1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 横須賀プライム店
  4. 体験レッスン
  5. アラフォー主婦の音楽教室体験記~ボーカル教室レッスンその1~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~ボーカル教室レッスンその1~

楽器店・音楽教室スタッフがレッスンに思うこと

みなさんこんにちは。教室担当の野田です。

「アラフォー主婦音楽教室体験記」(7回目)

この企画は、音楽教室を併設している楽器店のスタッフが、実際に音楽教室のレッスンを受けて感じたことをお伝えする、というテーマで不定期に連載しています。

前回から1ヶ月以上間が空いてしまいました。
が、決して忘れていたわけではありません。

春は新しく何かを始めたくなる時期ということもあり、おかげさまでお店はやや活況が続いてまして。
落ち着いて執筆(大げさ)ができるまでお休みしていた次第です。
現時点でもそれなりにバタバタの毎日ではありますが・・・

そんな7回目を迎えた今回は、ボーカル教室のことをお話しようと思います。

ボーカル教室には2017年10月に入会し、この記事を書いている(2019年4月)時点で、1年半経ちますが、今回は入会するまで~入会当初のエピソードです。

ボーカル教室に入会するまでの紆余曲折

私は子供の頃から歌が好きでした。
よく歌っていたのはアニメ・TVドラマの主題歌、中学生くらいからはドリカムやジュディマリ、田村直美さんも大好きで。

度胸があって人前で歌うことに恐れがない、かつ声量がある、それだけで「自分は歌がうまい」と思い込み、実に30年以上勘違いしたまま過ごします。

今思うと、自分ながらに可哀想なやつです・・・

歌がうまい=勘違い!に少しずつ気付く

お店の様々なイベントに出演させて頂いたり、いろいろなアーティストの方々のパフォーマンスを生で目にするうち、自分の歌がまったくイケていないことにようやく気付きました。ヨカッタヨカッタ

気付いたのはよかったのですが、どうしたら改善されるのかがいまいちわからない!

巷にあふれているボーカル教本を手に取ってみても、書かれている練習法を自分の力で継続して取り組める気がしない!

ボーカルレッスンを受けるべきか否か、1年近く悩んだと思います。

とにかくボーカルレッスンが気になる

そんななかイベントで出会った、歌が上手い方に「なぜそんなに上手いのですか」と話を聞いてみると、レッスンを受けている(受けていた)という方が意外と多いこと。

ボーカルレッスンって、「歌手デビューとかプロを目指している人だけが受けるもの」じゃないのだな、ということを知ります。

話を聞かせてくれたレッスン経験者の中には、
「レッスンを受けると自分の歌い方がまったく変わってしまうから、自分の持ち味を生かしたいなら受けない方がいいという考え方もある」
という意見の方もいました。

レッスンを受けることによるデメリットもあるのか・・・そこでまたしばらく悩みます。

しかし現時点でしっかり(=ピッチ、発生、発音など)歌えてないのだから、持ち味も何もあるかーい!という考えに至り、とにかく上手くなりたい一心で、ボーカル教室に入会する決意をしたのでした。

(その頃に受けた体験レッスンのレポート記事も掲載しています。)

レッスンを受けて数回で激変を実感

大げさではなく、レッスンを数回受けてから参加した「歌うたいパラダイス」(*1)というイベントで、誰が歌ってるのかと思った!とスタッフや顔なじみのお客様より驚きの声が。

どんなレッスンを受けていたのか、一部をご紹介しますと。

プチ音痴が発覚

まずレッスンの初期段階で、自分の出していると思っている声の高さ(ピッチ)と、実際に出ている声の高さはかなり違うということを、先生は気づかせてくれました。

簡単に一言で「正確なピッチ」と言っても、それを体現するのは本当に本当に本当に難しいです。

プロの歌手でも、苦手な音程や曲の速さ、音程の上下の激しさなどでピッチが外れてしまうことはよくあるそうで、アマチュアの人が知識もなく、トレーニングもせずに常に「正確なピッチ」で歌い上げることができるとしたら、その人は天才と言っていいと思います。

「そんなことも知らないできたんだなー。私」

この段階ですでに、レッスンを受けてよかった!!!と痛切に感じました。

ちなみに、現時点でもピッチはだいたい低めで、それはしょっちゅう先生に指摘して頂いています。

大事なのは、自分がピッチ低く歌いがち人間、であることを自覚しつつ練習に励むことですね。

ブレス(息継ぎ)の重要度

歌をよく歌われるという方、ブレスって意識していらっしゃいますか?

私はまったく意識していませんでした。
苦しくなってきたら息吸う、とか間奏あけ前に息を補充しておく、くらいの認識です。

これもレッスンの初期で教えて頂いたのですが、実はブレスがめちゃくちゃ大事だということ。

ブレスが正しいタイミングでできていないと、ピッチも外れがちになってしまいます。
息切れして声がカスカスになるもの格好悪いですし。

適当に吸いたいところで吸っているのではダメなんですねー涙

これもプロのレッスンを受けないとわからないことの一つでした。

練習する前に、歌手本人がブレスしているタイミングに注目しながら原曲を何度もよく聴き込み、歌詞カードにブレスのタイミングを書き込むという前準備をして。

なぜそのタイミングのブレスが必要なのか、一回一回に理由がある。

曲の聴き方も変化してきます。


というわけで今回はここまで。

次回は~ボーカル教室レッスンその2~をお届けする予定です。
あまり間が空かないようがんばります☆彡

バックナンバー

アラフォー主婦の音楽教室体験記~トランペット教室体験レッスン・後編~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~トランペット教室体験レッスン・前編~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~アコースティックギター教室レッスンその2~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~アコースティックギター教室レッスンその1~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~ベース教室体験レッスン・後編~

アラフォー主婦の音楽教室体験記~ベース教室体験レッスン・前編~

関連記事

ボーカル教室 講師:大坂 朋子【講師紹介】

音楽教室 秋のご入会キャンペーン お申し込み受付中!

レッスンのお申込・お問合せ

お気軽にお問い合わせください。

店舗名 横須賀プライム店
担当 野田
電話番号 046-821-0700

体験レッスン・資料請求のお申込みはこちら

*1: 歌うたいパラダイス=スタッフの伴奏やカラオケ音源で歌を歌うイベント

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「体験レッスン」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 横須賀プライム店
  4. 体験レッスン
  5. アラフォー主婦の音楽教室体験記~ボーカル教室レッスンその1~