【しんとこの音 vol,6】4か月で弾けるようになるための練習法

新所沢パルコ店

新所沢パルコ店店舗記事一覧

2022年06月13日

全く弾けない私が、余興でベースを弾けるようになるために 11月に、前から少し憧れていたベースを買いました。 弾ける様になるための期限は4ヶ月。 3月の発表会の余興でスミカの「LOVERS」を演奏する為練習しました。 タブ譜は読めますが、ベースを弾くのは初めてです。 さて、どのようになったのでしょうか […]

全く弾けない私が、余興でベースを弾けるようになるために

11月に、前から少し憧れていたベースを買いました。

弾ける様になるための期限は4ヶ月。

3月の発表会の余興でスミカの「LOVERS」を演奏する為練習しました。

タブ譜は読めますが、ベースを弾くのは初めてです。

さて、どのようになったのでしょうか・・・

全く弾けない私の、音楽歴

まずは私のデータを参照ください。

ピアノ歴30年、初見は得意、ウクレレやギターは弾けると豪語するほどではない、大学時代にフルートや雅楽を学んでいた、数年前クラリネットを購入。タブ譜は読める、譜読みも得意、曲は元々知っている。

ギターも人前で演奏することがなかったので、バンドとして演奏するのも初めての経験です。よくお店にスタジオを借りに来てくださる方がたくさんいらっしゃいますが、みんなでワイワイしながら練習するのは初めてなので、とても楽しかったです。

練習の進め方

今回は私のピアノのレッスンでも使えるように、練習の方法や考え方を工夫してみました。

ちなみにピアノを弾いている人は新たな楽器としてベースが入りやすいのではないかと思いました。ピアノを弾くときにも左手の伴奏やベース音のパートを意識しながら弾くので、日頃からベースラインを聴きながら弾く癖がついている方は、練習のイメージも付きやすいのではないでしょうか。

今回の最終イメージは「暗譜にて原曲のテンポ通り演奏する」です。この曲を知っている方はお分かりかと思いますが、すごく速く、一応原曲のBPMは230です。元の曲に合わせての練習を最終的に行っていました。

①ゆっくりリズム通り、イントロやAメロなど分けての練習

まずはセクションごとに分けての練習。イントロだけをすごくゆっくり→速くをメトロノームに合わせて弾いていきました。リズムは崩さないように、ポジションに慣れてきたらメトロノームでリズムを崩さないように練習しました。

②左手の動きで苦手なところを取り出し練習

左手のポジションがすごく動き、かつテンポが速いので、飛ぶところの2音だけを取り出してゆっくりから速くできるようにしました。まだこの時は最終テンポではなく、止まらない速さでの練習です。

2ヶ月後、初めての合わせがありました。この時は「楽譜を見て、一番のみ」しか弾けず、思っていたよりも追いつけず悔しい思いをしました。その原因の一つが・・・

③本番と同じ環境で練習する

家で練習する時、座って膝の上にベースを乗せて練習していたのですが、実際バンド合わせをした際、いつもよりも左手のポジションが遠い感じがして、弾けないものがより弾けなかったのです。

本番と同じ環境で練習することの大切さを痛感したので、ストラップを付け、譜面台に楽譜を乗せて立って練習するようにしました。ただ本番で楽譜をめくっている時間がないのと、わからなくなった時にパニックになる恐れがあったので、暗譜で臨めるようにと思って練習していました。

スタジオに入ると自分の音がベースアンプから聴こえてびっくりするので(家ではアンプに繋いでない)、ベース用のアンプも用意しました。

練習するのにケーブルが邪魔で・・・好きなスタイルで演奏したいという方へのオススメアンプを紹介します。

ワイヤレスギターアンプKATANA-AIR

ワイヤレスギターアンプKATANA-AIR

ケーブルを一切接続することなくギターの演奏を楽しむことができる、世界初の完全ワイヤレス・ギター・アンプです。電池駆動に対応しており、電源コードも接続する必要がありません。さらに、KATANA-AIRとスマートフォンをBluetooth®接続すれば、音色のワイヤレス・エディットに加えて、スマートフォンに保存された楽曲のストリーミング再生も可能です

¥44,000税込

ヘッドホン型アンプWAZA-AIR-B

ヘッドホン型アンプWAZA-AIR-B

ケーブルを一切使用しない完全ワイヤレス・システムのため、ケーブルがプレイヤーの演奏を妨げることはありません。スマートフォンをBluetooth®接続して憧れのバンドの楽曲を再生すれば、まるでメンバーの一員として、ステージに立っているかのような臨場感あふれるセッションが楽しめます。
現在品切れ中で予約受付中です。

¥49,500税込

ベースアンプ内蔵ヘッドフォンVGH-BASS

ベースアンプ内蔵ヘッドフォンVGH-BASS

ケーブル不要。ベースに接続するだけで演奏を楽しめる、ヘッドホン型のベースアンプです。
ダイナミックレンジを広くとり、十分な音量感が得られるサウンド。
ベースには無くてはならないエフェクト(コンプレッサー)を内蔵しています。
オーディオテクニカ製のクローズド・エアー・ダイナミック・ヘッドホンを採用。通常のヘッドホンとしても使用可能です。

¥11,000税込

こちら、次回へ続きます。

※記事中に販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その情報は記事更新時点のものとなります。店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。