1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオン新浦安店
  4. その他楽器
  5. ヨッシミーのギターアイランド Vol.67【ヘッドフォン】SONY MDR-M1STレビュー

ヨッシミーのギターアイランド Vol.67【ヘッドフォン】SONY MDR-M1STレビュー

※記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
※店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。

ギターアイランドロゴ

皆様こんにちは。新浦安店ギター担当のヨシミです。
明日、8月23日発売の新製品ヘッドフォン「SONY MDR-M1ST」のレビューをしていきます!
実は私、楽器も好きですが、ヘッドフォンやイヤフォン等のオーディオも大好きなのです!
レコーディングをしたり、色々楽器の音を研究する上で必然だったと言えるかもしれません。
という事で、さっそくレビューを行っていきましょう!

SONY MDR-M1ST

メーカー 型名 販売価格(税込)
SONY MDR-M1ST ¥34,650

とうとう来ましたソニーの新製品!
ソニーのモニターヘッドフォンと言えば、定番機種として、圧倒的地位を誇る「MDR-CD900ST」ですが、
その後継機種が発売されるとなれば注目しないわけにはいきません!

「MDR-CD900ST」との比較

「MDR-M1ST」の購入を検討されている方は「MDR-CD900ST」ユーザーが多いと思いますので、比較していきましょう。
ちなみに私も「MDR-CD900ST」は自宅でDTMのミックス用、ギター・ベースの練習用として愛用しております。

まずは全体の雰囲気をチェック!


右が新製品「M1ST」ですが、雰囲気は近いものがありますね。
クッション部分の質感がマットになって、シックな印象です。

ケーブルは着脱式


リケーブル出来るようになっています。


ねじ込み式になっており、不意に外れてしまうことはありません。
取り付けはプラグ自体を回すのではなく、周りのリング部分を回して固定するので、ケーブルをぐるんぐるんと振り回さずに着脱できるためとてもスマートです。
細かいところですが、とてもしっかりしています。


ヘッドフォン側が4極の端子になっているので、後々バランス接続できるケーブルなんかも出るのでしょうか...
今後に期待したいところですね。

プラグ形状


プラグは金メッキになり、グリップはブラックカラーで本体と統一され高級感が増しました。
断線を防ぐためのバネは樹脂に変更されましたが、安っぽさはなく、程よい硬さで安心感があります。

クッション


右が「M1ST」ですが、かなり質感は変わり、低反発系の厚みあるタイプになりました。
左の「CD900ST」は視聴用として使用してきたものになるので、多少へたりはあるのですが、
それを考慮しても装着感はかなり向上したように思います。


頭に乗る部分もクッションが追加されています。

ケーブル隠れました


左右のドライバーを繋ぐケーブルは収納されました。
個人的にこの変更は大きいです。
外に出ていても特に実害はないのですが、なんとなくカッコ悪いというか、引っかけそうで不安という気持ちが拭えずいましたが、
収納されたことでスマートになりました!

ドライバーの向き


イヤーパッドを外してみました。
ドライバーが大きく角度をつけて取り付けてあるのがわかります。
耳へサウンドがダイレクトに届く仕様ですね。

いざ!試聴!

「M1ST」はエイジングを一切行っていない状態ですので、その点を考慮の上、参考にして頂ければと思います。

↓閉店後の店内で試聴していて良い音に浸り始めた頃の吉見

「CD900ST」と比較して【ハイレゾ】を謳っている分ハイ寄りなのかと思っていたのですが、比較的ミッド寄りのサウンドでした。これは意外!
「CD900ST」を聞いた後に「M1ST」を聞くとミッドの質量に一瞬驚くくらいです。
ただ、逆に「M1ST」→「CD900ST」の順で聞くと、高音がシャリついた印象になるので、不自然なミッドの強調というわけではなく、ハイもしっかり出ています。
高音域のボーカルの息遣いなども問題なく表現出来ています。
ローミッドもしっかりしていてギターはもちろん、特にベースのアタックのタッチ感の表現が素晴らしいです。
これでギターやベースの練習したら上手くなれるだろうなと感じさせてくれます。
ミックスなどで使用する際はミッドや各楽器のアタック間に拘りのある方や、ボーカルのレコーディングモニターに使用する際などは特にオススメですね!

吉見の感想

実物が来る前は、「MDR-CD900STの後継機種」ということで、キャラクターはそのままに音域が広がるような製品かなと思っていたのですが、意外とバランスが異なっていて驚きました。
ただ、「CD900ST」の味付けの少ない素直な表現、音の近さ等のミックスに使い易い部分はしっかりと受け継いでいるので、完全上位互換というよりは好みの部分もあるのかなという印象でした。
ただし!装着感や質感は完全に上回っていました!長時間の練習やミックスではかなり違いが出そうです!
また、エージングでどう変わっていくかも興味深いところですね。
両機種ともに店頭に試聴機を展示しておりますので、興味のある方はぜひ比較してみてくださいね!

こんな人が書いてます

イオン新浦安店 ギター、ベース、エフェクター、アンプ担当
2016年 当社認定資格【ギターシニアアドバイザー】取得

左利きで、愛用ギターももちろんレフティ、ギターコーナー担当のヨシミと申します。
ギターとベース、そしてバンドは本当に楽しいです!
その楽しさを一人でも多くの方にお伝えしたいと思っています。
少しでも楽器に興味が湧いたら、ぜひ新浦安店にお越しください!
もちろんベテランのギタリスト、ベーシストの方も大歓迎です!
ギターの作成、修理を学んでおりましたので、お手持ちの楽器に不具合があった時、アップグレードを考えた際についてもぜひご相談ください。
それでは、皆様のご来店心よりお待ちしております。

↓過去の記事はこちらからご覧ください
まとめページロゴ

※在庫状況は更新日時当時のものになります、詳細は下記よりお気軽にお問合せ下さいませ

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
島村楽器が買い替え応援!!高価下取買取

「その他楽器」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. イオン新浦安店
  4. その他楽器
  5. ヨッシミーのギターアイランド Vol.67【ヘッドフォン】SONY MDR-M1STレビュー