ドングロッシュ ヴィンテージを超えたカスタム

すべてにおいて最高を目指したドングロッシュのカスタムギターは、アメリカ西部・コロラド州のドンの工房でごくわずかな数が丁寧に作られています。その作品はUSAギタープレイヤー誌でも過去最高の評価を獲得。スティーブ・ミラーやマーク・ノップラーなど、多くのギタリストから高い評価を得ています。

ドングロッシュのこだわり

Material 一つ一つの木材の鳴りを生かす

木材の鳴りを生かす

同じ木材は存在しないという考えのもと、ネック材、ボディ材、指板材それぞれ固有の鳴りを活かしたマッチングを実施。
材がもつキャラクターを把握し、モデルごとのコンセプトを実現するために最も適した木材を組み合わせて使用しています。
カスタムビルダーならではの時間と手間隙をかけたこの行程が、ドングロッシュならではの隙のない鳴りを生み出します。

Neck ネックへのこだわり

ネックへのこだわり

「ネックは重くて質量があるほど音が良い。」というドンの哲学のもと、密度が高く質量のある木材をネックに選択。
ヘッドも厚く加工し質量を追及しています。ネックの質量が大きいほどサスティンに優れ、太くタイトな鳴りを生み出します。
またネックのカービングは手作業。
1/1000インチ単位でシェイプを追い込み、抜群のフィンガリングと長期にわたるネックの安定性を実現しています。

Hardware パーツへのこだわり

パーツへのこだわり

全てのドングロシュには、ドンのコンセプトを実現するオリジナルのピックアップが搭載されています。
またマシンヘッド、ブリッジなど全てのパーツは、楽器に最適な製品がチョイスされています。

Body 伝統を活かしたオリジナルシェイプ

伝統を活かしたオリジナルシェイプ

ドングロッシュの多くのモデルはクラシックカルフォルニアデザインをベースに設計されています。その上で、より優れたプレイアビリティ、音響特性を実現するため、ボディサイズ、コンター加工、ネックデザイン、ヘッドデザイン、全体構造まで全て見直し、独自の設計を行っています。

Finish ビンテージルックスへのこだわり

ビンテージルックスへのこだわり

通常モデルには、数々のビンテージギターによりその素晴らしさを証明されているラッカー塗装を採用。 長く使うほど、経年変化によるウェザーチェックやクラックの風合いも楽しめます。
また、スタンダードモデルはレスポンスに優れ、美しさを長く維持できる、極薄のウレタン塗装をボディに採用しています。 ドンを含む数名にビルダーによる、月産30本にも満たない本数のギターは、その古き良き時代のフィーリングを漂わせます。

ドン・グロッシュ

ドン・グロッシュ

Profile

  • 1985年に、北ハリウッド(カルフォルニア)のバレーアーツショップに加わり後に工場長に就任。
  • ラリー・カールトン、スティーブ・ルカサー、ジェイ・グレイドン、リー・スクラー、ヴィンス・ギル、リー・リトナーなど数多くのミュージシャンのギターを製作。 徹底的にこだわるミュージシャンの要望を聞き、実現のために考え抜き、実験を繰り返すことで、独自の製作スタイルを構築。
  • 1993年に独立しオリジナルデザイン、ハンドメイドのカスタムギター工房グロシュ・ギターを設立。
  • その内のモデル、レトロクラシックはUSAギタープレイヤー誌で今までどのギターにも与えられたことの無い最高の評価を得ました。

USAギタープレイヤー誌によるドングロッシュ評価

「音響的に、レトロクラシックは、我々が今まで聞いた中で最も濃い音がするストラトスタイルギターです。新品のギターではまずありえない、エージング(経年変化)の魔法が籠められています。
どんなアンプにつないでも、グロッシュは豊かで、複雑で、驚くべきバランスのとれたトーンを生み出しています。」

「レトロクラシックは、なめらかなエリック・ジョンソン・トーンを切望するプレーヤーや、ヴィンテージ・フェンダーの感触を望む人への優れた選択です。 このギターは非常によく鳴り、そして滑らかで、正確なトレモロはチューニングの問題を与えません。」

「ドングロッシュはビンテージ手法を籠め、最高の評価を得ました。 素晴らしいオリジナル・ストラトやレプリカ・ストラトを探すことはできますが、グロッシュより音が良く、演奏性が良いものが見つけられるかは疑わしいです。」

ボディカラーサンプルチャート

詳しくはこちら

このページのトップへ