1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. コクーンシティさいたま新都心店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 【電子ピアノ】「電子ピアノ選び方講座Vol.2~選ぶために大切な3つのポイント➀ 鍵盤編~」
キャッシュレス決済サービスのご案内

【電子ピアノ】「電子ピアノ選び方講座Vol.2~選ぶために大切な3つのポイント➀ 鍵盤編~」

皆様こんにちは!
コクーンシティさいたま新都心店電子ピアノ担当の高城(たかしろ)です。
「電子ピアノ選び方講座」第二弾となる今回は「選ぶために大切な3つのポイント➀ 鍵盤編」をテーマにご紹介を致します!

電子ピアノを選ぶために大切な3つのポイント

電子ピアノを選ぶ上で大切なポイントは大きく分けて3つあります!それは「鍵盤」「スピーカー」「音源」です。ピアノとしての演奏性の高さを左右する大切なポイントの1つは「表現力」。強弱に伴う曲の変化を、自分の思うようにどれだけついてくれるかが上達のカギを握っています。ピアノのレッスンで先生から課題が出されることも多いと思いますが、そのときにただ楽譜に書いてある音符をその通りに弾ければ丸がもらえる!というわけではありません。例えば「この曲は明るい雰囲気があるから力強く元気に弾いてみよう」「この曲は落ち着いている雰囲気だから優しく、柔らかく弾いてみよう」「ここは跳ねるように軽く、弾いてみよう」などその曲に合った「表現力」が求められます。この「表現力」=「自分の弾きたい・表したい気持ち」がどれだけ思うように出せるかを担っているのがこの3つの要素なのです。そして大切なことはこの3つのポイントのバランスがどれだけしっかりとれているかということなのです。

「鍵盤」が上位機種に搭載されている物を採用していても、「スピーカー」の数が少なかったり、反対に「スピーカー」の数が多くても、「音源」が電子音に近いピアノ音源だったり、3つのポイントのどれか1つでも欠けてしまうと、アップライトピアノやグランドピアノのような「本物のピアノ」と同じようにお使いいただくのは難しくなってしまうのです。今回はこの3つのポイントの1つ目「鍵盤」について詳しくご説明を致します!

電子ピアノを選ぶ上で大切なポイント➀「鍵盤編」

実は電子ピアノは価格帯によって採用している鍵盤が異なっているということを皆さんはご存知だったでしょうか。電子ピアノの鍵盤は大きく分けて「樹脂製」「木製」の2種類のタイプがあります。価格帯的にはエントリーモデルと呼ばれる5~15万円クラスの機種には「樹脂製」、スタンダードモデルと呼ばれる20万円~のクラスの機種には「木製」の鍵盤が採用されています。(メーカーによっては15万円クラスでも木製鍵盤を搭載している機種はあります)

「鍵盤」選びで大切な事は?

「鍵盤」選びで大切なことは「家のピアノとレッスン先のピアノで鍵盤タッチの差がかけ離れてしまうこと」をどれだけ防いであげられるかです!「樹脂製」の鍵盤はどうしても軽めのタッチ感になってしまう傾向にあります。そのピアノで毎日練習をすることで指の力が養われず、お教室のピアノで弾いたときに練習通りに、上手に弾けなくなってしまうということが起こってしまいます。そうなってしまうとお子様は「一生懸命練習したのに、先生のところだとピアノが重くて上手に弾けない」「自分が下手になってしまったのではないか」と思い込んでしまうといったことになってしまいます。
普段から一生懸命練習していても、レッスン先や発表会で成果を発揮できないと悲しいですよね。鍵盤が重ければ良いというわけでもないのですが、なるべく普段から本物のピアノの鍵盤に近いもので指先を慣れさせてあげることが出来れば、違和感を感じる事なくのびのびと演奏ができ、音楽がピアノがもっと楽しくなります!

レッスン用のピアノは「木製パーツを使用した鍵盤」を選ぶことが大切

電子ピアノの鍵盤タッチは、「鍵盤を弾いたニュアンス(例えば弱さ強さ)を感じとるセンサーの数(精度)」と「鍵盤の素材(構造) 」でどれだけ本物らしく演奏出来るかが決まるのです!価格帯によって鍵盤の性能=どれだけアコースティックピアノに近づいている鍵盤か、が変わってきます!レッスン用のピアノであれば木製のパーツを使用している鍵盤が搭載された機種を選ぶのが大切です。では価格帯によって鍵盤の性能はどのように変化してくるのでしょうか。

価格帯による鍵盤の性能

樹脂鍵盤(5~15万円クラスの機種に搭載)

エントリーモデルと呼ばれる15万円までのクラスの機種に多く搭載されているのが「樹脂鍵盤」、つまりプラスチック製の鍵盤になります。近年メーカーの技術が進歩していることもあり、樹脂鍵盤でもある程度タッチがしっかりしてくるようになりました。しかしあくまでもプラスチックのため、アップライトやグランドピアノと比較してしまうとどうしても「軽いタッチ」の鍵盤になってしまい、お教室のピアノとの違和感を感じてしまうお子様は多いはずです。習い始めの頃は、しっかりとお使いいただけますが、2~3年ほど続けて上達してきますと買い替えが必要になってしまう鍵盤です。

木製(木製パーツ使用)鍵盤(15~30万円クラスの機種に搭載)

スタンダードモデルと呼ばれる20万円以上の機種には木製パーツを使用した鍵盤を搭載しています。この価格帯のモデルから各メーカーが力を入れており本物らしい鍵盤タッチに近づいてきます。鍵盤には程よい重さがあり、連打性(素早く何回も打鍵しても粒立ち良く弾ける)にも優れていますので、悪い癖をつけない為にもおすすめです。上位機種になればなるほど、鍵盤の長さや1鍵1鍵の重さ(本物のピアノは低音と高音で重さが違います)がよりグランドピアノに近い構造になってきます!

ハイブリット鍵盤

グランドピアノやアップライトピアノの鍵盤アクションの構造をそのまま搭載したピアノです。音はスピーカーから出るので電子ピアノですが、鍵盤部分は本物のピアノの作りなので、いわば「電子ピアノとアコースティックピアノのハーフ」のような存在です。弾き心地にとことんこだわりたい!という方にはとてもおすすめです!

電子ピアノでご不明な事があれば「高城(たかしろ)」までご相談ください♪

こんにちは!電子ピアノ担当をしております高城(たかしろ)です。
ピアノを10年程習っていました!島村楽器コクーンシティさいたま新都心店では電子ピアノを多数取り揃えております。ピアノアドバイザー(社内資格)を取得しており、今までに数多くのお客様にピアノをご案内させて頂きました。「選び方が分からない」「価格帯ごとの違いって?」皆様のお悩み・ご相談にお答え致します。一緒にお気に入りの1台を見つけましょう!

◆【電話で相談したい/お店で実物を見ながら詳しく聞きたい】という方へ
  • 電子ピアノ担当:高城(たかしろ)宛にお電話ください

電話をかける

不在時には、後日折り返しご連絡致します。事前にご来店希望日をお伝え頂ければ出勤時間の調整も可能です。下見での気軽なご来店も大歓迎です!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器コクーンシティさいたま新都心店
住所 〒330-0843
埼玉県さいたま市大宮区吉敷町4丁目263-1
コクーンシティ2 3F
電話番号 048-640-7570
担当 高城(たかしろ)

ご来店の交通・アクセス

電車をご利用のお客様
JR京浜東北線・宇都宮線・高崎線 「さいたま新都心駅」下車 東口すぐ
JR埼京線 「北与野駅」下車 徒歩8分
車をご利用のお客様
国道17号からお越しの場合
桶川、上尾方面からお越しの方
東西大通りを新都心地下道経由で直進
産業道路からお越しの場合
浦和、蕨、川口方面からお越しの方
東西大通り(側道)を通り、旧中山道を右折
ほこすぎ橋の丁字路を曲がり、次の信号を右折
旧中山道からお越しの場合 ほこすぎ橋の丁字路を曲がり、次の信号を右折

駐車場無料サービスもございます。
アクセス方法・駐車場無料サービスについて、更に詳しくはこちらをご覧下さい。


  • 記事中に表示価格・販売価格、在庫状況が掲載されている場合、その価格・在庫状況は記事更新時点のものとなります。
  • 店頭での価格表記・税表記・在庫状況と異なる場合がございますので、ご注意下さい。
外出せずにお買い物!お店の商品を自宅で購入・受け取れます
島村楽器オリジナル電子ピアノ

「ピアノ・キーボード」カテゴリー最新情報

上へ戻る

  1. 島村楽器
  2. 店舗情報
  3. コクーンシティさいたま新都心店
  4. ピアノ・キーボード
  5. 【電子ピアノ】「電子ピアノ選び方講座Vol.2~選ぶために大切な3つのポイント➀ 鍵盤編~」