管楽器:トランペット・トロンボーン・ホルン
  • ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・アコースティック・ギター・クラシックギター

※上記以外の楽器の募集はしておりません。

お預かりから再生まで

皆様よりお預かり致しました楽器は、弊社が責任を持って楽器として再生させます。
※単体では再生不可の楽器につきましては部品のみにさせていただきます。

開発途上国へのお届け

JICA(独立行政法人 国際協力機構)「世界の笑顔のために」プログラムにより青年海外協力隊員を通じて、お届け致します。
JICA(独立行政法人 国際協力機構):http://www.jica.go.jp/

国内の児童養護施設へのお届け

最寄りの店舗よりお届け致します。演奏方法やメンテナンスを指導、また音楽に関する質問や疑問に弊社スタッフがお応え致します。

ご提供方法

お近くの島村楽器のスタッフにご提供下さい。
店舗情報:http://www.shimamura.co.jp/shops/