リプロダクションレポートを公開しました。

最終審査会ノミネート作品

Nishikawa Yasunari / Tonight Tonight

Entry

神戸三宮店

審査員アドバイスコメント

1980年代AOR風のサウンドの完成度が高いボーカルナンバーですね。曲の展開やコード進行、メロディなどの各所でそのテイストが十分に表現されているようです。
アレンジも細部にこだわりが感じられ、合いの手で入ってくるコーラスもイイ感じで、曲自体の仕上がりは言うことなしです。また、ミックスバランスも良く、曲の雰囲気をうまくまとめているように思いました。
それだけ曲の完成度は非常に高いため、気になるのですが、ドラムやブラスセクションなどの打ち込みの粗さが少し感じられる点が非常に惜しいと思いました。AORサウンドのポイントは、職人的なワザが感じられる演奏が重要なので、それを感じさせるフレージングがほしいところです。
ハイハットのニュアンスやブラスのアーティキュレーションなどをもう少しつけてリアルな雰囲気を出すと更に良いでしょう。(内藤)

このページのトップへ