APPEARANCE 21 八王子 ‟ABSTRACTS SPECIAL DEMONSTRATION” Report

2017年内のAPPEARANCEも残りわずかとなった11月25日(土)。21回目の開催となる八王子でのAPPEARANCEは‟ABSTRACTS SPECIAL DEMONSTRATION”が同時開催されました。

■‟ABSTRACTS SPECIAL DEMONSTRATION” Report


島村楽器八王子店では23日(木)からニューモデルやスペシャルモデル、ベースなどが並び、島村楽器店内でも異様な雰囲気。(←APPEARANCEを開催するといつもこう)


レギュラーモデル達も威風堂々。

25日(土)はAPPEARANCE内特別イベントとして‟ABSTRACTS SPECIAL DEMONSTRATION”が開催されるため、時間が近付くと店内は来場者であふれ始めます。

かねてからお知らせしていた通り”MODE”の音源販売価格と共に、先日発表されたabstractsニューマーチも、本会場のみの数量限定先行販売。


今回のデモンストレーションは「Slow Dancer」「Mirror」「Mind Your Own Business」「Wind」と、新旧織り交ぜた構成。来場されたファンの皆さんは、ABSTRACTSのお二人の演奏を間近でじっくり観察できたことでしょう。


ベースは曲によってピック弾きと指弾きを使い分けるMIKIさん。Axe-FX内のプリセットも演奏する曲によって変更されます。


過去は特徴的なサウンドをあえて作っていたLINさん。現在は驚くほどにフラットなEQと、少ないゲインで演奏されています。ノイズゲートはAX8の入力段とその直後、TS系ドライブの後段にかけて、ミュート時にばっさり音が切れるようにセットされていました。


MIKIさんはAxe FXⅡ、LINさんはAX8とお二人ともFractal Audio Systemsで音を作っているという事で、彼らのプリセット内エフェクター&アンプ配置を解説。これまであまり公開されていなかった彼らの使用しているアンプタイプやエフェクトも知ることが出来ました。

キャビネットIRは追加パックに入っている物を使用。ここにもサウンドへのこだわりが見えました。


「僕らは常に新しいところへ向かっているので、『今』の僕らが僕らです」というLINさん。ファーストアルバムから3年たった今、ギターサウンドは変化というよりも進化を遂げています。まさに「今」のサウンドを掘り下げた今回の‟ABSTRACTS SPECIAL DEMONSTRATION”は、現在進行形の彼らをより深く知る機会となり得ました。

■”STAGE”

今回はFractal Audio Systemとのコラボイベントであった事もあり、基本的にはAxe-FXⅡとAX8にスポットを当てた内容でしたが、それ以外の機材について画像と共に”STAGE” vol.3に掲載されます。2017年12月初旬配布開始のフリーペーパーですので、ぜひ全国の島村楽器店舗にてゲットしてみて下さい。

カテゴリ: APPEARANCE, イベント タグ: , , ,