本選会 出場者インタビュー

本選会 出場者インタビュー

※部門別五十音順に掲載しております。本選会の演奏順とは異なります。

ピアノ部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

小学1・2年生の部
  
氏名 秋山 里菜
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 銅賞がもらえて嬉しかったです。
Q.2 練習通りにできました。
Q.3 大きなホールで上手な演奏をするにはもっと練習をしなければいけないな、と思いました。
Q.4 お友達とおもいっきり遊ぶこと。
Q.5 また大きなホールで弾いてみたいです。
Q.6 ご指導して下さった先生をはじめスタッフの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。
  
氏名 志賀 煌大
受賞 入選
楽器 ピアノ
Q.1 入選だったけど、嬉しかった。
Q.2 練習通り弾けました。
Q.3 他の出場者のレベルが高いことがわかったのでこれからもっと練習しようと思った。
Q.4 ゆっくりのんびり過ごしたい。
Q.5 目標は、次回も本選会を目指して、日々の練習を頑張りたい
Q.6
  
氏名 野崎 南美
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 まさか銅賞に入るとは思わなかったので嬉しかったです。
Q.2 失敗しそうでこわかったけど、まちがえずに弾けてよかったです。
Q.3 もっとピアノをがんばろうという気持ちになりました。
Q.4 発表会の練習
Q.5 ジブリの曲をたくさん弾けるようになりたい。
Q.6 お世話になり、ありがとうございました。
  
氏名 日紫喜 優花
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 ずっとがんばってきたので、トロフィーをもらえてうれしいです。
Q.2 フォルテとピアノのさをつけられなかったけれどそれいがいは、とてもなめらかにひけたと思います。
Q.3 れんしゅうをずっとあきらめずにできるようになりました。
Q.4 おじいちゃんとおばあちゃんとあそびたいです。
Q.5 つぎにコンクールに出るときはきれいなえんそうをして金しょうをとりたいです。
Q.6 飯田先生がいっぱい教えてくださったおかげでしょうをとることができました。ありがとうございます。二子玉川店のスタッフのみなさまも、ささえてくださりありがとうございました。
  
氏名 和田 歩実
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 銀賞がもらえて、すごくうれしかったです。
Q.2 曲のさい後のはやくひくところが、にごらないで上手にひけました。
Q.3 ペダルをふむ、はなすのタイミングがとれるようになったこと。
Q.4 お正月に買ってもらった、ブレーブボードにのって、思いっきりあそびたいです。
Q.5 手首をふらないできれいな音でなめらかにひけるようになりたいです。
Q.6 いつも熱心にご指導して下さる星先生、応援してくれる友だち、祖父母、スタッフのみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。今年も他の出演者の方々のすてきな演奏を聴くことができて、大変いい刺激をいただきました。また来年のコンクールに向けて成長できるように、一日一日の練習を大切にしていきたいと思います。
小学3・4年生の部
  
氏名 小野寺 絢女
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 嬉しかったです。笠原先生、お母さんにもトロフィーをあげたいです。
Q.2 緊張したけど集中して演奏できました。
Q.3 初めてエントリーしたコンクールで不安でしたが、立派な紀尾井ホールで演奏できたことは、とてもいい経験と思い出になりました。
Q.4 猫と遊びたいです。
Q.5 コンクールばかり続いたので、普段の練習曲を大切に取り組んでいきたいです。
Q.6
  
氏名 片岡 琴佑
受賞 金賞・グランプリ・聴衆賞
楽器 ピアノ
Q.1 本当に嬉しいです。最高の賞をいただけて、とても幸せでした。
Q.2 スケルツォ=ワルツを楽しく気持ち良く演奏することができました。
Q.3 今回の本選会で「緊張の中でも落ちついて自分の力を出しきって演奏する」という目標を達成できたかな、と思います。
Q.4 大好きなレ・フレールのコンサートに今年も行きたいです。
Q.5 ショパン、ベートーベンの作品をたくさん学びたいです。
Q.6 金井先生、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。とても幸せな一日でした。これからも大好きなピアノをずっと続けていきたいです。
 
氏名 佐藤 優菜
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 銀賞が頂けて、とても嬉しいです。
Q.2 今回で二度目の挑戦だったけれど、前回以上に緊張してしまいました。
Q.3 あきらめないで、最後までやり通すことです。
Q.4 金子三勇士さんのCDを聴くこと。
Q.5 いつか、リストやラヴェルが弾いてみたいです。
Q.6 いつも丁ねいに教えて下さる、高野先生、支えて下さったスタッフの皆さんのおかげでここまで来れました。ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
  
氏名 菅谷 凛
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 去年よりも一つでも上のしょうを取りたいな、と思っていたので、銀しょうを取れてうれしかったです。しかも2位になれて夢のようです。
Q.2 ひいているさいちゅう、足がずっとガクガクとふるえていたけど、いつもより上手にひけてうれしかったです。
Q.3 美しいきおいホールでひけてとてもうれしかったです。
Q.4 プールでおよぐ練習をしたいです。
Q.5 これからもたくさんれんしゅうして、ショパンのこっけんや、かれいなるだいえんぶ曲など、むずかしい曲をいつかやりたいです。
Q.6 3年生では、コンクールにたくさん出て、がんばったと思います。たなべ先生、受付のみなさん、いつもおうえんしてくれてありがとうございます。4年生になってもがんばります。
  
氏名 東久保 友希
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 とてもすてきなホールでえんそうでき初出場で銀賞をとれてうれしかったです。
Q.2 きんちょうして少し速くなったけど気持ちよく弾けました。
Q.3 毎日練習する大切がわかりました。
Q.4 友達と遊びたいです。
Q.5 ショパンの革命が弾けるように頑張りたいです。
Q.6 今村先生、スナモ店の皆さん有り難うございました。来年も出場できるように頑張ります。
  
氏名 中村 吉史乃
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 今の自分の力が分かったので、また少し上を目ざして頑張りたいです。
Q.2 自分の演奏のはしっこの音まで感じる余裕がなかったと思います。でも、ひき終えた時は、スカッとしていました。
Q.3 同じピアノでも、ひく人(ひき方)によって、「すごく音色が変わるんやなぁ~」と感じられたことです。
Q.4 ウーパールーパーにちゃんとエサをあげることです。
Q.5 1つ1つの音をよくきいて、演奏することです。そして、きいてくれる人に思いが伝えられるように考えたいです。
Q.6 お世話になった加門先生、ご担当頂いたスタッフの皆様ありがとうございました。
小学5・6年生の部
  
氏名 伊藤 萌音
受賞 入選
楽器 ピアノ
Q.1 入賞だったけれども、初めて本選会で弾くことができてよかったです。
Q.2 自分の納得がいく演奏ができたのでよかったです。
Q.3 本番前はとてもきん張したけれど、うまく弾けたので少しはきん張した方がいいと思いました。
Q.4 のんびりとして遊びたい
Q.5 楽しい曲をやりたいです。
Q.6 練習におくってくれたお父さん、いつもいっしょにいてくれたお母さん、レッスンをしてくれた里奈先生ありがとうございました。
  
氏名 大町 和叶
受賞 入選
楽器 ピアノ
Q.1 今回、入選ということでくやしい部分もありましたが、今自分がだせる力は発揮できたので、本選会に出られたことをうれしく思っています。
Q.2 大きな舞台ということできん張して、最後ミスをしてしまいましたが練習の成果は出せたと思います。
Q.3 本選会に出場した方々の演奏を聞いて、自分の演奏のたくさんの課題点が見つかったので、これからの練習に生かしていきたいです。
Q.4 今回見つかった課題点をこれから練習していき、また、大きな舞台で弾けるように頑張りたいです。
Q.5 これから取り込んでいきたい作品は、ショパンの作品で特に「幻想即興曲」を弾きたいと思っています。
Q.6 今回本選会に出られたのはこれまで教えてくださった太刀川先生そして応援してくださった島村楽器新浦安店のスタッフの皆さん、お父さん、お母さんのおかげです。ありがとうございました。
  
氏名 織田 大夢
受賞 入選
楽器 ピアノ
Q.1 くやしいです。2年後再チャレンジします。
Q.2 ミスタッチがくやしいです。手がふるえてしまい、自分でもびっくりしました。
Q.3 表現力が大切ということを学びました。
Q.4 パパとキャッチボールがしたいです。
Q.5 いつの日かラ・カンパネラが演奏できるようになりたいです。金子三勇士さんのような表現力を身につけたいです。
Q.6 熱いご指導をしてくれる筒井先生、明るく応援して下さるスタッフの皆様、マカロニチームの皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもいつもありがとうございます。
  
氏名 鈴木 逸夢
受賞 入選
楽器 ピアノ
Q.1 初めて出るコンクールで本選まで行けて本当にうれしかったです。
Q.2 きんちょうしていたけどピアノの音がいいので音が出たらきんちょうがとれて楽になりました。
Q.3 大きなぶたいでひくのには練習不足だと思いました
Q.4 友達とゲームであそびたい
Q.5 これからもっとショパンの曲をひきたい。
Q.6 来年もこのコンクールで絶対に本選にでたいです。
  
氏名 森川 華
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 少しくやしいです。
Q.2 納得のいく演奏ができたと思います。
Q.3 レベルの高い練習ができた。
Q.4 買い物に行きたいです。
Q.5 中学に上がるので、自分のペースでゆっくりピアノを続けていきたいです
Q.6 紀尾井ホールで気持ち良く演奏できて嬉しかったです。ありがとうございました。
中学生の部
  
氏名 細山 愛梨沙
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 今回、本選会まで進むことができて、銅賞をいただけてうれしかったです。
Q.2 大きな舞台でかなり緊張してしまい、思ったように演奏できなかったのが悔しかったです。
Q.3 大きな舞台になると、自分の実力がだせなくなる。。。つまり自分がどれだけ練習不足なのがわかりました。これからは練習もレッスンも緊張感をもって取りくみたいと思います。
Q.4 部活(テニス)と、合唱祭に向けての練習です。
Q.5 ショパンのエチュードや、リストなどテクニックを重視とした曲をたくさん弾き、自分のテクニックをみがきたいです。
Q.6 中学に入って運動部に入り、ピアノと部活との両立を目指して頑張ってきましたが、思うように練習時間が取れず、練習不足になってしまったので、もっと上手に部活とピアノの両立ができるようになりたいです。
一般ディライトフルの部
  
氏名 折原 瑠奈
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 今回銀賞を頂く事が出来身に余る光栄です。ですが、今後の課題も多く残りましたので研究を重ねていきたいと思います。
Q.2 とても緊張しましたが、素晴らしいホール、素晴らしいピアノの音に感動しました。
Q.3 舞台で人前に立つ事で得られる特別な物があったと思います。また曲と向き合い深く勉強するという事を学びました。
Q.4 一人温泉に行きたいです。
Q.5 引き続きロシアの作曲家を勉強していきたいと同時に基礎を確実に積み重ねていきたいと思います。
Q.6 ここまで来れたのはいつも熱心にご指導して下さる戸田先生のおかげです。また応援に来てくださった同門下の方達に感謝の気持ちでいっぱいです。最後に、この様な素晴らしい機会を与えて下さった島村楽器様に心より厚く御礼申し上げます。
 
氏名 髙橋 暁子
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 銀賞を頂くことができ本当にうれしかったです。これからもがんばろうと思いました。
Q.2 あまり緊張せずに気持ちよく弾けました。リハーサルのおかげだと思います。
Q.3 紀尾井ホールという大きな舞台で弾く経験ができました。一つの曲を詳しく堀り下げて弾き込んでいく練習ができました。
Q.4 子供と連弾がやりたいです。
Q.5 古典など、いろいろな時代の作品を練習したいです。また本選会に出られるようにがんばりたいと思います。
Q.6 指導者の小熊先生にはいつも丁寧に教えて頂き、ありがとうございます。先生は、具体的な練習方法を示して下さるのでとてもわかりやすいです。パトリア西葛西のスタッフの皆様にもお世話になりました。これまでピアノを応援してくれた家族や両親にも感謝します。
氏名 鞆浦 理恵
受賞 銀賞
楽器 ピアノ
Q.1 銀賞という成績を残すことができ嬉しいです。
Q.2 今後の課題となる点もありましたが一年間練習してきた事を出せた演奏になったと思います。
Q.3 大きな舞台で演奏できる機会は中々無いので、普段と違う環境で弾くという点で大変貴重な体験をさせて頂きまし
Q.4 ピアノに限らず、色々な音色に触る機会を増やしたいです。
Q.5 具体的な作品は決まっていませんが今まで、あまり弾がなかったジャンルにも挑戦できればと思います。
Q.6 ご指導下さった先生をはじめ、運営して頂いたスタッフの皆様本当にありがとうございました。
  
氏名 村瀬 朋子
受賞 銅賞
楽器 ピアノ
Q.1 私にとって本選会に出られるだけでもスゴいことなのに、銅賞をいただくことが出来、本当に嬉しいです。
Q.2 リハーサルの時より、本番では少し音が硬くなりましたが、精一杯「楽しもう!」と集中して演奏しました。
Q.3 本番前までの準備の大切さ、欲しい音色を妥協せず追い求める貪欲さ、あとは本番での集中力、多くの学びがありました。指導してくださった岸田先生がおっしゃった「人の目に触れないと、育たないものがある」ということに、遅ればせながら気付くことができました。
Q.4 4月の発表会で演奏する曲の譜読みを早速はじめます。
Q.5 バロック~近現代まで幅広い年代の音楽を学んでいきたいです。今回は小作品3曲でのエントリーでしたが、皆さんの素晴らしい演奏を聞いて大きな曲にもチャレンジしてみたくなりました。
Q.6 いつもわかりやすく、愛を持って熱心に指導してくださる岸田先生、当日きめ細やかに対応し安心感を与えてくださったスタッフの川辺さん、このコンクールのために関西から一緒に付き添いで来てくれた夫に、心から感謝します。

弦楽器部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

小学5・6年生の部
  
氏名 小林 真子
受賞 銀賞
楽器 弦楽器
Q.1 まさか、銀賞を受賞できるとは思わなかったので、とてもうれしかったです。
Q.2 ホールの響きを感じながら、楽しく笑顔で演奏することができました。
Q.3 私には、もっともっと練習が必要だなと思いました。
Q.4 スイーツの食べ放題に行きたいです。
Q.5 私の演奏を聞いて「元気になった、感動した」などと言われるようになりたいです。
Q.6 中村先生、伴奏の物井先生、アドバイスをくれた先輩方、応援してくれた皆さんに感謝したいです。
中学生の部
  
氏名 峯岸 陸
受賞 銀賞
楽器 弦楽器
Q.1 銀賞がいただけておどろきました。
Q.2 100点満点中40点です。緊張で音を外したので満足のいく演奏ではありませんでした。
Q.3 自信
Q.4 好きなアニメを観たいです。
Q.5 ゆくゆくはショスタコーヴィチヴァイオリン協奏曲の1番の四楽章を弾けるようになりたいです。
Q.6 基礎をしっかり定着させるために精進します。
一般ディライトフルの部
  
氏名 板山 信彦
受賞 銅賞
楽器 弦楽器
Q.1 銅賞でしたが、本選会で演奏できたこと自体、うれしく思っています。次回は銀賞以上を目指します。
Q.2 緊張のため、いつもの演奏ができなかったことが残念です。
Q.3 コンクールに挑戦したことで、目標をもって練習に臨むことができ、技術も向上しました。この年になって、改めて挑戦することの大切さと楽しさを学ぶことができました。
Q.4 次のコンクールに参加すること
Q.5 サン=サーンスのバイオリン協奏曲第3番 ブラームスのバイオリン協奏曲に挑戦したい。
Q.6 今回、本選会に参加させていただきありがとうございました。

木管リード楽器部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

一般ディライトフルの部
  
氏名 渥美 卓哉
受賞 銀賞
楽器 木管リード楽器
Q.1 銀賞をいただけたので嬉しいです。しかし、まだ上達する余地があるとも感じています。
Q.2 良いホールと良い伴奏のおかげで、楽しく演奏できました。とても贅沢な体験ができました。
Q.3 2次予選の時点で私の選んだ曲が、同部門の中で比較的難易度の低い曲と気付きました。なので技巧的なことだけではなく表現を大事にするよう、練習しました。
Q.4 幅広くいろんな曲に挑戦したいです。ソロだけでなくアンサンブル等も。また、アルトに限らず、ソプラノ、テナーも忘れずに上達したいと思います。
Q.5 まずは“プロヴァンスの風景”、その次に“スカラム―シュ”を経て、数年以内にグラズノフの“サクソフォン協奏曲”に挑みます。次回のコンクールには日程的に出場できないので、その分、じっくりと練習します。
Q.6 今回、私がコンクールに挑んだ理由の一つが、「偶然知りあった人がアマチュアでありながら、私よりも遥かに上手だった」ことです。アマチュアでももっと良い演奏ができると知ったので、これからも頑張ります。
  
氏名 小池 千香子
受賞 銀賞
楽器 木管リード楽器
Q.1 本選会に出場させて頂いたうえに、銀賞を頂けて、感激しております。
Q.2 自分の音の跳ね返りがものすごく感じられる状況で、緊張しましたが途中で自分を見失うことなく終えられてほっとしました。
Q.3 あえて自分からは手をださない難曲に挑戦したことで、少し自信が持てました。全てこれからに繋がって行けると思います。
Q.4 ガチガチに凝り固った身体をほぐしに、整体&マッサージへ行きたいです。
Q.5 基本からひとつずつ見直しながら引続きレッスンを受けたいです。どんな状況においても平常心を保つ演奏が出来るよう、心も鍛えたいです。
Q.6 途中で投出さず耐えてここまでご指導下さった先生方、私の尻を叩き激励して下さった皆々様に、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

木管フルート部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

一般ディライトフルの部
  
氏名 小峰 奈都子
受賞 銀賞
楽器 木管フルート
Q.1 紀尾井ホールに立てるだけでも幸せな気持ちですので、どんな賞でもとても嬉しく思います。ありがとうございました。
Q.2 前回一昨年前に出演した時、舞台上で自分の音が全く聴こえず、ホールでの返りの音も聴こえず...焦りまくって、思うような演奏が出来ませんでした。今回も同じかなと、とても不安でしたが、フルート演奏の時、立ち位置やピアノの位置を変えてくださったようで、前回とは全く違い、とても演奏しやすかったです。どなたからのご意見で変えて下さったのかわかりませんが、本当に感謝しています。ピアノも立ち位置もかなり前に出して頂き、ありがとうございました。是非、今回のままでこれからもお願いしたいです!!
Q.3 "本日の演奏"は、あまり納得のいく演奏ではなかったです。音大卒の知り合いの方が聴きに来てくれていて、"試験を受けているようでした"という感想をもらいました。もちろんコンクールの本選会で審査員が点数をつける場ではありますが、沢山の方に足を運んで聴きに来て頂いているのに、"コンクール"としか頭になくてとても反省しております。
Q.4 "試験を受けている"、"コンクールを受けている"ような演奏ではなく、自分らしさ、どのようにこの曲を表現するのかを一番大切に考えて練習をしていきたいと思います。上手い、下手、よりも聴いてる方の心に残る演奏をしていきたいです。
Q.5
Q.6 二度の紀尾井ホールをとても楽しむことが出来ました。沢山のスタッフから心配りをして頂き何も心配することなく演奏に集中することが出来ました。とても感謝しています。本当にありがとうございました。
  
氏名 仲岸 実畝
受賞 銅賞
楽器 木管フルート
Q.1 初めての本選会で不安や緊張が大きかったので、賞をいただくことが出来て嬉しく思います。
Q.2 本番はとても緊張してしまい、色々ミスをしてしまいましたが、紀尾井ホールの響きが素晴らしく、気持ち良く音を出すことが出来ました。
Q.3 練習通りに本番も演奏することの難しさを、改めて感じました。もっと経験を積んで、余裕のある演奏ができるようになりたいです。
Q.4 デュエットやカルテットなど、アンサンブルの機会を増やされば良いなと思います。
Q.5 基礎練習を大切にして、苦手を克服していきたいです。
Q.6 いつも的確な指導をしてくださる中川先生、素晴らしい伴奏をしてくださた芳賀先生に心から感謝しています。

声楽部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

中学生の部
  
氏名 武生 采子
受賞 銀賞
楽器 声楽
Q.1 とてもうれしいです!この一言に尽きます。
Q.2 紀尾井ホールに助けられた気がします。改めてもっと練習しなきゃな、と思いました。
Q.3 経験値!初めて重いドレスを着たり、あんなにたくさんの人の前で歌ったり、他の人のすばらしい演奏をきけたりetc......
Q.4 コンクールが終わるまでカラオケを我慢していたのではやく解禁したいです!
Q.5 まだまだレパートリーが少ないので、たくさんの新しい曲に挑戦したいです!あとは発表会に向けて「O primavera」を練習したいです!
Q.6 初めてのコンクールで緊張しまくりだったのですが、たくさんの方々に支えていただいて応援していただいて、とても心に残る経験となりました。指導してくださった池田先生、伴奏してくださった西村先生、ここまで私を導いてくださり、ありがとうございました!たくさんの方々に心からの感謝を!
一般ディライトフルの部
  
氏名 佐分利 幸江
受賞 金賞
楽器 声楽
Q.1 本選出場4回目で、初めて金賞をいただき、信じられない思いでいっぱいです。指導いただきました先生、伴奏いただいました先生を始め、応援してくださいました皆様のお陰です。本当にありがとうございました。
Q.2 年末時点では思い通りに歌えず、悩んでおりましたが、本番では悩んでいたことが不思議とうまく行き、紀尾井ホールがはっきりと味方になってくれたように感じました。客席からも暖かいエネルギーをいただき、気持ちよく歌うことができました。
Q.3 今回の曲は技巧的に難しいですが、伝えたいメッセージはシンプルで「ありがとう、うれしい。愛してる。」が中心。本当にそう思いながら…そしてその思いを持続させながら歌わないと音楽的に失速し、つまらなくなってしまうので苦労しました。思いを持続させることの大切さを学びました。
Q.4 また新しい曲にチャレンジしたいと思います。
Q.5 引き続きイタリアのベルカントオペラを軸に、フランス物やドイツ物もレパートリーに加えていきたいです。バイオリンやトランペットでもいつの日が本選の舞台を踏めるように頑張っていきたいと思います。
Q.6 いつもコンクールシーズンの健康管理が大変で今回も苦労しました。体あっての音楽なので、もっと強くなれるよう努力していきたいと思います。

作曲部門

Q.1:受賞のお気持ちをお聞かせください。 Q.2:本日の演奏はいかがでしたか? Q.3:本選会を通じて得られたことは何ですか? Q.4:今一番やりたいことは何ですか? Q.5:これから取り組んでいきたい作品等、目標をお聞かせください。Q.6:その他、ご自由にご記入ください。

中学生以上の部
  
氏名 松尾 毅
受賞 銀賞
楽器 独唱曲
Q.1 すばらしい紀尾井ホールという会場で多くの皆様の前で演奏させていただきとてもうれしく思います。ありがとうございました。
Q.2 中川先生の伴奏はすばらしかったです。自らの歌唱についてリルケの音楽の不思議さをつづった詩につけた、この曲を魂をこめて歌わさせていただき、ベストは出したつもりです。
Q.3 演奏において"ゆるめる"部分を設けることの大切さを感じました。“f”やリズム、アクセントに注意が向きがちですが。
Q.4 テニス(体力づくり)をすること。
Q.5 より高い、天国のひびき・調べを具現化すること。
Q.6 このようなすばらしい音楽の発表の機会をありがとうございました。

お問い合わせ : 島村楽器 音教企画課TEL : 03-3613-4116

このページのトップへ

上へ移動