工場出荷弦と出荷時チューニング

今日はS7Gの工場出荷弦についてお伝えしましょう。
(なので短めです。)

■D’addario


まず出荷弦のメーカーはD’addarioです。
“Exclusive”と表記がありますが、基本的には通常のダダリオ弦です。

ERNiE BALLと並んで世界に名だたる弦メーカーです。不安はありません。

■ゲージ

皆さんが一番気になるのがここでしょう。
S7Gのほぼ全てのギターは.010 から始まるゲージが張られています。7弦、8弦となると+αで太い方に弦が足されるので、どんなゲージが足されるか、というのがポイントですね。

~6弦~

.010/.013/.017/.026/.036/.046

6弦S7Gには通常のEXL110のセットが張られています。6弦は25.5inchスケールが多いので、レギュラーチューニングでの出荷にもこれで対応しています。

~7弦~

.010/.013/.017/.026/.036/.046/.059

7弦は27.5inchスケールのモデルが多く存在します。27inchであるが故にテンションもしっかり保たれますので、ダウンチューニングでもしっかり弦が鳴ってくれます。
そんな7弦のゲージはEXL110-7 と同様。通常はB-Standardチューニングで出荷されます。

~8弦~

.010/.013/.017/.026/.036/.046/.059/.072

8弦のEXL110ラインナップはダダリオにはありませんが、S7GではEXL110に.072を追加して出荷されます。8弦のスケールも27.5inchが多く、レギュラーチューニングのF#-Standardで出荷となります。

というワケで今回はS7Gの工場出荷時の弦、およびチューニングについてお伝えしました。

カテゴリ: スペック, その他 タグ: , ,