1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 新所沢パルコ店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 【2020年最新】ピアノ初心者に最適なアコースティックピアノの選び方
キャッシュレス決済サービスのご案内

【2020年最新】ピアノ初心者に最適なアコースティックピアノの選び方

はじめてのピアノ選びなら新所沢パルコ店にお任せ下さい!

島村楽器新所沢パルコ店は所沢市、狭山市、入間市、日高市、新座市、三芳町、武蔵村山市、東村山市、東久留米市、小平市を中心に様々なエリアよりお越し頂いております。ピアノの購入、選び方でお悩みの方は当店にお任せあれ!

アップライトピアノはこちらから

保育士・幼稚園教諭オススメ電子ピアノはこちらから

電子ピアノフェア開催中!WEBには記載できない店頭限定の特典も多数ご用意しております!ぜひお立ち寄り下さいませ!

まずは当店の人気記事で最適なピアノの選び方のポイントをチェック!

「電子ピアノ」と一言で言っても、メーカー・価格共に沢山あって迷ってしまいますよね。失敗しない電子ピアノの選び方をまとめてみましたので、是非ご覧ください!

【電子ピアノ】電子ピアノの選び方


お気軽にご相談ください!

こんにちは、ピアノアドバイザーの川原です!

●「電話で相談したい/お店で実物を見ながら詳しく聞きたい」という方へ

→お気軽に04-2998-8255 ピアノ担当:川原宛てにお電話ください。
県外からも頻繁にご相談のお電話を頂いておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
担当者不在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。
事前にご来店希望日をお伝え頂ければ、出勤時間の調整も可能です。下見での気軽なご来店も大歓迎です。

●「HPを見た」と言って来て頂いた方にプレゼント差し上げます

こちらの記事を見てご来店・ご成約頂いた方に、ピアノに使えるお手入れセットをプレゼントをご用意しております。
皆様のご来店お待ちしております。

一人一人のご環境に合わせてアドバイスします。お気軽にご指名ください。

「電子ピアノ」と一言で言っても、メーカー・価格共に沢山種類があって、どれを選んだら自分に一番良いのか分からなくなりますよね。
 島村楽器新所沢パルコ店では、全メーカーより豊富な品揃え、専門スタッフがお客様お一人お一人に合わせて機種選びから納品まで完全サポート!
  新所沢パルコ館内にはお子様が楽しめるスペースも充実しておりますので、ご家族でのお買い物もゆったりお楽しみ頂けます。
 ピアノ選びは島村楽器新所沢パルコ店にお任せください。


電子ピアノ 延長保証制度「もしもの安心保証」

 詳しくは詳細ページへ

「電子ピアノ もしもの安心保証」は、電源が入らない・音が出ない・操作ボタンが反応しないなどの自然故障保証に加え、総合楽器店では初めて(※2017年10月時点)となる、偶発的事故を保証するアクシデンタル保証を兼ね備えた、5年間の延長保証サービスです。

電子ピアノの下取り・買取致します

ご自宅にございます使わなくなった電子ピアノ、下取・買取のご相談承ります!

https://www.shimamura.co.jp/shop/sh!!intokorozawa/piano-keyboard/20200325/3482:title=詳しくはこちらから]

※モデルや発売時期、状態により下取・買取ができない場合がございます。何卒ご了承ください。

電子ピアノ選び方もご紹介

お客様それぞれにあった商品をお探し致します。

電子ピアノの選び方

ピアノを購入するならどのピアノ?
アップライトピアノとグランドピアノの違い
アップライトピアノの選び方
グランドピアノの選び方
価格の違い
新品と中古
アコースティックと電子のメリット・デメリット
よくある質問

ピアノ購入するならどのピアノ?

お子様がピアノを習い始めてからピアノを購入する際にどの価格帯のピアノを買えばいいのか、続くかわからないからキーボードでとりあえずという声を耳にします。ピアノを始めて初めて購入するピアノは電子ピアノではなくアコースティックピアノをおすすめします。はじめたばかりだしそんな良いピアノを買っても続かなかった時が心配だとは思いますが、続くか続かないかの分かれ道は実はご自宅での練習環境が1番関係しています。レッスンを始めたばかりだからこそ、アコースティックピアノで練習することをおすすめします。もちろんレッスンをやっていく中でうまくいかないこともあり途中で挫折してしまうこともあるかもしれません。しかしレッスンをしているピアノの先生は恐らく多くの先生が生徒全員をプロにさせると思ってレッスンをさせていることはないかと思います。音楽をやる以上ピアノに限らず好きで続けることを目的としてレッスンをしている先生が大半です。もちろんレッスンをやるからにはピアノを弾けるようになってほしいと思うので時には厳しい言葉があったり練習をしないと怒られてしまうということもあります。しかしピアノが弾けるようになれば自然とお子様も楽しいにつながるのではないでしょうか。ピアノが早く上達するためにも電子ピアノではなくアコースティックピアノを選んでいただくことをおすすめしています。

電子ピアノでは楽しく続けることはできない?

アコースティックピアノは電子ピアノに比べると練習の上達は変わると上記でご説明しましたが電子ピアノがだめということではありません。しかし電子ピアノとアコーステックピアノでは響きの差や鍵盤の重みまた強弱感なども大きく異なります

鍵盤のタッチに関しては電子ピアノはアコースティックピアノに比べると鍵盤タッチは軽いものが多いです。日ごろからご自宅で行う練習で電子ピアノを使用し軽い鍵盤タッチに慣れてしまうと、発表会やレッスンでアップライトやグランドピアノを弾いたときに、鍵盤が重く感じてしまい手に余計な力が入り指や手の形が崩れいつも通りの練習をすることが難しくなります。そして一度覚えてしまった癖はなかなか直すことができないため、始めたばかりだからこそアコースティックピアノで練習することをおすすめします。

アップライトピアノとグランドピアノの違い

発表会やコンサートではグランドピアノを使用します。アップライトピアノとグランドピアノは何が違うのかというと「タッチ」と「音」が違います。まずはタッチですが、グランドピアノは構造上、一度音を出した後、鍵盤を元の位置に完全に戻さなくとも次の一音を弾けるという特徴があります。その為連打する際はアップライトピアノは1秒間に7回ですがグランドピアノは1秒間に14回も連打をすることが可能です。連打回数が倍以上違うことで同じアコースティックピアノでもグランドピアノの方より幅広い音楽表現が可能になります。次に音に関してはグランドピアノの方が表現できる幅が広いです。これはピアノを響かせる構造に理由があります。グランドピアノは水平方向に弦・響板を張っていることでより多くの響きがあります。そのため、些細な音から迫力ある音まで再現可能です。

これらの理由から住宅環境に応じてにはなりますがグランドピアノがご自宅における環境であればご自宅において頂くことをおすすめします。

アップライトピアノの選び方

アップライトピアノを選ぶとなると考えられることは3つ。1つ目は価格です。新品であればメーカーであったり受注生産の商品かそうでないか、日本で作っているのかその他の国なのかなどによって金額は大きく変わってきます。中古においても製造年数や楽器の価値、例えば通常年代が古ければ古いほど価値は下がりますが、STEINWAY&SONSや受注生産商品などは希少価値が高いため年代がたっても金額下がることはありません。2つ目は大きさです。楽器のサイズが大きくなればなるほど楽器は響きより豊かな演奏をすることができます。しかしご自宅にはあまり大きいものは置けないや、高さがあると圧迫感があるなど様々理由がお客様それぞれあるため住宅環境に合わせた楽器をお選びください。3つ目は音に関してです。よくお客様からマンションだから大きな音は出せないから電子ピアノしかできないと聞きます。しかしアコースティックピアノにも消音ユニットといった機械を取り付けることによってピアノの音を消し、ヘッドホン越しに演奏することが可能です。そして電子ピアノには出すことのできない音の迫力や響きなどを実現できるのもアコースティックならではの魅力です。今まで電子ピアノしか無理と思っていたお客様もアコースティックピアノも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

グランドピアノの選び方

アップライトピアノとは少し異なりますがグランドピアノを選ぶ際に考えられることは3つ。1つ目はだれが演奏するのかです。演奏者・使用者が誰なのかで選ぶピアノが変わってきます。例えばこれからピアノ始める方であったりお子様が使用する場合は新品をおすすめします。ピアノの寿命ももちろんですが、中古ピアノと新品ピアノとでは音圧が違います。音圧が違うと音の響きも変わるためこれから長く使用するのであれば中古ではなく新品をおすすめします。2つ目は音色やタッチをどこまで求めるかという点です。大人の方が趣味の範囲でやるのであれば実際にピアノを弾いてみて決めるのが良いですが、これから使用する方や音楽教育を行う方、ピアノが中級レベルの方はお客様それぞれの好きな音色やタッチがあるかと思います。多くのピアノを試したうえでどこまでのレベルを求めるかで商品が絞ることができます。3つ目は価格です。グランドピアノもアップライトピアノ同様に価格帯が様々です。グランドピアノのサイズや色、形、メーカーによって値段は様々ですのでお客様のお好みに合わせた商品を選ぶことをおすすめします。

価格の違い

ピアノを選ぶ際に一番気になる事は価格帯ではないでしょうか。アコースティックピアノの価格は年代やメーカーなどによっても様々です。ヤマハの中古であれば35万円から80万円など様々です。また新品のピアノとなると中古で45万円から60万円前後の商品であれば100万円から120万円前後の商品が多いです。これはあくまで比較的多いという事ですので、年代や機種によっては低価格の商品や反対にすごく希少価値の高い商品により新品とは大差ない金額の商品もございます。ピアノを選ぶ際はまず予算をある程度決め、メーカーや新品や中古どちらにするかなど1つだけ絶対に必要とするものを決めると迷わずに商品を見つける事が出来ます。実際どういったメーカーがあるのか詳しい金額が知りたいなどありましたらお気軽に04-2998-8255新所沢パルコ店ピアノ担当川原までお問合せ下さい。皆様の疑問を解決致します!

新品と中古

アコースティックピアノを購入する際に中古か新品どちらにしようかお悩みの方が多くいらっしゃいます。それぞれメリット・デメリットがあるためご紹介します。まず中古ピアノを購入するメリットとして新品で購入するよりも低価格商品が多く、高いスペックの商品を検討することもできるということが1番のメリットです。反対にデメリットは中古品の為、前に使用していた方のクセやピアノ部品の消耗が新品に比べると調整が必要になります。新品のメリットとしては、誰も使用していない商品の為1~ピアノを育てて頂ける商品です。デメリットとしては中古商品と比べると金額がかなり高いためヤマハの中古商品で40万円前後の商品が新品になると100万円前後の商品となります。また新品のピアノは調律もしばらくは安定しないため購入から1年間は何度か調律が必要となります。

新品でしかお取り扱いのない商品や生産完了品で新品では出回っていないが中古で商材がある商品もあるため購入を検討される際はまずどちらのピアノにするかを決めてからメーカーや予算を決めていくことをオススメ致します。

アコースティックと電子のメリット・デメリット

色々話しを聞いたけど結局どっちを選べばよいかわからないですよね。ただ1つ前提としていえることは、あくまでピアノをやるのであればグランドピアノ・アップライトピアノを持つことを推奨しています。アコースティックピアノのメリット①ハンマーを動かすだけの力が必要となります。そのためしっかり弾く練習ができ、指の力が正しくつきます。②録音された音ではないため、ピアノ本来の倍音が共鳴されしっかりとした【聴く】練習ができ、指でなく、耳も育ちます。③住宅環境や練習環境にもよりますが、定期的にきちんとメンテナンスすることで80年から100年持つといわれています。電子ピアノのメリットとしては、①場所を取らずコンパクトなものが多くあります。アコースティックピアノは通常持ち上げることは難しいですが、電子ピアノは重量が50~100Kgのため移動もスムーズにできます。②調律が一切必要ありません。電子ピアノはあくまで電化製品のため、水害などで故障することがあります、弾いていくうちに音がずれてくるということはありません。③10万円前後~と価格がお手頃なものが多いためお客様のニーズに合わせたピアノを探すことが可能です。④ボリュームのコントロールが可能のため小さな音で練習することが可能です。アコースティックピアノのデメリットとしては①通常音のコントロールが少ないため、消音機をつけない限り、弾く時間が制限されてしまいます。②電子ピアノとは違い重量がかなりあり、移動も専門の業者が行うためお引越しの多い方は移動が大変です。③ピアノのサイズが大きいためスペースが必要になります。電子ピアノのデメリットとしては、①タッチ感がアコースティックピアノとは異なるため弾き方の癖がついてしまいます。②どんな弾き方をしても同じ音がしてしまうため、音を聴いて弾く力が育ちません。③あくまで電子ピアノなので、上達したときに買い替えが必要となる可能性があります。④ペダルを踏み続けてもきれいに聞こえてしまうため、アコースティックピアノで弾くときに踏み方が雑になってしまいます。⑤先ほどもお伝えしましたがあくまで電化製品なのでアップライトピアノに比べると耐久性が低くなります。電子ピアノとアコースティックピアノは一見同じような鍵盤タッチや響きに見えても長時間演奏したり、小さな感触の違いなども生じるためレッスンで行ったことをご自宅で練習する際に大きな差につながってしまいます。そのためピアノを選ぶ際にアコースティックピアノをオススメしています。しかしご自宅の住宅環境によっては電子ピアノしか難しいという方も多くいらっしゃいます。その方は電子ピアノの中でもより本物に近いタッチのハイブリットピアノといわれるものをオススメ致します。

よくある質問

Q1.どんなピアノを選べばいい?

A1.アコースティックピアノを選ぶ際に大きさや高さ、鏡面なのか木目なのかによって音の響きや鍵盤のタッチが異なります。使用する方によって新品なのか中古なのかでもお値段や品番は変わってきますし、音色の好みやご予算に合わせてお選びいただき気に入った1台を見つけてください。

Q2.ピアノの重さが心配・・・

A2.お客様とお話をする中で皆さん心配に思われていることが重量です。アップライトやグランドピアノがおけるのかと心配されていますが、1970年以降に建てられた住居であればアップライトピアノは問題なく置くことができます。ピアノ1台200㎏前後なので大人の方が4人以上来て問題なければ床の補強は必要ありません。ご自宅にアコースティックピアノが置ける環境であればアコースティックピアノをお選びください。

お気軽にご相談ください!

●「電話で相談したい/お店で実物を見ながら詳しく聞きたい」という方へ

→お気軽に04-2998-8255 ピアノ担当:川原宛てにお電話ください。
担当者不在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。
事前にご来店希望日をお伝え頂ければ、出勤時間の調整も可能です。下見での気軽なご来店も大歓迎です。


サポート/配送/お支払い

■全メーカーより豊富でフェアな品揃え

島村楽器新所沢パルコ店では、全てのメーカーのピアノを展示、公平な視点でピアノ選びのお手伝いをさせて頂きます。

■楽器選び徹底サポート

専門のピアノアドバイザーがお客様のご予算やご要望、レッスン状況やご家庭の環境などをお伺いした上で、一人ひとりに合ったピアノ選びのお手伝いを致します。「音楽専門店」だから出来るアドバイスがございます。

■信頼のアフターケア

ご購入後のサポートも万全。もし楽器に不具合があったりしてもすぐに対応させて頂きます。メーカー保証期間内・外に関係なく修理のご相談承ります。

★ 電子ピアノ 延長保証制度「もしもの安心保証」2017年11月より開始!
「電子ピアノ もしもの安心保証」は、電源が入らない・音が出ない・操作ボタンが反応しないなどの自然故障保証に加え、総合楽器店では初めて(※2017年10月時点)となる、偶発的事故を保証するアクシデンタル保証を兼ね備えた、5年間の延長保証サービスです。
 詳しくは詳細ページへ

ご家庭の不要になったピアノ/電子ピアノの引き取りします

現在お持ちのピアノの型名を直接店舗スタッフへお伝えください。
アップライトピアノは下取り・買取りも承ります(対象外機種もございます)。

全国への配送設置基本料金を当店が負担致します!

島村楽器新所沢パルコ店が配送設置基本料金を負担致します!
※一部機種を除きます。
※2階以上への納品作業には別途費用(¥3,300)が必要となる場合がございます。
詳しくはスタッフへお気軽にお問い合わせ下さい。

楽器上達への近道!レッスンに通ってみませんか?

島村楽器新所沢パルコ店では、様々なコースをご用意して皆様の音楽生活をサポートいたします。
詳細は音楽教室総合案内をご覧ください!
また、体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご自宅でクレジットカード決済

・店頭に直接ご来店いただかなくても、商品をクレジットカード支払いにて購入することが出来るようになりました!
1.お電話にてご購入の商品についてご連絡ください。→04-2998-8255 担当:川原まで
2.店舗より、お支払い合計金額とお手続き用のリンクをメールにてお伝えいたします。
・詳しくはこちら→【メールでのクレジットカード決済について】

振込みでのお支払いも可能です

・指定の口座にご入金の確認ができ次第の商品発送となります。
・お振込み手数料はお客様負担となります。

遠方にお住まいの方

・直接お電話にてご案内させて頂きます。
 → お気軽に04-2998-8255 担当:川原宛てにお電話ください。担当者不在時でしたら後ほどこちらから折り返しご連絡致します。
・ご購入の際には、メールでのクレジットカード決済・銀行振り込みでのお支払いが可能です。
・店舗での購入をご希望の方で、遠方にお住まいの場合は、お近くの店舗をご紹介する事も可能です。

  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器オリジナル電子ピアノ

「ピアノ・キーボード」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. 新所沢パルコ店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 【2020年最新】ピアノ初心者に最適なアコースティックピアノの選び方