更新情報

結果発表 最終審査会ノミネート作品

最終審査会ノミネート作品

栗原 伸幸 - The Chain of fate

Entry Play
市川
コルトンプラザ店

審査員アドバイスコメント

冒頭や、ところどころに出てくる6,3,1弦開放を取り入れたEm7コード・アルペジオ自体のテーマ自体は定番的なものですが、終盤に向かうほどそれを中核と据えながらもドラマチックに展開していきますね。
ツイン・ギターのハモリも必然があって、本作品の織りなす世界のパーツとして完全に機能しています。2分前後から始まるギター・ソロの展開は意外性もあってとても良い効果を出していると思いました。またその後のE7(#9)は、マイナー→メジャーの調性展開がインパクト大でした。ギターの歌わせ方は非常にレベルが高く申し分ありません。タッピングや速弾きなど現代的なテクニカル・プレイも過不足無く入っていて、最後まで飽きさせない演奏になっていました。
現状の曲調でも申し分ありませんが、メロ自体の構造の中に、C7、F9などをうまく取り入れてブルージィな要素も加わるとまたインパクトが違ったものになるかもしれません(あくまで一つの案です)。
演奏、アレンジ、作曲を始め音楽力が大変高いので、今後の活躍がとても楽しみです。(宮脇)

結果発表一覧ページに戻る

このページのトップへ