箏

日本を代表する伝統楽器といえば、やはり箏。
繊細でありながらどこか緊張感を持つ、その優雅な美しさは、西洋楽器とは違った独特の趣きがあります。
その起源は奈良時代にまでさかのぼり、筝の形が竜に似ていることから、楽器の各部には竜に見立てた名前が付けられました。
現代においても、楽器として凛とした存在感を放っており、クラシック音楽との交流や、新しい形のソロ演奏など、その世界を拡げ続けています。
箏コース

レッスン形態・料金

このページのトップへ