1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ピアノショールーム八千代店
  4. 商品の紹介
  5. 【新製品】ヤマハトランスアコースティックピアノがモデルチェンジ!~新旧ヤマハ&カワイの響板スピーカー付消音ピアノを調律師が徹底比較~店頭で体験できます!

【新製品】ヤマハトランスアコースティックピアノがモデルチェンジ!~新旧ヤマハ&カワイの響板スピーカー付消音ピアノを調律師が徹底比較~店頭で体験できます!

当店人気のコラム「アップライトピアノの選び方ガイド」Vol.5
【サイレント/消音ピアノ徹底比較】
ヤマハ「トランスアコースティックピアノ」VSカワイハイブリッドピアノ「響板スピーカーモデル」 新旧交えてわかりやすく調律師が解説します。

【ヤマハトランスアコースティックピアノ新製品情報】

2018年9月発売トランスアコースティックピアノ新シリーズ「TA2タイプ」
2018年8月発売サイレントピアノ新シリーズ「SH2タイプ」「SC2タイプ」

アコースティックならではのタッチや自然で豊かな響きにこだわりながら、周囲への配慮のため、電子音源を使って自由に音量調節ができ、タブレット端末などの外部機器も接続して楽しむことができるピアノとして、今を生きている私たちの時代に相応しいピアノのあり方を追求した新しい発想のアコースティックピアノとして好評販売中です。

このページのガイド(INDEX/目次)


トランスアコースティック/響板スピーカーシステムとは

従来の消音ピアノ/サイレントピアノから進化した3つのおすすめポイント&特徴はこちら!

【ポイント1】より良く進化した消音ピアノ/サイレントピアノの新しいかたちです

従来消音ピアノは夜間や周囲へ音の配慮のため、ヘッドホンか外部接続のスピーカーを接続して使用しました。響板をスピーカーとして利用するシステムにより、ピアノ全体の自然な「鳴り」はそのままに小音量でのピアノ演奏が可能になっています(ボリューム調整が可能)。ヘッドホンを使わなくても、音量に配慮した自然な感覚で演奏をお楽しみいただけます。

【ポイント2】響板:木のナチュラル感ある響き

生ピアノの響きの豊かさを決定づけるため「ピアノの命」ともいわれる響板(サウンドボード)。響板には、よりよい音響を得るために各社がこだわる設計と品質的に優れる木材を使用されています。その木材自身を響かせるため、従来のスピーカーにはなかった木のぬくもり感や弦の共振感、空気の振動感が得られます。

【ポイント3】デジタルとアコースティック感の融合

電子ピアノと同様にオルガンやストリングスの音色を変えることができます。電子ピアノや従来のサイレントとは異なる点として、ピアノの音色はもちろん、様々な音を響板や弦やピアノ本体を共鳴させて響かせるため、独特の音色となり、いつまでも弾いていたい心地良さがあることです。これは是非体験して頂きたい魅力としておすすめいたします。

当店で展示中/体験可能です。ご試弾の予約やお問い合わせはお気軽に
メーカー
品番
新品時
メーカー希望小売価格
(税込)
販売価格
(税込)
仕様
カワイ
K5ATX-f
ご成約済
¥1,004,400 ¥800,000 中古ピアノ
響板スピーカー付ピアノ
黒鏡面艶出仕上
H125cm×W151cm×D59cm/232kg
ヤマハ
YU11SHTA
ご成約済
¥1,080,000 ¥864,000 中古ピアノ
トランスアコースティック™ピアノ
黒鏡面艶出仕上
H121cm×W153cm×D61cm/242kg

INDEX/目次へ

【KAWAI/カワイ】ATX2-f響板スピーカー付消音ピアノ製品ラインナップ

品番 ピアノ本体価格 響板スピーカー付き
モデル価格
K200 ¥560,000 ¥830,000
K300 ¥660,000 ¥930,000
K400 ¥730,000 ¥1,000,000
K500 ¥840,000 ¥1,110,000
Ki650 ¥850,000 ¥1,120,000
K700 ¥980,000 ¥1,250,000
GX1
グランド
¥1,650,000 ¥2,200,000
GX2
グランド
¥1,850,000 ¥2,400,000
GX3
グランド
¥2,200,000 ¥2,750,000
  • 表記価格は全てメーカー希望小売価格(税抜)です。
  • カワイはモデルによりご自宅のアップライトピアノへ後付けが可能です。お問合せはお気軽に。
  • グランドピアノは後付けできません。
  • 標準付属:ヘッドホン・電源アダプタ他

INDEX/目次へ

カワイ響板スピーカーの主な特徴

【音/スピーカー】消音ピアノの楽しみ方が広がる「響板スピーカー」

響板スピーカーは弦振動の代わりにアクチュエーター(加振器)で響板を振動させ、音を増幅させます。ピアノの響板自体を鳴らすことでピアノ全体が鳴りますので、生ピアノに限りなく近い弦や木の音の響きや音場感を得ることができます。この響板スピーカーを搭載したことで様々な楽しみ方ができます。

  • 楽器本来の音を楽しむ・・・ハンマーが打弦し音が響板によって広がるピアノ本来の音はそのままに。
  • 響板スピーカーで音を小さく・・・音場感を損なうことなく小さな音でアコースティックな響きで練習可能。
  • 消音で周りに気兼ねせず楽しむ・・・消音ピアノ本来の特徴です。夜遅くの演奏でもフォルティシモを遠慮なく打鍵できます。
  • 様々な楽器の音をピアノに重ねる・・・ピアノ音にストリングスやオルガンの音色を重ねて演奏を楽しむことができます。

【音/音源】表現力を各段に進化させた「HI-XL音源」

HI-XL音源は、ショパン国際ピアノコンクールで実際に活躍したカワイフルコンサートピアノ”EX”から88鍵すべてを、弱打から強打まできめ細かくタッチの強度を変えてステレオサンプリングしています。ピアノ音色のメモリーも大幅に強化し弱打から強打までのスムーズな音色変化や自然な減衰音などを再現しており、グランドピアノ特有の、時間と共に変化していく音色を忠実に再現するだけでなく、256音という豊富な最大同時発音 数で、発音数を大量に使用する奏法でも音切れすることなく存分に演奏を楽しむことができます。また、グランドピアノの大きな特長である、ダンパーペダル使用時の豊かで広がりある音の響きを、モデリングテクノロジーにより新開発した「ダンパーレゾナンス」により実現。クラシック以外にも、ジャズやポップスなど幅広いジャンルで使用できるバラエティ豊かなピアノ音色を内蔵、他にもオルガンやストリングスアンサンブルなど、全27音色を内蔵しています。

INDEX/目次へ

【タッチ/センサー】先進のIHSS非接触型光センサーを搭載

消音ピアノは「いかに違和感なくピアノのように演奏できるか」がとても重要。その性能を大きく左右するのが発音機構の動きを感知するセンサーで消音ピアノの心臓部と言えるでしょう。「IHSS非接触型光センサーシステム」(Integrated Hammer Sensing System)の特徴は「ハンマーの動きを読み取る」こと。従来の消音ピアノや電子ピアノが鍵盤の動きを読み取るのに対し、弦を叩くハンマー部分の動きを読み取ることでピアノの発音をより忠実に再現することができるようになりました。

例えば、速い連打時、演奏者は鍵盤が戻りきる前に同じ鍵盤を弾きますが、そんな時でもピアノのハンマーは動作し、打弦されます。IHSSはハンマー部分にセンサーを設置していますから、こうした連打や弱打といった演奏者の意図を細やかに感知、消音ピアノとして演奏してもピアノに近い感覚で演奏が可能です。

【操作性】スライド式スイッチパネル

鍵盤下部に配置されスマートな外観と使いやすいスライド式スイッチパネル。演奏姿勢からも見やすく操作しやすいスイッチパネルは、操作時以外はピアノ本体下にスライドして収納。ピアノらしい外観を損ないません。また便利な機能としてより弾きやすく移調できる「トランスポーズ」機能や、レッスンには欠かせない「メトロノーム」機能、最大2パート×10ソング/90,000音まで記憶可能なレコーダー機能、他の電子楽器と接続するためのMIDI端子、記憶媒体と接続するためのUSB端子など、デジタル音源の特性を活かした、プラスアルファの楽しみを提供する多彩な機能が充実しています。

さらに、オーディオレコーダー機能では、USBメモリーにWAV形式やMP3形式で演奏を録音できるオーディオ録音・再生機能を搭載。演奏を音声データとして記録できるので、パソコンや携帯型ミュージックプレイヤーに移して聴いたり、電子メールで送信して仲間と共有することも可能です。オーバーダビング機能も搭載しているので、録音した演奏を再生しながら、さらに演奏を重ねて録音することができます。ラインイン端子の入力を録音することもできる上、USBメモリーに入ったお気に入りの楽曲の曲名やアーティスト名を表示させて再生できるので、まるでオーディオコンポのように使うこともできます。

INDEX/目次へ

NEWヤマハトランスアコースティックラインナップ

新旧モデルチェンジしましたが価格はそのまま据え置き!
品番 ピアノ本体価格 トランス
アコースティック™付
TA旧モデル価格
TA2新モデル価格
YU11 ¥660,000 ¥1,000,000 ¥1,000,000
YUS1 ¥900,000 ¥1,210,000 ¥1,240,000
YUS1Wn ¥1,080,000 ¥1,390,000 ¥1,420,000
YUS1MhC ¥1,150,000 ¥1,460,000 ¥1,490,000
YUS3 ¥1,030,000 ¥1,320,000 ¥1,370,000
YUS3Wn ¥1,210,000 ¥1,500,000 ¥1,550,000
YUS3MhC ¥1,280,000 ¥1,570,000 ¥1,620,000
YUS5 ¥1,320,000 ¥1,580,000 ¥1,660,000
YUS5Wn ¥1,500,000 ¥1,760,000 ¥1,840,000
YUS5MhC ¥1,570,000 ¥1,830,000 ¥1,910,000
C1X
(グランド)
¥1,750,000 ¥2,400,000 ¥2,500,000
C3X
(グランド)
¥2,300,000 ¥2,950,000 ¥3,050,000
  • 表記価格は全てメーカー希望小売価格(税抜)です。
  • 標準付属:ヘッドホン・電源アダプタ他
  • ヤマハは後付けできません

INDEX/目次へ

今回のモデルチェンジのポイントは??

【音質/音源】

トランスアコースティック™TA2タイプでは2種類のコンサートグランドピアノの音をお楽しみいただけます。1つはヤマハのフルコンサートグランドピアノ「CFX」、もう1つはウィンナートーンで有名なベーゼンドルファー「インペリアル」。それぞれの音色を、その豊かな響き、多彩な音色の変化まで、余すところなく再現します。またグランドピアノの共鳴音を再現する「バーチャル・レゾナンス・モデリング(VRM)」を採用。さらに、「トランスアコースティックピアノ」では、トランスデューサーを軽量化し、特に高音域がより自然でクリアな響きとなりました。

【機能面】

Bluetoothオーディオ接続に対応(「TA2タイプ」および「SH2タイプ」)。スマートデバイスなどからオーディオデータを手軽に送信し、楽器本体で再生した曲に合わせて演奏を楽しむこともできます。さらに、ヤマハ開発した無料アプリ「スマートピアニスト」との連携により、音色切り替えや録音などの各種機能をスマートデバイス上で簡単に操作できます。

INDEX/目次へ

ヤマハトランスアコースティックピアノの主な特徴

【音/スピーカー】

アコースティックピアノは、一般的に弦の振動が駒を介して響板に伝わり音が響きますが、トランスアコースティック™は、トランスデューサー(加振器)が電子音の情報を振動に変換して響板に伝えます。 ピアノの響板がスピーカーの役割となりピアノ全体が共鳴するアコースティックならではの豊かな響きが生まれます。※響板の響きに影響を与えないよう、響板には加振器の軽い振動する部分のみを付加し、重いマグネット部分などはボディが支えています。響板に加振器全体を付加させることが無いため、その響きは弦やピアノ全体の自然な共鳴と共にアコースティックピアノ本来の音色を再現します。

【音/音源】グランドピアノ全体から生まれる多彩な響きを バーチャル・レゾナンス・モデリング(VRM)で再現

グランドピアノの豊かでふくよかな共鳴音。それは、たとえばダンパーペダルを踏んだときに、弾いた鍵盤の弦の振動が、ほかの弦や響板へ伝わることで生まれます。今回さらに進歩した「VRM」では、高音域のアリコートや、響板や側板、フレームなどのピアノ本体部の響きまで再現します。「VRM」は、この複雑に影響し合う弦や響板などの状態をシミュレートし、それをリアルに再現することで、アコースティックピアノならではの響きを作り出す画期的な技術です。鍵盤を押さえるタイミングやペダルを踏むタイミングと深さに応じて、瞬間瞬間の共鳴音を生み出すので、変化に富み、多彩な演奏表現が可能です。

INDEX/目次へ

【タッチ/センサー①】キーセンサー(アップライトピアノの場合)

88鍵すべての鍵盤の下にヤマハ独自のグレースケールシャッター方式のキーセンサーを搭載。鍵盤の動きを連続的にキャッチし、消音時でも自然な音楽表現を可能にします。センサーは鍵盤に触れることのない非接触方式なので、大切なピアノのタッチに影響を与えることもありません。

【タッチ/センサー②】ハンマーセンサーとクイックエスケープ方式(グランドピアノの場合)

グランドピアノ演奏時のゆっくりとした打鍵や素早いトリルなどの鍵盤の動きをより正確に検出するために、グランドピアノ専用のセンサーを搭載。キーセンサーと同様の非接触方式でタッチに影響を与えません。また消音機能を搭載しても、アコースティック演奏の際にグランドピアノに求められている優れた演奏性、音楽表現力を全くそこなわない「クイックエスケープ方式」を採用。打弦時のハンマーと弦との距離を最適な位置に調整することで、アコースティック演奏時と消音演奏時のタッチ感をベストな状態に切り替えることができます。

INDEX/目次へ

押さえておきたいヤマハとカワイ2大ピアノメーカーのこだわり

トランスアコースティックピアノの中身を開けてみました!!

鍵盤の下にあるパネルを開けるとトランスデューサー(加振器)がついています。このトランスデューサーが電子音の情報を発信し、響板へ伝え、ピアノ全体が共振します。ピアノは弦の振動が駒を介して響板に伝わり音が響きます。トランスアコースティック™は、弾いた情報をセンサーが感知、トランスデューサー(加振器)へ電子音の情報伝えを振動に変換して響板を響かす技術です。ピアノの響板がスピーカーの役割となるのでピアノ全体が共鳴するアコースティックならではの豊かな響きが生まれます。

ピアノ本来の音の止め方

ピアノ本来の音「生の音」は、サイレントピアノとおなじくピアノアクション部で音を止めています。ハンマーと弦の間にハンマーシャンクストッパーがセットされ、打弦直前にハンマーの動きを止め、弦を鳴らさないようにします。キーセンサーでは、打鍵の強弱や速さなど鍵盤の動きをきめ細かく捉えます。


トランスアコースティックモードで当店調律スタッフが弾いてみました。

弾いた瞬間、自分の耳と目を疑うほどに電子音&スピーカー音と思えない驚きクオリティでした。従来の消音ピアノやグレードの高い電子ピアノ、ハイブリッドピアノと比較しても断然リアルで弾いていて楽しくなります。弦の共鳴感や楽器の振動感、何より木そのものの響きを確かに感じます。店頭で試弾されたお客様やご購入されたお客様の評判も上々です。特に個人的に気にいっているのはヘッドホンのわずらわしさもないこととボリューム調整できること。電子ピアノでは鍵盤の重さや反動が足りないけど、ピアノほど大きな音は出せないという方にもおすすめピアノです。

ヤマハ/カワイの違い

まず先に共通の部分として、サンプリングされたグランドピアノの個性の再現性が高く、両社のこだわりを強く感じます。ヤマハはヤマハのサウンド、カワイはカワイのサウンドを色濃く感じることが出来ました。私見としては音源に関して、重要なポイントとしてピアノ自身の個体差もあるように感じた事をあげます。アコースティック楽器に共通する「個体差」について考えると、響板の板そのものの響きがあるため、ピアノの設置環境やコンディションも大切な要素になりうるのではと思います。

両社の大きな違いについてはタッチに関するセンサー部分にあると思います。カワイはハンマー部分、ヤマハは鍵盤部分のセンサーで弾き手が思い描く細やかなニュアンスの表現をキャッチしています。スタッカートで弾いたときには歯切れのいい音を、ゆっくりと指を離したときには長く余韻を残す音ような感触で弾けます。サンプリングされた音はグランドのもの、ハンマーも鍵盤も動きはアップライトという点で独特なものを感じました。その点、両社のグランドでは従来のサイレントとは一線を画した本格的な仕上がりに本当に驚きました。


INDEX/目次へ


アフターケアの体制も万全です

ご購入後の安心を!

「ピアノは初めて」、「ピアノの選び方がわからない」という方でも安心です! ピアノ専門のスタッフがわかりやすく親切丁寧にご案内いたします。

当店では調律師が常駐し、店頭での店頭管理はもちろん、ご購入後には、出荷前の調律調整、お手入れを致しますので、最善の状態でのお届けです!

さらにご購入後のアフターサービスに関しても技術者がお客様によりピアノをお楽しみいただけるよう、責任を持って調律、調整いたします。定期的にこちらから調律のお知らせも致します。わからないことはいつでもお気軽にご相談下さい。永くご愛用いただくピアノだからこそ、安心のサポートをご提供いたします。

作業画像 作業画像2

楽しいピアノイベントを定期的に開催

皆で楽しめるピアノファミリーコンサート浜松楽器博物館&ピアノ工場見学バスツアーピティナステップ定期開催上手にできるかな?ピアノ調律体験&仕組み講座

「ユーザー様にピアノをより楽しんでいただきたい!」というのが私たちの思いです。大人からお子様まで、またピアノを習っていないご家族皆様でも気軽に参加できるイベントやコンサートを毎月、手作りで考えています。今まで開催したイベントで、ユーザー様や地域の先生方などに大好評だったのは、

  • プロのピアニストによるコンサート
  • 色々なピアノをピアニストが弾き比べ
  • お子様向けのコンサート
  • スタインウェイのピアノでお客様の前で演奏できる参加型のサロンコンサート
  • ピアノの仕組みが分かるピアノ調律体験
  • 夏休みのとっておきの思い出ピアノ工場へのバスツアー

などです。さらに専門的なセミナーや、ピティナ、個別指導レッスンなども当店では行っています。より豊かな音楽生活を、当店スタッフ・他のユーザー様と一緒に楽しみませんか?!


アコースティックピアノ・電子ピアノ 下取強化中!

お買い替えをご検討されている方に、お手持ちのアコースティックピアノや電子ピアノを下取いたします(品番により対象から外れる場合あり)! 店頭又はお電話でも即日査定させて頂きますので、お気軽に是非ご相談下さい。査定はもちろん無料です。


千葉県内への納品配送料金

1階基本作業料のみの場合(税込価格)
アップライト(税込) ¥17,280 ¥21,600 ¥25,920 ¥30,240 ¥35,640
グランド(税込) ¥30,240 ¥33,480 ¥37,800 ¥44,280 ¥54,000
千葉県 八千代市
習志野市
船橋市
白井市
四街道市
千葉市中央区
千葉市若葉区
千葉市稲毛区
千葉市花見川区
千葉市美浜区
鎌ヶ谷市
佐倉市
柏市
我孫子市
印西市
成田市
富里市
印旛郡栄町
印旛郡酒々井町
香取郡神崎町
千葉市緑区
浦安市
香取市
市原市
市川市
松戸市
野田市
流山市
八街市
東金市
山武市
大網白里市
香取郡多古町
山武郡芝山町
いすみ市
君津市
旭市
匝瑳市
袖ヶ浦市
茂原市
木更津市
夷隅郡大多喜町
香取郡東庄町
山武郡九十九里町
山武郡横芝光町
長生郡白子町
長生郡睦沢町
長生郡一宮町
長生郡長生村
長生郡長南町
長生郡長柄町
鴨川市
勝浦市
銚子市
富津市
安房郡鋸南町
夷隅郡御宿町
館山市
南房総市
  • 一戸建て2階への設置などクレーン作業が発生する場合は
     アップライトピアノ¥14,040(税込) グランドピアノ¥20,520(税込)が加算されます。

その他の地域などお気軽にご相談下さい。全国の都道府県に配送実績があります!お見積もりは無料です!!

このページのトップへ


お問い合わせ

ピアノのことなら何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

フォーム内「返信を希望する店舗」(プルダウンリスト)は、千葉県 > ピアノショールーム八千代店 をご選択ください。

ご試弾予約・ご購入前の各種ご相談を承っております。掲載商品以外にも、お探しのピアノがございましたらお気軽にお問い合わせください。お電話または上記のお問い合わせフォームをクリック頂き、専用フォームに入力の上、送信頂ければピアノ専門の担当者より迅速に、わかりやすくご対応させて頂きます。

島村楽器ピアノショールーム八千代店は国道16号沿いの立地で、無料駐車場を完備しております。千葉県はもちろん、東京都内や神奈川、埼玉、茨城など関東近辺などからもアクセスしやすいので、ご家族おそろいでのご来店を心よりお待ちしております。

店舗 島村楽器ピアノショールーム八千代店
電話番号 047-488-8999 
0120-86-4101
住所 〒276-0015
千葉県八千代市米本1448-1
ピアノショールーム八千代店
アクセス方法


このページのトップへ

▼防音室・防音工事

▼中古整備

当店の中古ピアノ品質について/今後の入荷予定ピアノ(約40台)に関して

【当店人気コラム】ピアノの選び方ガイド

▼一般的な国産黒艶モデルでは満足できないあなたに耳寄り情報満載

▼人気のUXシリーズについて興味のある方は必読です

▼グランドピアノを色々比較してみたい方はこちらから

▼調律師が分かり易く解説シリーズ

このページのINDEX/目次へ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

「商品の紹介」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. ピアノショールーム八千代店
  4. 商品の紹介
  5. 【新製品】ヤマハトランスアコースティックピアノがモデルチェンジ!~新旧ヤマハ&カワイの響板スピーカー付消音ピアノを調律師が徹底比較~店頭で体験できます!