CYCLAMEN登場! ~ギタリスト勝乗氏~

S7GアカウントTwitterを始めてすぐ、日本人Djent系バンドとして世界中で人気を博すCYCLAMENのリーダーである今西氏とやりとりをさせて頂きました。

CYCLAMEN


CYCLAMENは13歳でイギリスに渡った今西勇人氏が2008年にソロプロジェクトとしてスタートさせました。
その後元SikTh、現PRIMAL ROCK REBELLIONのマイキー・グッドマン(Vo)とコラボ、MONUMENTSのオリー・スティール(Gt)を擁したバンド形態を取りながらも解散。ソロプロジェクトに戻ります。
今西氏は結婚を期にタイに移住。2012年冬には日本でバンドを結成し、タイと日本を往復しながらCYCLAMENを再度バンドとして加速させています。

そこでCYCLAMENのギタリスト、勝乗氏がS7Gにご興味があるとのことで早速連絡。S7Gプロモーションにご協力頂いちゃいました!!

CYCLAMEN ギタリスト勝乗氏

八王子店スタジオで待ち合わせ。
スタジオにはS7Gギター3本を用意していました。


準備していると、勝乗さん登場。
さっそくS7Gギターに興味津々です。
6弦を持ってCYCLAMENの楽曲を演奏します。

と、ここでCYCLAMENでは6弦を使用する勝乗さん、7弦を手に取りさらにヘビーなフレーズを…


PeripheryのIcarus Lives♪───O(≧∇≦)O────♪
タマラン!!

デモンストレーション①

実際にデモして頂いたのは「破邪顕正」というCyclamenn曲。CYCLAMENでは6弦のみ使用ということで、使用ギターはCobra Standard 6です。

さっそくその演奏をご覧下さい。

デモンストレーション②

今回せっかく7弦、8弦もあるということで、勝乗さんもノリノリでギターを弾き倒します。


Cobra Standard 8を抱えて「なんか新しいフレーズとか浮かびそうですね」と喜んでいただけてる様子。
そんな勝乗さん、「せっかくなんで…」と 7弦でもデモンストレーションを披露して頂きました!
7弦デモの様子は動画が完成し次第VideosにUPしますので、お楽しみに。

最後に、今後CYCLAMENのライブがあったら是非使って頂ければ、とお話して今回のデモは終了しました。

いやー、勝乗さん、お若いのにテクニックがすごい。
こういったフレーズでヘヴィーに決める時、S7Gはけっこうな威力を発揮します。
今後もアーティストさんにこういったご協力をしていただけるよう、S7G Japan、頑張っていきますよー!!

カテゴリ: アーティスト, 試奏・撮影 タグ: , ,