社長紹介/事業展開

社長紹介

島村楽器 代表取締役社長 廣瀬 利明

島村楽器 代表取締役社長

廣瀬 利明(ひろせ・としあき)

慶応義塾大学法学部卒、米国・ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院MBA。
島村楽器入社後は、経営企画、音教事業部、ネット関連業務、商品開発等の担当役員を経て、
2013年に代表取締役社長に就任。

事業展開

島村楽器は1962年、48人の生徒とともにスタートした音楽教室からその歩みが始まりました。
設立当初から「ソフト主導型」の経営を柱にし、「モノの前にコトを売り、人を売る」という哲学のもと「音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」ことを追求し続けてきました。現在では全国38都道府県に店舗・音楽教室を広げ、日本最大の楽器小売店として、また日本有数の音楽教室運営会社として、年間売上高は300億円を超えるに至りました。
さらに、高付加価値と高いコストパフォーマンスを提供できる島村楽器ストアブランド商品の開発や、国内外メーカーとのコラボレーション商品開発、高度な楽器知識・技術を有する人材育成のための島村楽器テクニカルアカデミー(旧・代官山音楽院)設立、多様なイベント開催など、多くのお客様に音楽を楽しむ機会を提供する取り組みを充実させ続けています。

今もお客様の期待に応え成長を続けるため、2013年の社長就任と同時に新たな3本の柱ともいえる事業戦略を掲げました。

  1. 専門特化型店舗を創出、店舗間ネットワークを強化し島村楽器全体の専門性の向上
  2. 店舗網とインターネット双方を活用したオムニチャネル推進
  3. 音楽文化のさらなる発展が見込まれるアジア圏への進出

国内の人口減少、需要の細分化、インターネットによる消費行動の多様化など、わたしたちの置かれている環境は目まぐるしく変化し続けています。
新たな事業戦略を迅速に進めていくことを通じて、環境変化に柔軟に対応し、「音楽を楽しむ人を一人でも多く創る」という島村楽器の理念をさらに広めて参ります。