会長紹介/理念と歴史

会長紹介

島村楽器 代表取締役会長 島村 元紹

島村楽器 代表取締役会長

島村 元紹(しまむら・もとつぐ)

早稲田大学政経学部を中退後、家業の文具店を継ぐ。
1962年に現・ヤマハの勧誘を受けて音楽教室をスタート。69年に島村楽器を設立。
「音楽の楽しさを提供し、音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」という社会的使命を掲げ、
業界でトップクラスの企業に成長させる。
趣味はジャズ、クラシック音楽鑑賞。休日は夫人と一緒にコンサートを楽しむこともある。

島村楽器の理念

当社では社員皆が共有している理念があります。

  1. 「音楽の楽しさを提供し、音楽を楽しむ人を1人でも多く創る」
  2. 「企業として進化し、永続するために必要な利益を上げ、社会に必要な仕事を創造しつづける」
  3. 「仕事を通じて従業員一人一人が人間として成長し、楽しく自己実現を図り、公私共に豊かな人生にする」

この理念を常に心に置き、お客様に支持される魅力的な人創り・店創りを進め、
さらには、島村楽器そのものが「音楽の楽しさ」をさらに提供できる企業として
無限成長し続けていきます。

島村楽器の歴史

島村楽器の創業者・島村元紹が、店主であった父親の他界により、早稲田大学を中退し家業を継ぐ。

《1962~》創業期

《1962~》創業期

島村楽器の創業者であり、現代表取締役会長である島村元紹は、東京都江戸川区平井の島村文具店店主の息子として1933年に生を受ける。都内の大学まで進学するも、店主であった父親が他界したため、大学を中退し家業を継ぐ。
1962年、島村青年が28歳のころ、日本楽器製造(現ヤマハ)の勧誘により音楽教室を開設。文具店が音楽教室を開設することは当時では非常に珍しく、日本経済新聞でも取り上げられる。
1969年には教室の生徒を対象にピアノやエレクトーンの楽器販売をスタートさせ、同年に島村楽器株式会社を設立する。その後、都内に8カ所の音楽センターを開設し、教室事業を軌道に乗せる。
1976年からは大学新卒者の定期採用を開始し、サービス力の強化と事業拡大に向けての土台作りも本格化。
1976年には創業以来初めてとなる若者向けのライトミュージック(L.M.)専門店を東京・平井駅前にオープン。音楽教室はもちろんのこと録音スタジオまで併設したソフト主導型の楽器店舗は日本では初めてのことだった。

《1979~》店舗販売初期

《1979~》店舗販売初期

1979年の本八幡ピアノ&エレクトーンショップ、1981年のL.M.国府台店とオープンさせ、島村楽器は楽器専門店としての顔を見せ始める。
1982年に初めてショッピングセンター(SC)のテナントとしてMusic Hot Lineジャスコ葛西店をオープンさせたことを機に、その後はSCを中心に店舗を展開。顧客の視点に立った楽器店として、独自のマーチャンダイジング(MD:商品戦略)とソリューション提案型の販売を実践していく。
楽器だけでなく、付帯する小物類やデジタル機器、楽譜まで取り揃えた総合楽器専門店としての地歩を固めつつあった島村楽器は、ハードではなくソフト主導型であることを改めて明確にするため、現在も変わらない経営理念を確立する。
この理念を実現するべく、各店舗独自で企画したイベントが数多く開催される。著名人による楽器演奏コンサート、アマチュアバンドコンテスト「HOTLINE」、公開レッスンなど今もなお続くイベントも少なくない。
こうした店舗を中心とした島村楽器のライフスタイル提案型の音楽発信活動が、首都圏の各地域に根付き始める。

《1989~》多店舗展開期

《1989~》多店舗展開期

着実に足下を固めた島村楽器は1991年3月にオープンさせた名古屋パルコ店を皮切りに、いよいよ全国展開を図っていく。
1989年~1998年の10年間で日本全国に約50店もの店舗をオープンさせ、楽器専門店として国内トップ企業にまで急成長する。ちなみに、この全国展開を機に、「HOTLINE」コンテストも1996年から全国規模の大会に発展する。
すでに独自のMDを展開していた島村楽器は、顧客のニーズをより深く追求した自社商品開発に乗り出す。
島村楽器独自のストアブランド(SB)商品や、音楽制作ソフト(PC用)などを開発・商品化し始めたのもこの頃であった。

《1999~》本格的企業経営期

《1999~》本格的企業経営期

長引く日本経済不況をよそに、島村楽器は1999年~2001年の間にも計20以上の店舗を新規オープン。店舗展開の勢いを持続する一方で、ストアブランドロイヤルティの向上、店舗間格差の是正に向けて、地に足のついた堅実な経営戦略を実践していく。
その1つが商品戦略。顧客が欲しい商品をタイムリーかつスピーディに提案・供給できる品揃え、ディマンド・チェーン・マネジメントを実現するために、まずロジスティックス(物流)面を強化。1999年に物流子会社であるホットラインミュージック(株)の物流システムを刷新する。
また、顧客のニーズに沿ったリーズナブルなSB商品「History:ギター」と「RAPHAEL:ピアノ」を2001年に発売。同時に差別化されたブランド力を持つ海外ブランド楽器を品揃えに加えるため、スタインウェイピアノと正規特約店契約を結び、同社のピアノ販売を開始する。
こうして物流面と商品の品揃えを向上させることにより、店舗のストアブランドロイヤルティを高く定着させ、さらには収益性を安定化させる。
2001年からは店長クラスの研修プログラムを開始するなど、商品戦略だけでなく、業績を左右する最大の要素である人材に対する教育にも力を入れる。

《2002~》独自価値創業企業経営期

《2002~》独自価値創業企業経営期

楽器専門店としてのステータスだけでなく、一企業としても確固たる社会的認知を得た島村楽器は、規模の拡大(量)より質の最大化を目指す充実戦略を推し進める。
2002年にはPOS(Point of Sales)システムを全店に導入し、さらなる顧客主導型の品揃えと在庫管理の効率化を推進。SB商品開発へとつなげ、本格的なS.P.A.(製造小売業)企業への変貌を図る。
また、もっと幅広い層へのサービス力を強化するため、子供向けのL.M. 楽器「キッズミュージシャンシリーズ」やターンテーブルなどのDJ用機器、さらにフルートなどの管楽器など、幅広いジャンルのSB 商品を発売する。
管・弦・声楽のクラシック音楽コンサート「音楽コンクール」の立ち上げ(2003年)や、全国のミュージックサロンメンバーによるコンサート「ユアステージ」のサントリーホール開催の実現(2004年)など、イベント面でもサービスを拡充。
また、経営理念の1つでもある「音楽の楽しさを伝えていく」人材を養成するための専門学校「代官山音楽院」を2003年に設立し、教育事業への進出も実現する。

to the future

世界一の総合音楽企業へ

楽器小売業の枠を超え、経営理念を実現するためにあるべき姿を追求する島村楽器。2014年2月期には売上が300億円を超え、国内市場での存在感は増す一方だ。
近年では、オンライン購買傾向の高まりに併せたオムニチャネル戦略、専門性を高めた店舗戦略など、市場の動向に対応する事業展開も強化し、新たな挑戦を続けている。
また、その視線は国内のみならず海外へも向けられている。
「音楽を楽しむ」人口が今後爆発的に増加することが見込まれるアジア圏への進出により、島村楽器の理念である「音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」を世界で実現するべく、2015年9月に海外初出店となるイオンモール北京豊台店をオープン。中国での多店舗展開や東南アジアへの出店を成長戦略の柱の一つに据えている。


「失敗を恐れずチャレンジし、変化し続ける」姿勢。
それは創業者・島村と社員たちが築き上げ、そしてこれからも受け継がれる島村楽器のDNAだ。
島村楽器は、そのDNAを原動力とし、世界一の総合音楽企業への歩みを着実に進めていくだろう。


社長名鑑 当社会長が取材を受けました