音楽教室だより

ヴォーカル講師に聞いた!カラオケで上手く歌う5つのコツ

ヴォーカル講師に聞いた!カラオケで上手く歌う5つのコツ

音楽投稿アプリや、動画サイト上へのカラオケ投稿が流行中。島村楽器のヴォーカル教室でも「どうやったらカラオケがうまくなりますか?」と訪ねてくる方が増えています。

そこで、ヴォーカルレッスンを担当している竹本先生に、カラオケでうまく歌うために大事な5つのコツを教えてもらいました。

カラオケ上達!5つのコツ

カラオケの採点機能にはさまざまな項目がありますが、自分の思い通りに歌えるようになるためには歌声をうまくコントロールできなくてはいけません。

得点アップだけでなく "歌そのものの上達”のコツもお伝えします!

1. 筋肉をほぐして、声の出しやすさをアップ

スポーツと同じく、ウォーミングアップ無しにいきなり100%の力は出せません。歌う時にも準備体操が必要です!

子どもの時に誰もがやる?あの動きが効果的

全身のストレッチにプラスしておすすめなのが「リップロール」。息をはきながら唇を”ブルルルルル…”と震わせるアレです。

できるだけ一定の量で息を出すようにして、徐々に振動が続く時間をのばしてみましょう。(振動がなかなか続かない人は口の端を指で押さえると続きやすくなります!)

実はこの動き、筋肉の緊張を取ったり喉を暖める方法として、とても効果的なんです。柔軟性がアップして声が出やすくなるだけでなく、音程の安定にも繋がります。

2. 自分のキーに合った曲を選ぶ

「好きな曲を原曲キーのまま歌って、声が裏返ってしまった…」。誰もが一度は経験していることですよね。恥ずかしくなって同じフレーズで尻込みしてしまったり、変に力んで苦しくなってしまったり。

まずは高音も低音も無理なく、自分の歌声としてきれいに響かせることができる曲を選ぶことからスタートしてみましょう。

アプリを活用するのも○

自分のキーに合った曲が探せるスマートフォンのアプリもあるので、そういったもので調べてもいいかもしれません。

3. 腹式呼吸を使う

仰向けに寝た状態で、何も考えずに息を吸ったり吐いたりしてみてください。自然とお腹が膨らんだりへこんだりする状態がいわゆる ”腹式呼吸”。

歌声を上手にコントロールためにはこの腹式呼吸を身に付けなくてはいけません。

腹式呼吸は「高い声が出せない」悩みを解消する第一歩

楽に声が出せたり、喉が疲れにくくなるのが腹式呼吸の大きな利点で、ヴォイストレーニングの欠かせないステップです。 『高い声が出せない』『息が続かない』など、カラオケでよく聞かれる悩みの解消をするためにも、必要になります!

まずは立った状態で、寝ている時と同じように腹式呼吸ができるように練習してみましょう。それができるようになったら、お腹がゆっくりと凹んでいくように意識して歌ってみましょう!

4. 歌詞の母音を意識して歌う

例えば「きみのしあわせ」という歌詞だとします。

母音を書き出してみると
(い) (い) (お) (い) (あ) (あ) (え)

このカッコの部分を意識してみるのです。ゆっくりと歌ってみたり、「きい」「みい」「のお」のようにはっきりと言い直してみるのも良い練習です。

この母音が、言葉と言葉(音と音)を繋ぐ役割をしてくれることで音程が安定しやすくなります。母音を意識すると、そのほかにもいろいろな良いことが起こってくるんです!詳しく書くと長くなってしまうので、ここは別の機会にお伝えできればと思います。

5. マイクは声がまっすぐ入るように持つ

スピーカーから聞こえてくる声が一定の音量で聞こえると、歌声が安定して聞こえ、上手く聞こえます!そのためにも良いマイクの使い方を覚えましょう。

カラオケで使われるマイクが音を拾うのは、基本的にこの一方向。

マイクの使い方

横から出される声はうまく拾ってくれませんので、まっすぐ声が入るようにマイクを持ちましょう。歌声が上手くマイクに乗るようになると、それだけでカラオケの点数がアップすることもあります。

(※一番上にある画像のマイクの角度はかっこいいのですが、実は良い角度ではありません…)

ヴォーカル教室では、この5つのポイントを詳しくレッスンできます!

札幌クラシック店 ヴォーカル教室レッスン風景)

腹式呼吸の練習の仕方を詳しく知りたい、もっと高い声が出せるようになりたい……そんな方にはレッスンがおすすめです。

今回お伝えした5つのコツだけでなく、自分に必要なポイントを学べるのがレッスンの大きな魅力。何より1人で練習するよりも、ずっと楽しく上達できちゃいます!

まずは体験してみよう!

自分の好きな曲を上手く歌えるようになりたい方!もっと色んな歌を歌いたい方!お近くの島村楽器でヴォーカルレッスンを始めてみましょう♪ 体験レッスンも受付中です。

今回5つのコツを教えてくれたのは…

ヴォーカル科講師:竹本一博

’93年、ヤマハ音楽院大阪ポピュラー科(ヴォーカル専攻)を卒業。楽曲の制作や演奏活動を行いながら、同校卒業と同時に指導者としての活動も開始。R&B、AORなどに影響を受け、ポピュラー音楽全般の指導を得意とする。

稼動店舗:ラゾーナ川崎店ユーカリが丘店イオンモール船橋店津田沼店MS新小岩


音楽教室だよりのトップへ戻る
このページのトップへ